前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た新幹線E6系電車

    2010年(平成22年)2月2日 新型車両E6系の投入が発表される。2013年の営業運転開始を目標に試運転を行う。車体構造上の理由による編成定員の減少を防ぐため、1編成中の車両数はE3系の6両に対し、1両増の7両に増やされた。このE6系の乗り入れ準備工事として、従来6両編成までしか対応できなかった秋田駅と大曲駅ではホームを1両分延長する工事を行い、両駅共に同年夏頃までに完成した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た堺正幸

    ナレーションはフジテレビ元アナウンサーの堺正幸が担当している。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たフジテレビジョン

    ナレーションはフジテレビ元アナウンサーの堺正幸が担当している。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た東日本旅客鉄道

    秋田新幹線(あきたしんかんせん)は、ミニ新幹線方式により、盛岡駅から秋田駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の路線およびその路線を走行する列車の通称である。盛岡駅から大曲駅までは田沢湖線、大曲駅から秋田駅までは奥羽本線である。なお、配線の都合により大曲駅でスイッチバックを行う。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た軌間可変電車

    秋田新幹線の利用状況は順調であるが、田沢湖線と奥羽本線を改軌・改築した結果、盛岡から秋田を経由しての青森方面への直通が不可能となり、かつて同区間を直通していた特急「たざわ」は、運転区間が短縮され、秋田駅 - 青森駅間の特急「かもしか」(現在は「つがる」)となった。そのため、盛岡方面からの直通列車が無くなった能代市では、秋田新幹線の東能代駅までの延伸をJR東日本に要望している。しかし、奥羽本線(秋田駅 - 青森駅)は日本海縦貫線の一部となっているので改軌・改築が難しく、さらにJR東日本が軌間可変電車の開発に参加していないことから、実現は厳しいと見られている上に、沿線の議論も盛り上がりがない。さらには能代市に隣接する北秋田市に大館能代空港があること、東北自動車道を利用し、盛岡で新幹線に連絡する高速バスが高頻度で運行していること、そして改軌・改築の費用対効果が希薄であるなどの理由から、必要性が薄いという意見もある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た蒸気機関車

    同年7月19日から21日にかけて開業記念イベントのフィナーレとして、秋田駅 - 横手駅間に「SLあきた号」が運行された(牽引は高崎運転所(現・高崎車両センター高崎支所)所属の蒸気機関車 (D51 498)、客車は南秋田運転所所属の12系6両)。この列車は「こまち」との併走が行われ、駅などで配布されたパンフレットには併走ポイントが記載された。なお、ミニ新幹線車両との併走はこの時限りとされていたが、のちに何度か実現している。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た東北地方太平洋沖地震

    3月11日:東北地方太平洋沖地震が発生。地震直後から全線で運転を見合わせ。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た自動改札機

    秋田新幹線を含むJR東日本の各新幹線では、原則として車内改札を行わない。これは、乗客が乗車駅の自動改札機を通過する際に指定券のデータを読み取り、車掌が携帯する端末に伝送することで座席毎の予約状況を車上で把握可能とするシステムが導入されているためである。車掌は携帯端末に表示された予約状況と乗客の着席状況を照らし合わせ、一致していれば正規の乗客であると見做して通過し、指定券が発券されていないはずの席に乗客が着席している場合などに限って、声を掛け確認する。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た東京駅

    盛岡駅 - 東京駅間で東北新幹線との直通運転を行っているため、広義では「こまち」「スーパーこまち」が走る東京駅 - 秋田駅間や新幹線列車「こまち」「スーパーこまち」自体も秋田新幹線と呼ばれる。以下、特記なき場合は狭義(盛岡駅 - 秋田駅間)について記述する。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た国土交通省

    交通需要について国土交通省が2000年に調査した都道府県間鉄道旅客流動データによると、秋田県を目的地とする鉄道旅客のうち、東北新幹線沿線(東京都、埼玉県、栃木県、福島県、宮城県、岩手県)からの年間旅客数は69.0万人であった。これらの各出発地のうち最も旅客数が多かったのは宮城県の28.1万人、次いで東京都の23.3万人、岩手県の8.8万人である。一方、秋田新幹線沿線(秋田県)を出発地として東北新幹線沿線を目的地とする年間旅客数は68.3万人であった。これらの各目的地のうち最も旅客数が多かったのは宮城県の30.5万人、次いで東京都の18.4万人、岩手県の8.1万人である。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード