前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ニュートン (雑誌)

    ニュートン (雑誌)から見た科学雑誌科学雑誌

    ニュートン(Newton)は、ニュートンプレスから刊行されている日本の月刊科学雑誌ニュートン (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • OMNI

    OMNIから見た科学雑誌科学雑誌

    『OMNI』(オムニ)は科学雑誌であり、短編SFも掲載していた。アメリカ合衆国で1978年10月に創刊され1995年の冬に休刊したが、インターネットバージョンは1998年まで続刊された。ボブ・グッチョーネは創刊号に寄せて「もし、実際の科学とフィクションやファンタジーや超自然現象の混合が議論を呼ばないとしても、オリジナルではあるだろう」と述べている。OMNI フレッシュアイペディアより)

  • RikaTan

    RikaTanから見た科学雑誌科学雑誌

    『RikaTan(リカタン)』は、理科の知識や実験・観察・ものづくりを広く紹介する科学雑誌。2007年、星の環会より創刊。「観る・知る・遊ぶ・理科と自然の楽しさを実感!」をモットーとし、学校の理科教育だけに留まらない、多彩な理科の話題を掲載。編集長は左巻健男。毎月26日発売。B5判。株式会社文一総合出版発行。RikaTan フレッシュアイペディアより)

  • サイエンスライター

    サイエンスライターから見た科学雑誌科学雑誌

    サイエンスライターの多くは自然科学全域を活動領域とし、科学雑誌への寄稿や新聞への記事提供を行う。また、文筆活動以外にも学校教育の場などで科学世界への好奇心を持ってもらう体験授業、フィールドワーク、広報活動を行うこともあり、活動領域は多岐にわたる。サイエンスライター フレッシュアイペディアより)

  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見た科学誌科学雑誌

    ボグダノフ兄弟の論文は、複数の権威ある科学誌に掲載された。彼らはこの内容を、「ビッグバンの際に何が起こったかを記述する理論を提案する理論として最高のものである」と主張した。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ物理学会

    アメリカ物理学会から見た科学雑誌科学雑誌

    米国物理学協会(American Institute of Physics、略称:AIP)のメンバーとなっている団体であり、会員には毎月、学会誌の代わりに米国物理学協会が発行している "Physics Today" を配布している。なお、その記事の一部は日本では丸善の月刊科学雑誌『パリティ』に翻訳されて掲載されている。アメリカ物理学会 フレッシュアイペディアより)

  • 科学 (雑誌)

    科学 (雑誌)から見た科学雑誌科学雑誌

    『科学』(かがく)は、岩波書店が発行している月刊科学雑誌。1931年創刊。科学 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 菊池俊吉

    菊池俊吉から見た科学雑誌科学雑誌

    1945年(昭和20年)敗戦後、解散の東方社スタッフは文化社として再建。同年9月、文部省の学術調査団のもとで原爆被災地の医療状況を記録映画撮影、スチール写真担当として医学班に属し、10月1日~10月22日被爆後の広島を撮影。1946年(昭和21年)4月、焼け野原となった東京ドキュメントとして『東京1945年・秋』を出版。1947年(昭和22年)8月、復興中の広島をアピールするための写真集『』製作のために再び広島へ。文化社の解散後、1951年(昭和26年)以降『世界』、『中央公論』、『婦人公論』などのグラビア頁を担当。科学雑誌に内外科学者のプロフィールと科学実験など科学分野の写真で知られた。1985年(昭和60年)、歴史的資料となる写真集『銀座と戦争』、『昭和の歴史』に作品が掲載。菊池俊吉 フレッシュアイペディアより)

  • 模型とラジオ

    模型とラジオから見た科学雑誌科学雑誌

    模型とラジオ (もけいとらじお) は、かつて発行されていた日本の工作科学雑誌模型とラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 緑の爆薬

    緑の爆薬から見た科学雑誌科学雑誌

    欧米ではネイチャーやサイエンスなどの有名な科学雑誌で特集が組まれるなど真剣に検討されているが、日本ではなにも対策が取られていない状態である。緑の爆薬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「科学誌」のニューストピックワード