102件中 61 - 70件表示
  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た標準軌

    秋田新幹線開業前の奥羽本線は一部複線化されていたが、開業に際して複線部分は上り線を新幹線用の標準軌に改めたため、線路が二つ並んでいても、両方とも単線である。このため、普通列車と新幹線が、同じ方向に走ることもある。なお、神宮寺駅 - 峰吉川駅間のみ新幹線同士の行き違いのため狭軌側を三線軌条にしている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た三線軌条

    秋田新幹線開業前の奥羽本線は一部複線化されていたが、開業に際して複線部分は上り線を新幹線用の標準軌に改めたため、線路が二つ並んでいても、両方とも単線である。このため、普通列車と新幹線が、同じ方向に走ることもある。なお、神宮寺駅 - 峰吉川駅間のみ新幹線同士の行き違いのため狭軌側を三線軌条にしている。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た在来線

    1997年(平成9年)、全国新幹線鉄道整備法に基づかない新在直通方式のミニ新幹線として開業した。同法では「主たる区間を200km/h以上の高速度で走行できる幹線鉄道」を新幹線と定義しており、法律上は、盛岡駅 - 秋田駅間はあくまで在来線であって新幹線ではない。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た全国新幹線鉄道整備法

    1997年(平成9年)、全国新幹線鉄道整備法に基づかない新在直通方式のミニ新幹線として開業した。同法では「主たる区間を200km/h以上の高速度で走行できる幹線鉄道」を新幹線と定義しており、法律上は、盛岡駅 - 秋田駅間はあくまで在来線であって新幹線ではない。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た国鉄D51形蒸気機関車498号機

    同年7月19日から21日にかけて開業記念イベントのフィナーレとして、秋田駅 - 横手駅間に「SLあきた号」が運行された(牽引は高崎運転所(現・高崎車両センター高崎支所)所属の蒸気機関車 (D51 498)、客車は南秋田運転所所属の12系6両)。この列車は「こまち」との併走が行われ、駅などで配布されたパンフレットには併走ポイントが記載された。なお、ミニ新幹線車両との併走はこの時限りとされていたが、のちに何度か実現している。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た電気機関車

    1997年3月には秋田駅構内留置線に車両を留置し、「夢空間」、ジョイフルトレイン「オリエントサルーン」「シルフィード」、建築限界測定車(オヤ31形)、電気機関車(ED75 777)、トロッコ仕様の貨車(トラ形無蓋車)を展示公開した「おもしろ列車大集合」が実施された。また、同貨車を用いたトロッコ列車を「トロッコなまはげ号」(男鹿線)・「トロッコりんごっこ号」(五能線)・「トロッコトタトタ号」(花輪線)として、各線へ向けて運転した。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た宮城県沖地震

    4月7日:東北地方太平洋沖地震の余震発生により全線で再び運転を見合わせ。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た新幹線E2系電車

    1997年(平成9年)3月22日:開業。東京 - 秋田間に「こまち」がE3系電車5両編成で運行開始。東北新幹線内は200系やE2系と連結。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見た日本海縦貫線

    秋田新幹線の利用状況は順調であるが、田沢湖線と奥羽本線を改軌・改築した結果、盛岡から秋田を経由しての青森方面への直通が不可能となり、かつて同区間を直通していた特急「たざわ」は、運転区間が短縮され、秋田駅 - 青森駅間の特急「かもしか」(現在は「つがる」)となった。そのため、盛岡方面からの直通列車が無くなった能代市では、秋田新幹線の東能代駅までの延伸をJR東日本に要望している。しかし、奥羽本線(秋田駅 - 青森駅)は日本海縦貫線の一部となっているので改軌・改築が難しく、さらにJR東日本が軌間可変電車の開発に参加していないことから、実現は厳しいと見られている上に、沿線の議論も盛り上がりがない。さらには能代市に隣接する北秋田市に大館能代空港があること、東北自動車道を利用し、盛岡で新幹線に連絡する高速バスが高頻度で運行していること、そして改軌・改築の費用対効果が希薄であるなどの理由から、必要性が薄いという意見もある。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田新幹線

    秋田新幹線から見たはやて (列車)

    雫石駅 - 田沢湖駅周辺は豪雪地帯であり、大量の降雪による影響で在来線区間の列車の遅延が発生しやすい。この影響による接続(連結)待ちのため盛岡駅で上り「こまち」と連結する上り「はやて」の遅れを招き、その結果、過密ダイヤとなっている東京駅 - 大宮駅間で線路を共有する上越新幹線や長野新幹線にも列車の遅れなど影響がおよぶこともある。また天候によっては、同区間などの運行を中止する場合がある。下り列車で盛岡駅 - 秋田駅間が区間運休となった場合、盛岡駅で切り離された「こまち」車両は、盛岡新幹線車両センターまで臨時回送される。秋田新幹線 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「秋田新幹線」のニューストピックワード