前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
642件中 1 - 10件表示
  • 浜松まつり

    浜松まつりから見た祭

    浜松まつり(はままつまつり)は、静岡県浜松市で毎年ゴールデンウィーク期間中の5月3日から5月5日にかけて開催される、(都市まつり)である。浜松まつり フレッシュアイペディアより)

  • ふんどし

    ふんどしから見た祭事祭

    褌の由来は南方伝来説と大陸伝来説があるが、定説はない。南方伝来説の根拠は、東南アジア、ポリネシアや南米、赤道アフリカ地区で六尺褌とほぼ同形状のものがあることから言われる説であり、一方、大陸伝来説は、中国大陸に「特鼻褌」(とくびこん、たふさぎ)と呼ばれる、男性の局部が牛の鼻のように見える褌が日本に伝来したとの説がある。日本の祭事に六尺褌が多いのは、南方伝来の六尺褌が根底文化にあり、大陸文化との折衷が始まり、時代を経て簡略化された越中褌が生まれたとの説が一部で唱えられている。ふんどし フレッシュアイペディアより)

  • 神社本庁

    神社本庁から見た祭祀祭

    神社本庁の宗教法人としての規則である「神社本庁庁規」で定める神社本庁の目的は、「神宮を本宗として、神社神道を宣布し、祭祀を執行し、斯の道を信奉する者を教化育成し、神宮の奉賛及び大麻の頒布をし、神職を養成し、図書を発行頒布し、その他神社の興隆を図るため、並びに神宮及び神社(宗教法人たる神社庁を含む)を包括するため、必要な業務を行うこと(神社本庁庁規第3条)」である。神社本庁 フレッシュアイペディアより)

  • 城屋の揚松明

    城屋の揚松明から見た祭

    城屋の揚松明(じょうやのあげたいまつ、あげだいまつ)とは、京都府舞鶴市字城屋のお祭り。京都府無形民俗文化財に指定されている。城屋の揚松明 フレッシュアイペディアより)

  • 深井だんじり祭り

    深井だんじり祭りから見た祭

    毎年10月の第一土曜日と翌日曜日(平成22年度は10月2日・3日)に行われる。2日間の祭礼には、早朝午前6時頃から一斉に各町のだんじりを各々のだんじり小屋から曳き出し、準備を始める。初日は「宵宮(よいみや)」、2日目は「本宮(ほんみや)」と呼び、大阪府堺市中区深井清水町にある野々宮神社に宮入する。両日とも深井地域内を曳行(えいこう)し、夜間は午後7時頃から午後10時頃までだんじりに100?150個ほどの提灯が装飾された「灯入れ曳行(ひいれえいこう)」を行う。また、本宮の2週間前の日曜日(平成22年度は9月19日)には、祭礼に先立って「試験曳き」と呼ばれる、曳行コースの路面状況確認や、だんじりの走行状態確認・調整が行われる。東部連合、西部連合共に、自地区内でそれぞれ東部連合パレード、西部連合パレードを行う。泉北高速鉄道深井駅周辺での八町連合パレードも行われ、駅前の下り坂を一気に駆け下りた後の、右方向へのやりまわしは最大の見せ場(通称「りそな前」)であり、多くの観客を集める。祭礼時には、管轄署である、堺南警察に曳行許可を取って曳行され、周辺道路は通行禁止、または交通規制が敷かれる。深井だんじり祭り フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た祭祀祭

    祭祀遺跡(穴師ドヨド地区の景行天皇纏向日代宮の伝承地から碧玉製勾玉・石釧・管玉・ガラス小玉、4世紀後半の土器など出土)纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニアの宗教

    リトアニアの宗教から見た祭

    太陽の女神。銅の車輪のついた馬車で天の丘を駆け、娘たちとともに天の丘のかなたのディエヴァスの宮殿の隣にある城館に住む。また夕暮れ時になると馬車を海の中に止め馬を洗い、そして黄金の舟に乗り換える。かまどの火の神でもあり、火のそばに住みつくヘビを寵愛する。バルト人は夏至の日にサウレを敬うを開いた。ヒンドゥー教のスーリヤ (Surya) と同じ神。リトアニアの宗教 フレッシュアイペディアより)

  • 博多どんたく

    博多どんたくから見た祭

    博多どんたく(はかたどんたく)は福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りである。動員数は200万人を越え、青森県弘前市の「弘前さくらまつり」や長野県の善光寺の御開帳、広島県広島市の「ひろしまフラワーフェスティバル」と並び、動員数で国内最大級の(都市まつり)である。また博多祇園山笠とともに福岡博多を代表する祭りの一つとして知られる。博多どんたく フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮市

    宇都宮市から見た祭

    「ふるさと宮まつり」 (例年8月に大通りを舞台に繰り広げられるの名前で、固有名詞)宇都宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 六尺褌

    六尺褌から見た祭事祭

    六尺褌(ろくしゃくふんどし)とは、長さ約180cm?300cm程度、幅約16cm?34cm程度のさらしの布を用いた日本人男性用の下着。臀部が露出していることに特徴がある。現在では、下着に用いられるよりも、主に、祭事や水着などで使用されることが多い。六尺褌 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
642件中 1 - 10件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画