55件中 11 - 20件表示
  • リュウキュウカラスザメ

    リュウキュウカラスザメから見た科学誌科学雑誌

    1993年、日本の魚類学者白井滋と立川浩之により、科学誌Copeiaに、カラスザメ種群の分類学的再検討の一環として記載された。 彼らは、カラスザメ E. pusillus にはこれまで認識されていなかった第二の種、E. bigelowiが含まれることを明らかにした。種小名はHenry B. Bigelow(William C. Schroeder・Stewart Springerと共にカラスザメ類の記載に関わった)への献名である。この種群の特徴は、乱雑に並んだ切り株状の皮歯である。リュウキュウカラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアヒレトガリザメ

    オーストラリアヒレトガリザメから見た科学誌科学雑誌

    かつてはヒレトガリザメと同種だとみなされており、1983年に初めて、John Stevens と Glen Cuthbert によって別種の可能性があると発表された。2005年、William White、Peter Last、レオナルド・コンパーニョによって、科学誌Zootaxa において正式に記載された。種小名 australiensis は分布域に由来する。タイプ標本はジェラルトン (西オーストラリア州)の深度41mで捕獲された92cmの成体雄である。オーストラリアヒレトガリザメ フレッシュアイペディアより)

  • アイオーン

    アイオーンから見た科学雑誌科学雑誌

    宇宙物理学者のジョージ・ガモフが、1968年、科学雑誌 Nature 219, 765 にて提案した。アイオーン フレッシュアイペディアより)

  • LANDFALL

    LANDFALLから見た科学雑誌科学雑誌

    LANDFALL(ランドフォール)とは、東京工業大学生活協同組合が出版している雑誌(科学雑誌)。通常毎年1月・4月・10月発行。LANDFALL フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアドチザメ

    カリフォルニアドチザメから見た科学誌科学雑誌

    最初に与えられた学名は Triakis californica で、イギリスの動物学者ジョン・エドワード・グレイが1851年、List of the specimens of fish in the collection of the British Museum で発表したものである。だがこの名は適切な記載文を伴っておらず、裸名とされる。1854年12月、アメリカの魚類学者ウィリアム・オービル・エアーズは本種に Mustelis felis の名を与え、これが最初の分類学的記載となった。彼の講演はまずサンフランシスコの新聞 The Pacific に載せられ、その後科学誌 Proceedings of the California Academy of Natural Sciences に発表された。1855年4月、フランスの生物学者シャルル・フレデリック・ジラールは別の記載文を発表し、Triakis semifasciata の名を与えた。カリフォルニアドチザメ フレッシュアイペディアより)

  • ミナミオロシザメ

    ミナミオロシザメから見た科学誌科学雑誌

    オーストラリアの魚類学者James Douglas Ogilbyによって、タスマニア南東沖のブルニー島砂浜で発見された個体の乾燥標本に基づいて記載された。1893年に科学誌Records of the Australian Museumに発表され、Tasmanian Museum and Art GalleryのキュレーターAlex Mortonの要請により、模式標本産地に基づいてCentrina bruniensisと命名された。その後Centrina属はOxynotus属のシノニムとされた。ミナミオロシザメ フレッシュアイペディアより)

  • 天文雑誌

    天文雑誌から見た科学誌科学雑誌

    天文雑誌(てんもんざっし、英語:astronomy journal)とは、天文に関するさまざまな事象を扱う雑誌のこと。科学誌に分類される。発刊形態としては、月刊誌が一般的である。その時々の天文現象についての解説や天体観測・天体観望のためのガイド、観測機材(天体望遠鏡・カメラなど)の指南、読者応募などの天体写真、望遠鏡ショップの広告などで構成される。天文雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • コスモス (テレビ番組)

    コスモス (テレビ番組)から見た科学雑誌科学雑誌

    1982年に科学雑誌『OMNI』を発売する予定だった旺文社も興味を示し、学年誌で宣伝を行った上でピクチャーブック版が全4巻で刊行し10刷を記録した。当初は13巻の予定だったという。コスモス (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フォン・アン

    ルイス・フォン・アンから見た科学雑誌科学雑誌

    彼には様々なフェローシップが授与されており、2006年にはマッカーサー基金によるMacArthur Fellowship(別名"genius grant", 「ジーニアス・グラント」とも呼ばれる)、2009年にはのフェローシップおよびアルフレッド・P・スローン財団の、並びに2007年にはマイクロソフトの"New Faculty Fellowship"がそれぞれ与えられている。また、彼は科学雑誌の「科学における最優秀頭脳50名」(50 Best Brains in Science)の一人に選ばれており、加えて他にもポピュラーサイエンス誌の「10名の秀才」(Brilliant 10)、Silicon.comの「テクノロジーにおける最も影響力のある50名」(50 Most Influential People in Technology)、テクノロジー・レビュー誌の: Young Innovators Under 35(「35歳以下の若きイノベーター」)、および誌の「ビジネス界の最もクリエイティブな100名」(100 Most Creative People in Business)など多くの賞リストに自身の名を連ねている。ルイス・フォン・アン フレッシュアイペディアより)

  • 模型とラジオ

    模型とラジオから見た科学雑誌科学雑誌

    『模型とラジオ』(もけいとラジオ)は、かつて発行されていた日本の工作科学雑誌模型とラジオ フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示