642件中 91 - 100件表示
  • 長岡まつり

    長岡まつりから見た祭

    長岡まつり(ながおかまつり)とは新潟県長岡市で開催されるである。長岡まつり フレッシュアイペディアより)

  • 清和村

    清和村から見た祭

    鶴底(つるそこ) 集落の中心に神社があり、祭礼では専用の舞台で大衆演劇が上演されていた。清和村 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢音頭

    伊勢音頭から見た祭

    伊勢音頭(いせおんど)は、伊勢国(三重県)から全国に伝わった民謡。「荷物にならない伊勢土産」とも言われ、伊勢参りをした人々や伊勢御師により全国的に広まっていった。伝えられた各地で作り替えられ普及した唄や踊りがある。主に祝い歌として歌われている事が多く、りなどの伝統行事、通過儀礼の席で歌われる事が多い。伊勢音頭 フレッシュアイペディアより)

  • ソルロンタン

    ソルロンタンから見た祭

    諸説あるが、よく知られているのは、李氏朝鮮時代に、農事に関する祭祀が執り行われた先農壇(現在のソウル特別市東大門区祭基洞)で、祭祀の後に人々にふるまわれていた料理だったという説。「先農壇」のスープなので「先農湯(ソンノンタン)」だったのが「ソルロンタン」になった、などといわれている。現在は「雪濃湯」と漢字をあてることが多い。また、モンゴルのスープ料理が高麗末期に伝わったという説などもある。ソルロンタン フレッシュアイペディアより)

  • フィールドワーク

    フィールドワークから見た祭

    調査期間も、日帰りから数年に及ぶ長期滞在型まで幅広い。社会人類学者の中根千枝は、異文化社会のフィールドワークの場合、その社会におけるライフサイクルを把握するため、そして、その社会で起こるイベント(出来事、祭礼、儀式など)を調査者が見逃す場合があるため、最低2年の現地滞在が必要であると指摘している。フィールドワーク フレッシュアイペディアより)

  • いもフライ

    いもフライから見た祭

    現在では、焼きそばなどと併売する小店舗での扱いが多く、その他は八百屋、精肉店、駄菓子屋、スーパーの惣菜売り場などでも扱っており、の露店でも見かける。佐野市においては、いもフライを扱う店が50軒ほどと非常に多く、いもフライをメインに扱う専門店がかなりある。足利市やその他両毛地域では、サイドメニューとしての位置付けである店が大半で、この違いが、佐野市とそれ以外の両毛地域での普及度合いにも表れている。今はなき足利競馬場の食堂で売られていたこともある。いもフライ フレッシュアイペディアより)

  • 富士松駅

    富士松駅から見た祭

    毎年夏に刈谷市総合運動公園で行なわれる。富士松駅は最寄り駅であるため、開催日は混雑する。また通常は無人駅なので駅員は配置されていないが、当日は駅員を数名配置して対応をする。なお2007年(平成19年)からは、通常は止まらない急行列車などを停車させている。富士松駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟まつり

    新潟まつりから見た祭

    新潟まつり(にいがた?)は、新潟県新潟市で開かれる新潟まつり フレッシュアイペディアより)

  • わらじ曳き

    わらじ曳きから見た祭

    わらじ曳き(わらじひき)は三重県志摩市大王町波切の波切神社で行なわれる。様式の希少さと伝統が認められ、1971年(昭和46年)3月17日に「波切のわらじ曳き」として三重県無形民俗文化財に指定された。通称「わらじ祭り」。波切に伝わる古文書には「葦夜権現之祭祀」などと記されている。わらじ曳き フレッシュアイペディアより)

  • 四国三大祭り

    四国三大祭りから見た祭

    四国三大祭り (しこくさんだいまつり)は、一般的に四国地方で開催される知名度の高い以下の三つのをいう。四国三大祭り フレッシュアイペディアより)

642件中 91 - 100件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画