220件中 61 - 70件表示
  • 祭

    から見た降誕会

    仏教各宗派共通で行われているものとしては、降誕会、成道会、涅槃会がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た自治

    「政り」については、日本は古代からの信仰や社会である、いわゆる古神道おいて、祭祀を司る者(まつり)と政治を司る者(まつり)は、同じ意味であり、この二つの「まつり」が一致した祭政一致といわれるものであったため、政治のことを政(まつりごと)とも呼んだ。古くは卑弥呼なども祭礼を司る巫女や祈祷師であり、祈祷や占いによって執政したといわれ、平安時代には神職が道教の陰陽五行思想を取り込み陰陽道と陰陽師という思想と役職を得て官僚として大きな勢力を持ち執政した。またこうした政と祭りに一致は中央政府に限らず、地方や町や集落でも、その年の吉凶を占う祭りや、普請としての祭りが行われ、「自治としての政」に対し資金調達や、吉凶の結果による社会基盤の実施の時期の決定や執政の指針とした。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た敬称

    「祭」は様々な種類のものが各地で行われているため、ある地域で祭と言っても、どこのどの祭を指しているのか判断しにくい。このような場合、その祭が行われる地域名と、祭礼の行事の内容や、出し物の名前を指す名称を、組み合わせた名前で呼ばれることが多い。ただし、その祭の行われる地域の中では、正式な名称を短略化して呼ぶことも多く、時としては、行われる寺社などの名称に「(お)○○さん」または「(お)○○様」などの敬称・愛称をつけ、簡略化した祭りの通り名もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た神田神保町

    また、中華街や元町で行われるまつり。神田神保町で行われる古書祭り。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見たホーリー祭

    ヒンドゥー教には、ホーリー祭、ダシェラ祭(en:Dussehra)、ディワーリー祭(:en:Diwali)という三大祭がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た普請

    「政り」については、日本は古代からの信仰や社会である、いわゆる古神道おいて、祭祀を司る者(まつり)と政治を司る者(まつり)は、同じ意味であり、この二つの「まつり」が一致した祭政一致といわれるものであったため、政治のことを政(まつりごと)とも呼んだ。古くは卑弥呼なども祭礼を司る巫女や祈祷師であり、祈祷や占いによって執政したといわれ、平安時代には神職が道教の陰陽五行思想を取り込み陰陽道と陰陽師という思想と役職を得て官僚として大きな勢力を持ち執政した。またこうした政と祭りに一致は中央政府に限らず、地方や町や集落でも、その年の吉凶を占う祭りや、普請としての祭りが行われ、「自治としての政」に対し資金調達や、吉凶の結果による社会基盤の実施の時期の決定や執政の指針とした。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見たプロテスタント

    キリスト教においては、毎週日曜日を始めとした教会の定める祭日に(教会暦において、日曜日は主日と呼ばれる祭日である)、主の晩餐に基づく礼拝が行われる。正教会では聖体礼儀、カトリック教会でミサ(聖体祭儀)、聖公会では聖餐式、プロテスタントでは様々な礼拝が行われている。これらはキリスト教の祭の一種であるが、キリスト教では「祭祀」という言葉は用いられない。また主の晩餐に基づく礼拝の他にも、様々な礼拝・祈祷がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た浅草サンバカーニバル

    例として、浜松まつりや博多どんたく、YOSAKOIソーラン祭り、浅草サンバカーニバル フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た柳樽

    男女が性交を指す例え。江戸時代の浄瑠璃の一節や柳樽(やなぎだると読み、柳多留とも表記する)という雑俳(巷から集めた俳句)の書籍のなかに「祭り」を男女の性行為の例えとして用いている表現がある。また古神道においては、子宝・子作り信仰と言われるものがあり、子作りは、新しい氏子の誕生の場であるところから、性行為を「祭り」と言うようになったともいわれる。古神道には、常世(とこよ)と現世(うつしよ)という世界観があり、常世は神域や神の国をあらわすが、一説には常世は床世(床は性行為の意味もある)であり、性行為は神域で行われる(若しくは神域へ誘う)神聖なものとする考え方がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た

    「祀り」は、神・尊(みこと)に祈ること、またはその儀式を指すものである。これは祀りが、祈りに通じることから神職やそれに順ずる者(福男・福娘や弓矢の神事の矢取り)などが行う「祈祷」や「神との交信の結果としての占い」などであり、いわゆる「神社神道」の本質としての祀りでもある。この祀りは神楽(かぐら)などの巫女の舞や太神楽などの曲芸や獅子舞などであり、広く親しまれるものとして恵比寿講などがある。その起源は古神道などの日本の民間信仰にもあり、古くは神和ぎ(かんなぎ)といい「そこに宿る魂や命が、荒ぶる神にならぬよう」にと祈ることであり、それらが、道祖神や地蔵や祠やや供養塔としての建立や、手を合わせ日々の感謝を祈ることであり、また神社神道の神社にて祈願祈念することも同様である。 フレッシュアイペディアより)

220件中 61 - 70件表示

「秋祭り」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画