55件中 21 - 30件表示
  • ベンジャミン・シリマン

    ベンジャミン・シリマンから見た科学誌科学雑誌

    ベンジャミン・シリマン(Benjamin Silliman, 1779年8月8日 - 1864年11月24日)はアメリカ合衆国の化学者、地質学者、鉱物学者、科学教育者。イェール大学の科学分野における初期の教授の一人であり、またアメリカ国内において最初に石油の蒸留精製を行った人物でもある。また、アメリカで最も古くから続いている科学誌である、American Journal of Science(英語版)の創設者である。ベンジャミン・シリマン フレッシュアイペディアより)

  • サイエンティフィック・アメリカン

    サイエンティフィック・アメリカンから見た科学雑誌科学雑誌

    『サイエンティフィック・アメリカン』(Scientific American)は、アメリカ合衆国の一般読者向け科学雑誌。1845年8月28日創刊で、一般向け科学雑誌としては世界最古、また現在定期刊行されているアメリカの雑誌としても最古である。学術雑誌のような査読は行っていないが、主として第一線の研究者自らが執筆しており、内容は高く評価されている。サイエンティフィック・アメリカン フレッシュアイペディアより)

  • スーパームーン

    スーパームーンから見た科学雑誌科学雑誌

    2011年の東北地方太平洋沖地震や2004年のスマトラ島沖地震のような巨大地震は、1〜2週間以内に発生しているスーパームーンに起因するという憶測があるが、深さ40km以内の比較的浅い地点で起こる地震については、月の引力により断層にかかる力が大きくなればなるほど地震が発生しやすくなるという学説が存在する。また、東京大学の研究チームが潮英科学誌「ネイチャー ジオサイエンス」(2016年9月12日付電子版)に発表した研究結果によると、1万件以上の地震データから潮汐力の強い時期には巨大地震の発生確率が上昇することが示されている(「潮汐」も参照)。スーパームーン フレッシュアイペディアより)

  • 鏡地獄

    鏡地獄から見た科学雑誌科学雑誌

    本作品の重要なアイテムである「球体の鏡」は、科学雑誌『科学画報』の質疑応答欄から着想を得た。「球体の内面を全部鏡にし、その中に人が入ったらどのように写るでしょうか」という質問を読み、乱歩は「球体の鏡」に恐怖したという。鏡地獄 フレッシュアイペディアより)

  • アメデオ・アヴォガドロ

    アメデオ・アヴォガドロから見た科学雑誌科学雑誌

    1809年にヴェルチェッリ王立大学の物理学教授を務め、大学でアヴォガドロは精力的に研究を進め、1811年に『物質の基本粒子の相対的質量とこれらの化合比率を決定する一つの方法』と言う論文をフランスの科学雑誌『』に後に有名となる同圧力、同温度、同体積の全ての種類の気体には同じ数の分子が含まれるアボガドロの法則を発表した(但し「アボガドロの法則」と名付けられたのはアヴォガドロの死後のことであって、当時海外で全く無名だったアヴォガドロの論文は難解であったため学会の相手にされなかった)。アメデオ・アヴォガドロ フレッシュアイペディアより)

  • 文一総合出版

    文一総合出版から見た科学雑誌科学雑誌

    『RikaTan(リカタン) 理科の探検』 - 科学雑誌(月刊) - 2009年4月号より星の環会から引継ぎ、2012年3月号まで発行。文一総合出版 フレッシュアイペディアより)

  • 潮汐

    潮汐から見た科学雑誌科学雑誌

    潮汐は地震の発生と有意な関係があるとされる。それは潮汐力は地球内部の岩盤にも影響を与え上下伸縮を引き起こしているためで、特に断層の方向と地球潮汐の方向が一致し力が最大となったときに、地殻変動やひずみの限界と重なり最後の一押しとなって地震を誘発するものと考えられている。東京大学の研究チームも1万件以上の地震データから、潮汐力の強い時期に巨大地震の発生確率が上昇するという研究結果を英科学誌「ネイチャー ジオサイエンス」(2016年9月12日付電子版)に発表しており、同研究では小さな岩石の破壊が潮汐力によって大規模な破壊へと発展していく可能性が示唆されている。なお、潮汐が地震の引き金になったとみられるケースは世界における地震全体の5%程と推定されている。潮汐 フレッシュアイペディアより)

  • 子供の科学

    子供の科学から見た科学雑誌科学雑誌

    『子供の科学』(こどものかがく)は、誠文堂新光社が出版している日本の雑誌(子供向け科学雑誌)である。通常毎月10日発売。愛読者の略称は「子科」(こか)。戦前から科学を子供が分かりやすく学べるように編集され、創刊以来90年を超える歴史を保っている。子供の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 一戸直蔵

    一戸直蔵から見た科学雑誌科学雑誌

    日本に帰国してからは文部省測地学委員会の嘱託となり、東京天文台の観測主任も兼任した。私設天文台の建設予定地として1909年と1911年の2度に渡り台湾にある新高山の探検をしたり当時麻布にあった東京天文台を赤城山の山頂に移転する等の主張をしたため当時の東京天文台長・寺尾寿と対立した。1911年11月退官して現代之科学社を設立し学術雑誌『現代之科学』を発行した。この雑誌は英国の『ネイチャー』、米国の『サイエンス』にならったもので、単なる科学雑誌ではなかった。だが一般読者には難しい内容だったため経営的には苦難の連続で、過労のため結核を発病し、42歳で死去した。一戸直蔵 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ホーガン

    ジョン・ホーガンから見た科学雑誌科学雑誌

    ジョン・ホーガン(John Horgan、1953年 - )は、アメリカの科学ジャーナリスト。英語圏の科学雑誌に数多くの記事を寄稿している。1986年から1997年まで『サイエンティフィック・アメリカン』の編集委員(senior writer)を務めた。1996年の著書『科学の終焉』では大きなインパクトを持つ発見の終焉を主張し、1999年のその続編を通して心と関連する研究分野に言及し、2003年の『科学を捨て、神秘へと向かう理性』では神秘主義と科学の関係を探った。ジョン・ホーガン フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示