137件中 21 - 30件表示
  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た秋田新幹線車両保有

    秋田新幹線の事業費は、917億円でそのうち607億円が地上施設の整備、310億円が車両費の整備にあてがわれた。また事業費は1991年に創設された鉄道整備基金(国)から地元(秋田、岩手県)が対象経費の50%ずつについて無利子貸付を受け、完成後にJR東日本に施設を譲渡するスキーム(新幹線直通運転化、高規格化等に対する無利子貸付)が適用され、鉄建公団が整備主体となり工事はJR東日本に委託された。また車両については秋田県とJR東日本が出資して設立された秋田新幹線車両保有が保有しJR東日本に貸し付けられる方途が執られた。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た中央公論新社

    佐藤信之 『新幹線の歴史 - 政治と経営のダイナミズム』 中公新書(中央公論新社)、2015年。ISBN 4121023080秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た新幹線E3系電車

    1997年3月22日に5年の工期を経て、秋田新幹線は開業した。初代こまち(E3系)のデザインはキッコーマンの卓上しょうゆ瓶をデザインしたことで知られる栄久庵憲司が手掛けた。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た奥羽本線

    秋田新幹線(あきたしんかんせん)は、ミニ新幹線方式により、盛岡駅から秋田駅まで田沢湖線・奥羽本線を走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはピンク()。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たミニ新幹線

    秋田新幹線(あきたしんかんせん)は、ミニ新幹線方式により、盛岡駅から秋田駅まで田沢湖線・奥羽本線を走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはピンク()。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た田沢湖線

    秋田新幹線(あきたしんかんせん)は、ミニ新幹線方式により、盛岡駅から秋田駅まで田沢湖線・奥羽本線を走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはピンク()。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たこまち (列車)

    この名称はあくまで通称であり、山形新幹線同様、正式にこの名称を持つ路線は存在しない。盛岡駅から大曲駅までは田沢湖線、大曲駅から秋田駅までは奥羽本線である。なお、配線の都合により大曲駅でスイッチバックを行う。盛岡駅 - 東京駅間で東北新幹線との直通運転を行っているため、広義では当新幹線の列車「こまち」自体や「こまち」が走る東京駅 - 秋田駅間も秋田新幹線と呼ばれる。以下、特記なき場合は狭義の秋田新幹線(盛岡駅 - 秋田駅間)について記述する。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た運輸省

    しかし、同年7月に運輸省、学識経験者、JR東日本などによって組織された「新幹線・在来線直通運転調査委員会」がミニ新幹線のモデル線区として奥羽本線福島駅 - 山形駅間を正式に決定した。 山形と共闘しミニ新幹線事業を在来線活性化事業として位置付け、運輸省等に水面下で働きかけていた秋田県側ではこの決定に落胆し、山形に抜け駆けされたと思い抱いた県民が多かった。ミニ新幹線のモデル線区として山形側が選定されたことを受け、同年7月13日、秋田市で開催されていた「県高速交通体系整備促進協議会」の総会の席上、高田景次秋田市長から緊急動議が提出され、同協議会のメンバー構成で、田沢湖線のミニ新幹線化を推進する「秋田・盛岡間在来線高速化早期実現期成同盟会」(会長 佐々木知事)が発足した。以後、期成同盟会がミニ新幹線の実現のため運動母体となった。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た峰吉川駅

    1992年3月13日に秋田駅前で起工式が挙行され、軌道工事は同年3月の奥羽本線刈和野 - 峰吉川の複線化工事を皮切りに着手された。またJR東日本東北工事事務所が米国のメーカーに発注した連続軌道更新機(愛称:ビックワンダー)が国内で初めて導入され、工事の省力化や工期の短縮に大きく貢献した。改軌工事が進捗すると、秋田、大曲駅構内の改良工事と車両基地(南秋田運転所、現:秋田車両センター)に新幹線車両の修繕施設と留置線の建設も進められた。加えて山形新幹線の開業時に踏切トラブルが相次いだ状況を踏まえ、県、JR東日本秋田支社、秋田県警が協議の上、県が所管する73か所のうち24か所(歩行者専用を含む)の立体交差と9か所の廃止を決めた。また停車駅の駅舎についても、改築から日が浅かった角館駅を除く、すべてが秋田新幹線の開業を機に新造されている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た神宮寺駅

    3月2日:神宮寺駅 - 刈和野駅間で、下り「こまち25号」の先頭車両が脱線。乗客130名には負傷なし。この事故の影響で盛岡駅 - 秋田駅間で運転見合わせ。4日に運行再開。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード