642件中 131 - 140件表示
  • マハーヴィーラ

    マハーヴィーラから見た祭祀祭

    以後30年間、裸体でガンジス川中流域のマガダ、アンガ、ヴィデアの諸国を遊行しながら、その教え(「精神の自由」という永遠の真実)を説き広め、とくにヴァイシャーリー地方には多くの信者を獲得していった。その教えはバラモンによる祭祀を認めず、ヴェーダの権威とカースト制度を否定し、当時としては合理的な世界観をともない、サンジャヤ・ベーラッティプッタの懐疑論は実践の指針とはならないとして、実践のあり方を具体的に示した。マハーヴィーラ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田の火祭り

    吉田の火祭りから見た祭

    吉田の火祭り(よしだのひまつり)は、山梨県富士吉田市で行われる祭りである。日本三奇祭のひとつ。北口本宮冨士浅間神社と境内社である諏訪神社の鎮火祭で、大松明を燃やす火祭り。山梨県指定無形民俗文化財。吉田の火祭り フレッシュアイペディアより)

  • 斎王まつり

    斎王まつりから見た祭り祭

    斎王まつり(さいおうまつり)は三重県多気郡明和町で毎年6月の第1週末の2日間にわたって開催される祭りである。雨天の場合は中止となる。この祭りは、かつて明和町にあった斎宮にちなんだものである。斎王まつり フレッシュアイペディアより)

  • 銅鏡

    銅鏡から見た祭祀祭

    宗教・祭祀用具としての機能をもち、近代に西洋よりガラス鏡が伝来普及するまで一般に広く使われていた。銅鏡 フレッシュアイペディアより)

  • バラモン

    バラモンから見た祭祀祭

    『リグ・ヴェーダ』に収載された「プルシャ賛歌」によれば、神々が祭祀を行うにあたって原人プルシャを切り分けた時、口の部分がバラモンとなり、両腕がラージャニヤ(クシャトリヤ)となり、両腿がヴァイシャとなり、両足はシュードラとなった、という。バラモン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木美潮

    鈴木美潮から見た祭り祭

    現行のタクシー料金の問題点や、業界や規制緩和の失敗などの問題には一切触れずに、タクシー業界で最も弱い立場のタクシー運転手だけを叩く持論を、有象無象の一般ブログのように展開してしまったため、このエッセイを巡ってネット上では批判が噴出し、読売新聞だけでなく、読売グループも含めた祭り状態に。Wikipediaの鈴木美潮の項目が繰り返し白紙化されるなどの現象も発生した。鈴木美潮 フレッシュアイペディアより)

  • 無能の人

    無能の人から見た祭り祭

    原作者のつげ義春は、ロケ地の一つである多摩川へロケの終わった翌日に再度訪れるが、石屋のセットや小屋は跡形もなく、寒風に吹かれる河原の枯れた葦を眺めながら、祭りの過ぎ去った後の一人取り残された寂しさを味わったという(『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』(ワイズ出版))。無能の人 フレッシュアイペディアより)

  • どぶろく

    どぶろくから見た祭

    豊穣祈願などの宗教行事や地域産品としてのどぶろくを製造する地域は日本各地に存在する。このようなどぶろく作りでは、地域振興の関係から、2002年の行政構造改革によって、構造改革特別区域が設けられ、同特別区内でのどぶろく製造と、飲食店や民宿等で、その場で消費される場合に限り、販売も許可されている(通称「どぶろく特区」と呼ばれる)。どぶろく フレッシュアイペディアより)

  • 小淵沢町

    小淵沢町から見た祭祀祭

    このかつては独立した村々であったとも推測される4集落を統合し、「小淵沢郷」、そして「小淵沢村」の成立に重要な役割を果たしたのが、五百石堰と北野天神社であると考えられている。五百石堰は井詰湧水から湧き出る水を村内各地に送り、小淵沢村の水田開発を支えた基幹水路であり、現在でも農業灌漑用水として利用されている。「五百石堰」の名は、この堰によって五百石の石高の増加を見たことからこの名が付けられたものである。一方、北野天神社は当初は町内区域に存在する多くの神社の一つであったが、祭祀権の拡張(影響力の拡大)を進めて、この付近の一宮として認められる程の格式を持った神社へと成長した、小淵沢村・小淵沢町を代表する神社である。五百石堰の開削にはこの北野天神社の神主を代々務めた小井詰氏が関わっているとされ、北野天神社の影響力の拡大期と同時代であるとみられる。小淵沢町 フレッシュアイペディアより)

  • 太政官

    太政官から見た祭祀祭

    古代日本において中国から律令制を導入する際、祭祀を行う神祇官と政治を司る太政官を明確に分けた。太政官は中務省、式部省、民部省、治部省、兵部省、刑部省、大蔵省、宮内省の八省を統括する最高機関である(因事管隷)。なお、天平宝字2年(758年)から同8年(764年)まで乾政官(けんせいかん)と改称されていた時期がある(官職の唐風改称)。平安時代になると、摂政や関白が天皇の代理として政治を執り行ったため、相対的に地位が低下したが、国政に関する最高機関として機能し続けた。武家社会の時代に入っても、鎌倉時代には政務機関として機能していたが、室町時代になると次第に形骸化が進み、単純に格式を表わす職名になった。明治維新で律令制が廃止されるまで存在した。太政官 フレッシュアイペディアより)

642件中 131 - 140件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画