137件中 41 - 50件表示
  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た五能線

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、この貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た高規格幹線道路

    1987年4月の秋田県知事選で3選を遂げた佐々木喜久治は、初登庁後の県職員に対する挨拶で、立ち遅れていた県内の社会資本等の整備を進めるため、田沢湖線のミニ新幹線化、高規格幹線道路の建設、八幡平・阿仁・田沢湖地域での大規模リゾート整備の3プロジェクトを3期目の3大公約として掲げた。また、同年6月11日に山之内秀一郎JR東日本副社長が就任あいさつのため秋田県庁を訪れた際には、県幹部との会談で田沢湖線のミニ新幹線化について構想具体化のため協力していくことで一致し、同年6月19日には県の主導で「秋田・盛岡間在来線高速化推進委員会」が設けられた。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た比較広告

    開業に先立つ1997年2月1日からJR東日本が、東日本全域のほとんどの民放で「こまち登場編」と銘打った『こまち』のスピードと快適性を訴えた東京 - 秋田便を就航させている航空会社を意識した比較広告を出稿した。JR東日本が競合する飛行機との比較広告を出稿する初の事例であった。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た踏切

    1992年3月13日に秋田駅前で起工式が挙行され、軌道工事は同年3月の奥羽本線刈和野 - 峰吉川の複線化工事を皮切りに着手された。またJR東日本東北工事事務所が米国のメーカーに発注した連続軌道更新機(愛称:ビックワンダー)が国内で初めて導入され、工事の省力化や工期の短縮に大きく貢献した。改軌工事が進捗すると、秋田、大曲駅構内の改良工事と車両基地(南秋田運転所、現:秋田車両センター)に新幹線車両の修繕施設と留置線の建設も進められた。加えて山形新幹線の開業時に踏切トラブルが相次いだ状況を踏まえ、県、JR東日本秋田支社、秋田県警が協議の上、県が所管する73か所のうち24か所(歩行者専用を含む)の立体交差と9か所の廃止を決めた。また停車駅の駅舎についても、改築から日が浅かった角館駅を除く、すべてが秋田新幹線の開業を機に新造されている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たトンネル

    在来線区間の過半が、秋田新幹線の名称の通り秋田県内であり、北東北を横断するような線形である。奥羽山脈を越えるためトンネルや曲線区間が多く、この区間での高速運転は難しい。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た裏日本

    1月5日:日本海側を中心とした大雪の影響で、開業以来初めての終日運休。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たピンク

    秋田新幹線(あきたしんかんせん)は、ミニ新幹線方式により、盛岡駅から秋田駅まで田沢湖線・奥羽本線を走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはピンク()。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た乗り継ぎ料金制度

    なお、秋田新幹線各駅と東北新幹線各駅とを通しで乗車する場合(盛岡駅での「こまち」-「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」乗継を含む)の特別急行券については東北新幹線との乗り継ぎ料金制度があり、秋田新幹線内のみ乗車する場合の特別急行券については、在来線のA特急料金が適用される。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た国鉄24系客車

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、この貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た秋田車両センター

    1992年3月13日に秋田駅前で起工式が挙行され、軌道工事は同年3月の奥羽本線刈和野 - 峰吉川の複線化工事を皮切りに着手された。またJR東日本東北工事事務所が米国のメーカーに発注した連続軌道更新機(愛称:ビックワンダー)が国内で初めて導入され、工事の省力化や工期の短縮に大きく貢献した。改軌工事が進捗すると、秋田、大曲駅構内の改良工事と車両基地(南秋田運転所、現:秋田車両センター)に新幹線車両の修繕施設と留置線の建設も進められた。加えて山形新幹線の開業時に踏切トラブルが相次いだ状況を踏まえ、県、JR東日本秋田支社、秋田県警が協議の上、県が所管する73か所のうち24か所(歩行者専用を含む)の立体交差と9か所の廃止を決めた。また停車駅の駅舎についても、改築から日が浅かった角館駅を除く、すべてが秋田新幹線の開業を機に新造されている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード