前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
290件中 1 - 10件表示
  • 東北新幹線

    東北新幹線から見た秋田新幹線秋田新幹線

    途中駅のうち大宮・仙台・盛岡の3駅には全列車が停車する。東京 - 盛岡間における各駅のプラットホームは16両編成対応(約400m)だが、いわて沼宮内 - 八戸間は12両編成(約300m)、七戸十和田以北は10両編成(約250m)までしか対応していないため、盛岡が16両編成列車が入線可能な駅の北限である。このため秋田新幹線の盛岡 - 秋田間が悪天候等で区間運休となった場合、盛岡で足止めされた(本来秋田へ向かう予定の)「こまち」車両は盛岡新幹線車両センターへ臨時回送される。東北新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た秋田新幹線秋田新幹線

    盛岡都市圏では、1997年に秋田新幹線が開通し、2002年には東北新幹線が八戸駅まで延伸された。岩手県知事のリーダーシップで、青森県や秋田県と共に、「北東北」という「政治連合」を形成した。盛岡市は、青森市と仙台市のちょうど中間にあり、ミニ新幹線である秋田新幹線(秋田駅?盛岡駅:127km、90分。盛岡駅?仙台駅:184km、44分)と東北新幹線の結節点でもある。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た秋田新幹線秋田新幹線

    東北地方は、主要都市の間に東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線が通ることで、全ての県に新幹線が通っている唯一の地方となった。そのため、新幹線が優位に立つ中距離移動(200km〜800km)が便利である。また、東北地方を南北に貫く東北自動車道の他、太平洋側と日本海側を結ぶ高速道路がいくつも整備され、運行本数が少なく割高な在来線よりも、安価で速く便利に移動できる高速バスが、各都市間で運行されるようになった。すると、それまで空路で東京とつながってバラバラだった主要都市間の関係が、新幹線によるつながりや高速道路(高速バス)によるつながりによって再編成されることになった。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 田沢湖線

    田沢湖線から見た秋田新幹線秋田新幹線

    地方交通線とはいえ、東北本線沿線から秋田方面へは重要なリレー的路線の需要もあるため、1996年から1年間運休して軌間を新幹線と同じ1435mmの標準軌に拡幅する工事を行い、翌年にミニ新幹線である秋田新幹線のルートとして東京駅からの直通を可能にした。全線が単線であり、上下の秋田新幹線「こまち」が途中の駅や信号場で行き違いを行う光景が見られる。田沢湖線 フレッシュアイペディアより)

  • 角館

    角館から見た秋田新幹線秋田新幹線

    角館に転機が訪れるのは1976年(昭和51年)のことである。明治の近代化の影響を受けず残されてきた武家屋敷地区一帯6.9ヘクタールが「重要伝統的建造物群保存地区」として選定され、それをきっかけに多くの観光客が訪れるようになった。1997年(平成9年)の秋田新幹線開業後は観光客はさらに増加し、年間200万人を超えた。角館 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の鉄道

    2011年の鉄道から見た秋田新幹線秋田新幹線

    東日本大震災に伴う東北新幹線・山形・秋田の各新幹線の徐行運転区間短縮によるダイヤ改正を実施。2011年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形新幹線

    山形新幹線から見た秋田新幹線秋田新幹線

    山形新幹線の線路では地域輸送のための普通列車も走っており、地域輸送については「山形線」と呼ばれる。なお、この区間を走る普通列車専用車両は、新幹線の軌道幅である標準軌に合わせ、JR線では初めて標準軌用として製造され投入された。なお、山形新幹線は関根駅 - 羽前中山駅間(北赤湯信号所付近を除く)と山形駅 - 新庄駅間のほとんどが単線となっており、新幹線が普通列車を待ち合わせるという珍しい風景も見られる(同じミニ新幹線方式で建設された秋田新幹線も同様で、どちらも速達性の障害となっている)。山形新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡市

    盛岡市から見た秋田新幹線秋田新幹線

    高度経済成長期には、仙台市が広域中心都市として、盛岡市は県域中心都市としての地位を確立した。高度経済成長後は、他の地方で地方内のセカンドシティが確立していくが、東北新幹線開業(1982年)、東北自動車道全通(1987年)、八戸自動車道接続(1989年)など、1980年代に高速交通インフラが一気に整備された盛岡市は、業務・流通において北東北を管轄する東北地方のセカンドシティとなった。秋田新幹線開通や秋田新幹線による県間移動(2000年)に見られるように、秋田市と盛岡市との関わりは依然厚くないが、 東北新幹線新青森駅延伸など高速交通インフラが更に拡充され、今後の動向が注目される。盛岡市 フレッシュアイペディアより)

  • あけぼの (列車)

    あけぼの (列車)から見た秋田新幹線秋田新幹線

    寝台特急「あけぼの」は、1970年10月1日に上野駅 - 秋田駅間を東北本線および奥羽本線経由で運行開始した定期寝台特急列車。これに先駆け、同年7月からは臨時寝台特急として同区間で毎日1往復の運行が開始され、定期化される前日まで運行された。その後、山形新幹線および秋田新幹線の工事、開業に伴って奥羽本線福島駅 - 秋田駅間が新幹線に供されたため、高崎線・上越線・羽越本線経由の現在の経路に変更された。あけぼの (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た秋田新幹線秋田新幹線

    秋田新幹線工事のため田沢湖線が1年間運休になり、盛岡駅 - 大曲駅間はバス代行輸送が行われた。代わりに北上線経由の代替特急列車「秋田リレー」11往復半がキハ110系の特急仕様車両により運転を開始した(特急料金はB料金を適用)。その田沢湖線を走っていた特急「たざわ」は秋田駅 - 青森駅間の2往復に変更された。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
290件中 1 - 10件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード