642件中 121 - 130件表示
  • フットボール

    フットボールから見た祭り祭

    今日「フットボール」として総称されるこれら一連の競技の歴史は定かではないが、これに近い競技がローマ帝国の時代に既に行われていたと言われている。また、サッカーに見られる様な「ボールを蹴って運ぶ」という要素は、古代中国の蹴鞠(日本の蹴鞠も)に由来するとも言われており、こうした競技が主にイングランドで発展、分化し、その一つとして、中世の「懺悔火曜日のフットボール」のような荒唐無稽な「祭り」としてのフットボールになった。一方、イタリアでは『カルチョ』として発展した。これもまた『蹴る』と名付けられていながら、実態は手によるボールの奪い合いだった。フットボール フレッシュアイペディアより)

  • 借金姉妹

    借金姉妹から見たお祭り祭

    お祭り屋台の景品取りが得意で、幼い頃は景品を乱獲して「微笑みの悪魔」と呼ばれ、テキ屋の間では今や都市伝説と化して語られる恐怖の存在。2のお祭りイベントではまず取れない細工がしてある輪投げの景品を、秘技・祭輪滅乱舞(ひぎ・さいりんめつらんぶ)を繰り出して4つ一度にゲットし、その実力を見せた。借金姉妹 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐銚子塚古墳

    甲斐銚子塚古墳から見た祭り祭

    その後は後円部周辺の公有地化が進み、2001年(平成13年)には史跡整備に伴う第2次調査が行われ、後円部西端の墳端が確認される。公有地化の完了した平成16年には、後円部北側から周溝から半円形に張り出した「突出部」や埋設された木柱跡が確認され、古墳におけるマツリの場であると考えられている。さらに、後円部西端の墳端の周溝からは組合せ式の木製品が出土した。甲斐銚子塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 心性史

    心性史から見た祭祀祭

    1960年代、盛んになった心性史の研究テーマは家族、教育、恐怖、健康、祭祀、性、死、食生活、身体的特徴、年齢層別人生、犯罪、病気、民間信仰、民衆文化、労働生活などである。心性史 フレッシュアイペディアより)

  • 博多松囃子

    博多松囃子から見た祭

    博多松囃子(はかたまつばやし)は、福岡市で5月3日と5月4日に開催されるである。松囃子の1つであり、福神・恵比須・大黒の三福神ならびに稚児が、福岡や博多のほうぼうを訪問して祝賀する祭。同日に行われる博多どんたくの起源であり中核と言えるが、現在では博多どんたくのイベントの1つに包摂されている。博多松ばやしという名称で記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されている。博多松囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た祭礼祭

    一方、祭礼(祭囃子、神楽など)のために屋外で演奏される分野の楽器は、音量が大きい。和太鼓、鉦、鐘、篳篥、横笛、法螺がこれに相当する。また、浄瑠璃や長唄の三味線は歌舞伎・文楽・日本舞踊といった伝統芸能と共に用いられてきたため、広い劇場でもよく聞こえるよう、音量を増す方向に進化した。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • ピートム.Comic Jack

    ピートム.Comic Jackから見たお祭り祭

    ABCラジオで6月と12月、それぞれ2週間ずつ行われるお祭り。この番組では期間中にお便りを紹介された人全員に講談社グッズが、抽選で1人に講談社のマンガセットが贈られる。プレイステーション2、プレイステーション・ポータブル、ゲームボーイアドバンスSP、ニンテンドーDSが賞品のこともあった。2004年12月23日放送ではパーソナリティーの直筆メッセージの入ったクリスマスカードが、その年最多投稿だったGANjiro、桑原貞雄改名のコーナーに応募したしょこたんのサインが欲しいな、今村久仁人の改名を考えたライカ田中の3人に贈られた。ピートム.Comic Jack フレッシュアイペディアより)

  • 二宮神社 (あきる野市)

    二宮神社 (あきる野市)から見た祭礼祭

    大祭には神饌として、しょうがを奉納するならわしがある。祭礼当日は参道にしょうがを売る店が立ち並び、しょうがを買う多数の参拝者でにぎわう。 神輿の渡御、地元有志による子供歌舞伎、芸能の夕も催され、夜は境内で神輿をかつぎ、東京で唯一の農村歌舞伎を伝承している秋川歌舞伎(農民歌舞伎・都指定無形民俗文化財)が上演される。二宮神社 (あきる野市) フレッシュアイペディアより)

  • 虎柏神社

    虎柏神社から見た祭礼祭

    虎柏神社の祭礼行事(附・行事関係記録231点)虎柏神社 フレッシュアイペディアより)

  • マハーヴィーラ

    マハーヴィーラから見た祭典祭

    この子はヴァルダマーナ(「栄える者」)という名を授かる。その誕生日は、マハヴィール・ジャヤンティ(Mahavir Jayanti)と呼ばれ、世界中のジャイナ教徒のなかで最も重要な宗教上の休日として祝われる。この休日は、祈り、装飾、パレードおよび祭典で有名である。マハーヴィーラ フレッシュアイペディアより)

642件中 121 - 130件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画