327件中 11 - 20件表示
  • 秋田県道67号四ツ屋神岡線

    秋田県道67号四ツ屋神岡線から見た秋田新幹線秋田新幹線

    大仙市四ツ屋の国道105号交点から西へ分岐し、松倉橋を渡って玉川の北側を西へ進む。大仙市神宮寺で国道13号神宮寺バイパスに合流し、756メートル先の秋田県道254号土川神岡線交点で国道13号神宮寺バイパスから分岐左折する。神宮寺陸橋でJR東日本秋田新幹線・奥羽本線を渡って神宮寺小学校交差点で右折し、神宮寺駅前を通過後に再び国道13号に至る。秋田県道67号四ツ屋神岡線 フレッシュアイペディアより)

  • 仁井田 (秋田市)

    仁井田 (秋田市)から見た秋田新幹線秋田新幹線

    秋田市の南部に位置する。国道13号沿いを中心に住宅地・商業地となっており、その他は広範囲に農地が広がっている(奥羽本線・秋田新幹線で秋田駅から大曲駅方面へ向かう時、秋田車両センターを過ぎたところで両側に広がるのが仁井田の水田である)。仁井田 (秋田市) フレッシュアイペディアより)

  • 東北三大祭り

    東北三大祭りから見た秋田新幹線秋田新幹線

    東北地方は中部地方とほぼ同じ面積を持つ広い地方であり東京都と青森市の中間地点が仙台市であるなど南北に長いため東北各地を周遊すると移動距離も長くなるが、他の地方からの来訪者にとっては北海道(東北地方の1.25倍の面積)と同様1度に各地を周遊する傾向がある。東北地方での国道や高速道路(東北道・山形道・秋田道など)の整備、新幹線(東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線)の開通、各空港の路線開設など交通の発達によって短期間に余裕をもって東北各地を周遊できるようになったこともあり、消費者ニーズに合わせて「三大」に限らず「二大」から「六大」まで様々な「N大」の組み合わせが見られるようになった。東北三大祭り フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た秋田新幹線秋田新幹線

    1997年(平成9年)に秋田新幹線が開通し大曲駅に乗り入れるようになると、旅行業者、鉄道会社らが県外で競って大曲花火ツアーを企画。またNHKでこの大会が全国放送されるようになるとさらに知名度があがり、2007年(平成19年)の第81回大会では過去最高の約76万人を記録した。大会の歴史を知る資料としては2006年(平成18年)11月に「第80回全国花火競技大会記念誌」が編集発行されている。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見た秋田新幹線秋田新幹線

    ※「*」:東北新幹線(秋田新幹線)と競合する路線仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年問題 (新幹線)

    2014年問題 (新幹線)から見た秋田新幹線秋田新幹線

    東北新幹線と山形新幹線・秋田新幹線の例のように、東京 - 高崎間で上越新幹線と北陸新幹線を併結することで東京 - 大宮間の線路容量を確保する方法も考えられたが、2013年10月にJR東日本とJR西日本が発表した北陸新幹線の運行体系の概要では、上越新幹線と北陸新幹線の併結については触れられなかった。2014年問題 (新幹線) フレッシュアイペディアより)

  • 東京一極集中

    東京一極集中から見た秋田新幹線秋田新幹線

    元来、青森県の津軽地方、秋田県、山形県の庄内地方、新潟県を中心とした東日本の日本海側は、関東との間に奥羽山脈や三国山脈といった険しい脊梁山脈が横たわっているという地形上の理由や北前船との関係から、江戸時代は特に近畿地方との交流が深く、北奥羽方言や佐渡弁などの伝統的方言や伝統文化にも関西色が残っている。鉄道がなかった江戸時代までは人々の行き来も関東よりも北陸や関西との交流が盛んであった。しかし明治以降、交通網の整備で東京志向へと変わり、さらに高度経済成長期の集団就職での首都圏への大量流入や、東北新幹線や上越新幹線、関越自動車道などの開通によって、戦後はますます東京志向が顕著となった。さらに山形新幹線や秋田新幹線の開通がよりそれを促進させた。一方、日本海側を通り、東北から北陸や関西方面への最短ルートとなる日本海東北自動車道(日東道)などの建設も進められていものの、依然として整備は遅れている。また、北陸新幹線開業に伴う高速鉄道網の再編に伴い、新潟県内などの拠点間における旅客輸送の分断も指摘されている。東京一極集中 フレッシュアイペディアより)

  • いなほ (列車)

    いなほ (列車)から見た秋田新幹線秋田新幹線

    1993年(平成5年)3月18日:快速「せなみ」を格上げし、村上駅発着の「いなほ」2往復を運行開始。この改正で通称「スーパーいなほ」は通常の停車駅に戻されたが、秋田新幹線開業以前には早朝の4号が一部区間を速達列車として停車駅を削減していたほか、1997年頃までは帰省シーズンの臨時列車として、村上以南をノンストップにした列車が運行されていた。いなほ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ドクターイエロー

    ドクターイエローから見た秋田新幹線秋田新幹線

    正式名称は「新幹線電気・軌道総合試験車」であり、「East i(イースト・アイ)」の愛称がついている。S51編成とも呼ばれる。前述の開発ニーズから、在来線の車両限界に合わせられたミニ新幹線規格の山形新幹線区間および秋田新幹線区間でも運用できるように車体はE3系に準じ、北陸新幹線でも対応できるように、周波数50/60Hz切替装置や30‰(パーミル)急勾配登坂モーター、抑速ブレーキ切替装置も装備している。最高速度は275km/hである。なお、この速度は「検測車両における世界最高速度」としてギネス世界記録に認定されている。フル新幹線規格の東北新幹線・上越新幹線・北陸新幹線・北海道新幹線の各区間とミニ新幹線規格の山形新幹線・秋田新幹線の各区間の検測を一手に引き受けている。ドクターイエロー フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線E955形電車

    新幹線E955形電車から見た秋田新幹線秋田新幹線

    アルミニウム合金を使用したダブルスキン構造である。在来線区間である山形新幹線・秋田新幹線での走行(新在直通)を考慮した車両であるため、E954形より一回り小さい。車高をE954形と同等の3,650 mmまで下げるため、空調機器は床下に搭載される。新幹線E955形電車 フレッシュアイペディアより)

327件中 11 - 20件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード