290件中 41 - 50件表示
  • 県立戦隊アオモレンジャー

    県立戦隊アオモレンジャーから見た秋田新幹線秋田新幹線

    秋田新幹線こまちが暴走し、国道7号を北上し始めた。青森のタウン誌記者・古坂ひば夫と、名古屋から来た風来坊・小島海猫は、この暴走新幹線に轢かれそうになったお婆さんを助けようと飛び出し、命を落とす。その行動に感動したアオモリ星の警察官ワイ・ハーに命を与えられて生き返り、同時に変身能力を得た2人は、シャシネンジャー・ダイとシャシネンジャー・ショウとして青森の平和のために戦い始める(「しゃしねじゃ」とは「うるさいよ」といった意味の方言)。県立戦隊アオモレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 蟹場温泉

    蟹場温泉から見た秋田新幹線秋田新幹線

    鉄道:秋田新幹線田沢湖駅より羽後交通バス(乳頭線)で約55分で終点(乳頭温泉前)下車。そこから徒歩約3分蟹場温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 夏瀬温泉

    夏瀬温泉から見た秋田新幹線秋田新幹線

    鉄道+タクシー:秋田新幹線「田沢湖駅」もしくは「角館駅」下車。タクシーで約30分。夏瀬温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 妙乃湯温泉

    妙乃湯温泉から見た秋田新幹線秋田新幹線

    鉄道:秋田新幹線田沢湖駅よりバスで約50分。「妙の湯温泉」下車すぐ。妙乃湯温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 田沢湖ユースホステル

    田沢湖ユースホステルから見た秋田新幹線秋田新幹線

    秋田新幹線・田沢湖線田沢湖駅からバスで田沢湖行15分田沢湖公園入口下車 すぐ前田沢湖ユースホステル フレッシュアイペディアより)

  • 国見温泉

    国見温泉から見た秋田新幹線秋田新幹線

    公共交通機関:JR東日本秋田新幹線・雫石駅よりタクシーで20分。国見温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大釜温泉

    大釜温泉から見た秋田新幹線秋田新幹線

    鉄道 : 秋田新幹線田沢湖駅より羽後交通バス「乳頭温泉ゆき」で約55分、「妙乃湯前」下車。そこから徒歩約2分。大釜温泉 フレッシュアイペディアより)

  • はやて東京フリーきっぷ

    はやて東京フリーきっぷから見た秋田新幹線秋田新幹線

    五所川原?弘前?津軽新城発は、奥羽線・青森・東北線経由、奥羽線・秋田・秋田新幹線経由、奥羽線・羽越線・上越新幹線経由、奥羽線・山形新幹線経由、花輪線・東北線経由、羽越線・陸羽西線・山形新幹線経由、奥羽線・仙山線・東北線経由のいずれかが利用でき、特急列車のグリーン席、特急・新幹線の普通車指定席が利用できた。また寝台特急「はくつる」「あけぼの」「北斗星2号」のB寝台(あけぼのソロを含む)も利用可能であった。はやて東京フリーきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 謀略軌道 新幹線最終指令

    謀略軌道 新幹線最終指令から見た秋田新幹線秋田新幹線

    盛岡発東北新幹線やまびこ4号は、盛岡駅に到着した秋田発秋田新幹線こまち4号を併結すると、定刻通り東京へ出発した。間もなく、都内のJR東日本本社に脅迫電話がかかってきた。電話の主は、やまびこ4号に爆弾を仕掛けたと告げる。その爆弾は列車の速度が時速100km以下になると爆発する仕組みであると言い、直後、停車駅を前に減速したはつかり号のトイレ内で爆弾が爆発して乗客1名が死亡する。しかしやまびこ・こまち4号の爆弾はさらに強力で多数の死者が出るだろうという。爆弾犯人は政府に対し、多額の「身代金」をブリュッセルと北朝鮮の銀行口座に振り込むよう指示するが、折しもこの日は土曜日であり金融機関は休みである。やまびこ・こまち4号はぎりぎりまで速度を下げつつ、ホームから客が避難した仙台駅を通過し、着実に終点の東京駅へ迫る。政府が身代金の用意を渋る中、警察は別の新幹線をやまびこ・こまち4号と併走させ、両方の窓ガラスを割って梯子をかけ、警官数名を車両内に送り込む。同時に報道機関のヘリコプターに依頼して鉄橋を渡る車両の写真を撮影し、内部と外観から爆弾を探す。そうした警察とは別に、公安警察もまた事件に関わってくる。いっぽうでJR東日本は時間稼ぎのために、東京駅構内で隣り合っている東北新幹線と東海道新幹線の線路をつなぎ、やまびこ・こまち4号を博多駅まで走らせることを計画する。幸い、やまびこ4号はE2系のうち、長野新幹線対応の為に周波数切替装置を備えたJ編成で、東海道新幹線の周波数60Hzの電力(東北新幹線は50Hz)でも走行できる車両であった。新しい路線へ渡る際に自動列車制御装置(ATC)が強制的に列車を停止させる危険があったものの、他に方法はなかった。JR東日本は、JR東海とJR西日本へ協力を要請し、3社の社員が突貫工事で線路をつないだところへ、やまびこ・こまち4号が入線してくる。謀略軌道 新幹線最終指令 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の改軌論争

    日本の改軌論争から見た秋田新幹線秋田新幹線

    新幹線の建設は莫大な費用を要することから、費用を抑制する方法として「ミニ新幹線」が考え出された。これは、在来線を単に新幹線と同じ標準軌へ改軌し、車両も在来線規格、複電圧対応として、新幹線と標準軌に改軌した在来線の間で直通運転(新在直通という)を行うものであった。これには、直通運転により乗換えが解消され、所要時間もある程度短縮されるという利点がある一方、改軌工事の期間中に在来線を運休しなければならないこと、新幹線が走らない区間との分断が新たに生じること、それに速度もあまり速くならない(現状では在来線区間は130km/h)という欠点がある。そのため全国的な普及には至っていないが、JR東日本の営業地域で1992年に山形新幹線(東北新幹線と奥羽本線)、1997年に秋田新幹線(東北新幹線と田沢湖線、奥羽本線)が実現している。また、新幹線に乗り入れて東京などの大都市に直通する列車を走らせられるという点に地方側では魅力を感じ、過去にはJR西日本の伯備線やJR四国の本四備讃線(瀬戸大橋線)に対して行政側から構想が出た事がある。日本の改軌論争 フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード