473件中 61 - 70件表示
  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義堯

    十二代 義堯 (よしたか)(1857-1869)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た大河兼任

    隆盛を極めた藤原氏も、鎌倉幕府を創設した源頼朝が平泉の藤原氏にのがれた弟義経を追討することによって打ちくだかれる。頼朝は1189年、十九万の軍勢を率いて奥州征伐を行った。藤原泰衡は平泉から蝦夷地への逃亡を始めたが、途中立ち寄った河田氏の元で裏切りに遭い、河田次郎によって討ち取られる。同年12月に挙兵した大河氏の大河兼任も挙兵3か月で討ち取られた。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義敦

    八代 義敦 (よしあつ)(1758-1785)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐藤信淵

    近世の秋田地方からは思想家の佐藤信淵・平田篤胤や秋田蘭画を切り開いた佐竹義敦・小田野直武らが出ている。また、本荘藩領にあった象潟は全国的に著名な景勝地であったため、松尾芭蕉らもこの地を訪れている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た床次竹二郎

    11代 床次竹二郎 1905年(明治38年)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義睦

    十一代 義睦 (よしちか)(1846-1857)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た藤原泰衡

    奥州藤原氏は初代の清衡から二代基衡、三代秀衡を経て四代泰衡に至るまでのおよそ一世紀(11世紀末 - 12世紀末)にわたって栄え、東北の天地は完全に豪族の支配下になった。藤原氏の支配原理は、代々押領使を世襲することで軍事指揮権を公的に行使し、併せて荘園の管理も請け負うというものであり、当時の秋田では比内郡の河田氏、秋田郡の大河氏、由利地方の由利氏が藤原氏の支配下にあったと言われているが、近年の研究では出羽国に奥州合戦後も御家人として在地支配を許された豪族が多いこと及び渥美・常滑焼が広まった平泉付近を中心とする太平洋側と珠洲焼の出土が多い秋田郡近辺の陶器文化圏が異なることから、在地領主の家人化が進んだ陸奥国と押領使としての軍事指揮権に留まった出羽国の差を指摘する見解もある。特に出羽北部である秋田地方には荘園が存在せず、公領制一色の世界であったため、どの程度まで奥州藤原氏の支配が及んだかは疑問であるとされている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た水田竜子

    角館哀歌(2006年(平成18年)、水田竜子秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義厚

    十代 義厚 (よしひろ)(1815-1846)秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義純

    秋田土手谷地町の佐竹義純邸を県が購入し秋田博物館とする。秋田県 フレッシュアイペディアより)

473件中 61 - 70件表示

「秋田のできごと」のニューストピックワード