518件中 61 - 70件表示
  • 秋田県

    秋田県から見た大河兼任

    隆盛を極めた藤原氏も、鎌倉幕府を創設した源頼朝が平泉の藤原氏にのがれた弟義経を追討することによって打ちくだかれる。頼朝は文治5年(1189年)、19万の軍勢を率いて奥州合戦を行った。藤原泰衡は平泉から蝦夷地への逃亡を始めたが、途中立ち寄った河田氏の元で裏切りに遭い、河田次郎によって討ち取られる。同年12月に挙兵した大河氏の大河兼任も挙兵3か月で討ち取られた。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た六郷政乗

    元和8年(1622年)、山形藩主最上氏が改易され、旧最上領は幕府領と中小の大名領に分割された。このうち由利郡には、関ヶ原の戦い後に転封ないし改易されていた六郷政乗(2万石)、岩城吉隆(2万石)、仁賀保挙誠(1万石)、打越光久(3,000石)などが入部し、それぞれ本荘藩、亀田藩、仁賀保藩、旗本になった。後に仁賀保氏と打越氏は改易され(仁賀保氏は分家2家が旗本として存続)、代わって讃岐国高松藩主だったがお家騒動で改易された生駒高俊(1万石)が転封され、矢島藩となっている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義敦

    久保田藩からは思想家の佐藤信淵・平田篤胤・安藤昌益や、秋田蘭画を切り開いた佐竹義敦・小田野直武らが出ている。「エレキテル」で知られる博物学者平賀源内は久保田藩の依頼で阿仁銀山をおとずれ、途中立ち寄った角館で小田野直武に遠近法を伝えたといわれる。享保年間には鈴木定行と加藤政貞の2名が古来の観音信仰にもとづき、秋田六郡三十三観音霊場の古跡をたずね、巡礼歌を添えた巡礼記をのこした。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐藤信淵

    久保田藩からは思想家の佐藤信淵・平田篤胤・安藤昌益や、秋田蘭画を切り開いた佐竹義敦・小田野直武らが出ている。「エレキテル」で知られる博物学者平賀源内は久保田藩の依頼で阿仁銀山をおとずれ、途中立ち寄った角館で小田野直武に遠近法を伝えたといわれる。享保年間には鈴木定行と加藤政貞の2名が古来の観音信仰にもとづき、秋田六郡三十三観音霊場の古跡をたずね、巡礼歌を添えた巡礼記をのこした。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た杉孫七郎

    7月20日(8月23日) - 第2代秋田県令に宮内大丞の杉孫七郎が任命される。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た藤原泰衡

    奥州藤原氏は初代の清衡から二代基衡、三代秀衡を経て四代泰衡に至るまでのおよそ一世紀(11世紀末 - 12世紀末)にわたって栄え、東北の天地は完全に豪族の支配下になった。藤原氏の支配原理は、代々押領使を世襲することで軍事指揮権を公的に行使し、併せて荘園の管理も請け負うというものであり、当時の秋田では比内郡の河田氏、秋田郡の大河氏、由利地方の由利氏が藤原氏の支配下にあったと言われているが、近年の研究では出羽国に奥州合戦後も御家人として在地支配を許された豪族が多いことおよび渥美・常滑焼が広まった平泉付近を中心とする太平洋側と珠洲焼の出土が多い秋田郡近辺の陶器文化圏が異なることから、在地領主の家人化が進んだ陸奥国と押領使としての軍事指揮権に留まった出羽国の差を指摘する見解もある。特に出羽北部である秋田地方には荘園が存在せず、公領制一色の世界であったため、どの程度まで奥州藤原氏の支配が及んだかは疑問であるとされている。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た水田竜子

    角館哀歌(2006年(平成18年)、水田竜子秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た石田英吉

    5月19日 - 第4代秋田県権令に工部省記録局長の石田英吉が任命される。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た佐竹義純

    秋田土手谷地町の佐竹義純邸を県が購入し秋田博物館とする。秋田県 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県

    秋田県から見た小桜舞子

    恋する城下町(2001年(平成13年)、小桜舞子秋田県 フレッシュアイペディアより)

518件中 61 - 70件表示