102件中 41 - 50件表示
  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た平成18年豪雪

    なお、平成18年豪雪の際、列車が運行中で立ち往生し、乗客が車内に缶詰め状態にされたことがある。また、運行を見合わせた際に代替バス等が手配されなかった場合、乗客の混乱に拍車が掛かることもある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たオリエントサルーン

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、同貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た北東北

    在来線区間のほとんどが、秋田新幹線の名称の通り秋田県内であり、北東北を横断するような線形である。奥羽山脈を越えるためトンネルや曲線区間が多く、この区間での高速運転は難しい。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た座席指定券

    秋田新幹線を含むJR東日本の各新幹線では、原則として車内改札を行わない。これは、乗客が乗車駅の自動改札機を通過する際に指定券のデータを読み取り、車掌が携帯する端末に伝送することで座席毎の予約状況を車上で把握可能とするシステムが導入されているためである。車掌は携帯端末に表示された予約状況と乗客の着席状況を照らし合わせ、一致していれば正規の乗客であると見做して通過し、指定券が発券されていないはずの席に乗客が着席している場合などに限って、声を掛け確認する。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たつがる (列車)

    秋田新幹線の利用状況は順調であるが、田沢湖線と奥羽本線を改軌・改築した結果、盛岡から秋田を経由しての青森方面への直通が不可能となり、かつて同区間を直通していた特急「たざわ」は、運転区間が短縮され、秋田駅 - 青森駅間の特急「かもしか」(現在は「つがる」)となった。そのため、盛岡方面からの直通列車が無くなった能代市では、秋田新幹線の東能代駅までの延伸をJR東日本に要望している。しかし、奥羽本線(秋田駅 - 青森駅)は日本海縦貫線の一部となっているので改軌・改築が難しく、さらにJR東日本が軌間可変電車の開発に参加していないことから、実現は厳しいと見られている上に、沿線の議論も盛り上がりがない。さらには能代市に隣接する北秋田市に大館能代空港があること、東北自動車道を利用し、盛岡で新幹線に連絡する高速バスが高頻度で運行していること、そして改軌・改築の費用対効果が希薄であるなどの理由から、必要性が薄いという意見もある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た能代市

    秋田新幹線の利用状況は順調であるが、田沢湖線と奥羽本線を改軌・改築した結果、盛岡から秋田を経由しての青森方面への直通が不可能となり、かつて同区間を直通していた特急「たざわ」は、運転区間が短縮され、秋田駅 - 青森駅間の特急「かもしか」(現在は「つがる」)となった。そのため、盛岡方面からの直通列車が無くなった能代市では、秋田新幹線の東能代駅までの延伸をJR東日本に要望している。しかし、奥羽本線(秋田駅 - 青森駅)は日本海縦貫線の一部となっているので改軌・改築が難しく、さらにJR東日本が軌間可変電車の開発に参加していないことから、実現は厳しいと見られている上に、沿線の議論も盛り上がりがない。さらには能代市に隣接する北秋田市に大館能代空港があること、東北自動車道を利用し、盛岡で新幹線に連絡する高速バスが高頻度で運行していること、そして改軌・改築の費用対効果が希薄であるなどの理由から、必要性が薄いという意見もある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た無蓋車

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、同貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た男鹿線

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、同貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た始発列車

    秋田新幹線(広義)は、開業以来順次高速化がはかられ、在来線区間は最高速度130km/h、東北新幹線区間では最高速度275km/hでの運転が可能になった。これにより、一部の列車(東京発下り最終と秋田発上り始発などの数本のみ)は、東京駅 - 秋田駅間の所要時間を4時間以内で運行している。しかし、それ以外の大半の列車の所要時間は4時間以上となっているため、さらなる高速化が以前よりたびたび県議会や地元メディアにおいて議論の的となっていた。特に、秋田・岩手県境の仙岩峠区間ではカーブと勾配の影響で高速運転ができないため、秋田県では峠付近の高速化の検討がなされたこともあった。その後、2013年春から2014年春にかけて車両置き換えによる東北新幹線区間の高速化が段階的に実施されることとなり、東京駅 - 秋田駅間で平均15分程度の所要時間短縮が見込まれている。また、同区間では保安装置をDS-ATCに更新したことにより、導入前に比べて数分程度の所要時間短縮も図られている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た改軌

    秋田新幹線の利用状況は順調であるが、田沢湖線と奥羽本線を改軌・改築した結果、盛岡から秋田を経由しての青森方面への直通が不可能となり、かつて同区間を直通していた特急「たざわ」は、運転区間が短縮され、秋田駅 - 青森駅間の特急「かもしか」(現在は「つがる」)となった。そのため、盛岡方面からの直通列車が無くなった能代市では、秋田新幹線の東能代駅までの延伸をJR東日本に要望している。しかし、奥羽本線(秋田駅 - 青森駅)は日本海縦貫線の一部となっているので改軌・改築が難しく、さらにJR東日本が軌間可変電車の開発に参加していないことから、実現は厳しいと見られている上に、沿線の議論も盛り上がりがない。さらには能代市に隣接する北秋田市に大館能代空港があること、東北自動車道を利用し、盛岡で新幹線に連絡する高速バスが高頻度で運行していること、そして改軌・改築の費用対効果が希薄であるなどの理由から、必要性が薄いという意見もある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード