642件中 71 - 80件表示
  • 裸祭り

    裸祭りから見た祭

    裸祭り(はだかまつり)とは、参加者が裸体で参加する祭りである。裸祭り フレッシュアイペディアより)

  • じゃがバター

    じゃがバターから見た祭

    茹で、焼く、蒸すなどの加熱調理を施したジャガイモに、バターを添えた簡易な料理で、バターの上にパセリなどが振られていることもある。この料理は、居酒屋またはの際の屋台などで供されている。夜店で売られる場合には、コストの関係からバターの代わりに業務用の缶入りマーガリンが用意され、必要量をジャガイモの上に取るセルフサービスが採られている。じゃがバター フレッシュアイペディアより)

  • 祭囃子

    祭囃子から見た祭

    祭囃子(まつりばやし おはやし)はの際に演奏される音楽で、邦楽のジャンルの一つ。単に「はやし」と呼ばれることも多いが、ここでは歌舞伎や能、神楽などの舞台芸術に付随する音楽的要素としての「囃子」を含まず、祭に付随した音楽について記述する。祭囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 遠州はまきた飛竜まつり

    遠州はまきた飛竜まつりから見た祭

    遠州はまきた飛竜まつり(えんしゅうはまきたひりゅうまつり)は、静岡県浜松市浜北区で毎年6月第1土・日曜日に行われる祭りである。1991年から行われている。遠州はまきた飛竜まつり フレッシュアイペディアより)

  • 吉原の万灯籠

    吉原の万灯籠から見た祭

    吉原の万灯籠(よしわらのまんどろ)とは、京都府舞鶴市に伝わる伝説的で勇壮な火祭りのひとつ。京都府登録無形民俗文化財に登録されている。吉原の万灯籠 フレッシュアイペディアより)

  • 東北三大祭り

    東北三大祭りから見た祭

    「東北三大(夏)祭り」を構成するのは、一般に以下の3つのである(数値は2008年の1日あたりの入り込み数)。東北三大祭り フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た祭

    もともとは、布巾と呼ばれる生活必需品は晒し手拭・晒し木綿といわれるものが原型であり、ガーゼや包帯などの役割から、今日のタオルや台拭や雑巾やハンカチなどの役割も担っていた。そして現代日本での日常生活では、タオルあるいはハンカチの使用が多いが、手拭が廃れたわけではない。粗い平織りで長さのある手ぬぐいにはタオル地の製品にはない利点があり、農作業、伝統芸能、、剣道などでのかぶり物、鉢巻、目隠し、汗ぬぐいなどとして、あるいは布巾として今なお利用されており、古来からの慣習として商店などの贈答品やイベントの際の記念品としての需要も少なくない。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 所澤神明社

    所澤神明社から見た祭

    6月第1日曜日に人形供養が行われる。所澤神明社 フレッシュアイペディアより)

  • おべっさん

    おべっさんから見た祭

    おべっさんは、京都府与謝郡伊根町で毎年8月20日に行われる祭礼である。海上安全、大漁を祈願する。おべっさん フレッシュアイペディアより)

  • 山笠

    山笠から見た祭

    山笠(やまかさ)は、神社の祭礼で用いられる神輿・山車状の祭具。おもに北部九州での祭礼でみられ、それらの祭礼の略称にも「山笠」が用いられる。通常会話などでは「ヤマ」と呼ばれることが多い。山笠 フレッシュアイペディアより)

642件中 71 - 80件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画