37件中 21 - 30件表示
  • LANDFALL

    LANDFALLから見た科学雑誌科学雑誌

    LANDFALL(ランドフォール)とは、東京工業大学生活協同組合が出版している雑誌(科学雑誌)。通常毎年1月・4月・10月発行。LANDFALL フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フォン・アン

    ルイス・フォン・アンから見た科学雑誌科学雑誌

    彼には様々なフェローシップが授与されており、2006年にはマッカーサー基金によるMacArthur Fellowship(別名"genius grant", 「ジーニアス・グラント」とも呼ばれる)、2009年にはのフェローシップおよびアルフレッド・P・スローン財団の、並びに2007年にはマイクロソフトの"New Faculty Fellowship"がそれぞれ与えられている。また、彼は科学雑誌の「科学における最優秀頭脳50名」(50 Best Brains in Science)の一人に選ばれており、加えて他にもポピュラーサイエンス誌の「10名の秀才」(Brilliant 10)、Silicon.comの「テクノロジーにおける最も影響力のある50名」(50 Most Influential People in Technology)、テクノロジー・レビュー誌の: Young Innovators Under 35(「35歳以下の若きイノベーター」)、および誌の「ビジネス界の最もクリエイティブな100名」(100 Most Creative People in Business)など多くの賞リストに自身の名を連ねている。ルイス・フォン・アン フレッシュアイペディアより)

  • サイエンティフィック・アメリカン

    サイエンティフィック・アメリカンから見た科学雑誌科学雑誌

    サイエンティフィック・アメリカン(Scientific American)はアメリカ合衆国の一般読者向け科学雑誌。1845年8月28日創刊で、一般向け科学雑誌としては世界最古、また現在定期刊行されているアメリカの雑誌としても最古である。現在は月刊だが、初期は週刊の新聞風刊行物だった。サイエンティフィック・アメリカン フレッシュアイペディアより)

  • 「一家に1枚」シリーズ

    「一家に1枚」シリーズから見た科学雑誌科学雑誌

    2003年、日本学術会議の公開シンポジウムにおいて、科学的な正確性を持ちつつ親しみやすい、日常の中で触れられる周期表の制作が提案された。玉尾皓平らを中心として制作された「一家に1枚 周期表」は2005年に完成して配布され、科学雑誌『ニュートン』に特集が組まれるなどの反響を呼んだ。「一家に1枚」シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 学術雑誌

    学術雑誌から見た科学雑誌科学雑誌

    学術雑誌(がくじゅつざっし Academic journal)は、主として研究者の執筆した論文を掲載する雑誌。学術分野に応じて極めて多くのタイトルが発行されているが、読者はそれぞれの分野の専門家が中心であるため、一般書店に置かれることはあまりない。学術ジャーナル、学術誌、とも。自然科学分野における学術雑誌は科学雑誌、技術雑誌とも呼ばれる。学術雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ戦争

    トヨタ戦争から見た科学雑誌科学雑誌

    1987年、北部チャド、リビアとの国境付近でチャド政府軍と反政府勢力、反政府勢力を支援するリビア軍の間で行われた。この戦争ではチャド政府軍と反政府勢力の両者が、トヨタ自動車のピックアップトラック(主にハイラックス)をテクニカルに改造・使用した。その車両の荷台後部に大きく表示された「TOYOTA」のロゴが目立ったため、「トヨタ戦争」と呼ばれるようになった。この戦争ではリビアは多くの損害を出し、7500人が死亡、およそ15億ドルの兵器を損失した。学研の科学雑誌「UTAN」には、安易に軍用に転用される民生品を紛争地帯へ輸出することを批判する記事が掲載され、同時に各政党へのこの件に関するアンケートが行われたが、反響はなかった。トヨタ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡地獄

    鏡地獄から見た科学雑誌科学雑誌

    本作品の重要なアイテムである「球体の鏡」は、科学雑誌『科学画報』の質疑応答欄から着想を得た。「球体の内面を全部鏡にし、その中に人が入ったらどのように写るでしょうか」という質問を読み、乱歩は「球体の鏡」に恐怖したという。鏡地獄 フレッシュアイペディアより)

  • ミナミオロシザメ

    ミナミオロシザメから見た科学誌科学雑誌

    オーストラリアの魚類学者James Douglas Ogilbyによって、タスマニア南東沖のブルーニー島砂浜で発見された個体の乾燥標本に基づいて記載された。1893年に科学誌Records of the Australian Museumに発表され、Tasmanian Museum and Art GalleryのキュレーターAlex Mortonの要請により、模式標本産地に基づいてCentrina bruniensisと命名された。その後Centrina属はOxynotus属のシノニムとされた。ミナミオロシザメ フレッシュアイペディアより)

  • ハビレ

    ハビレから見た科学誌科学雑誌

    1950年、サメの専門家Stewart SpringerによってEulamia altimaとして、科学誌American Museum Novitatesに記載された。その後Eulamia属はCarcharhinus属のシノニムとされた。種小名altimusはラテン語のaltus(深い)に由来し、比較的深い場所に生息することを表したものである。タイプ標本は体長1.3mの未成熟雌で、1947年4月2日フロリダキーズCosgrove Reef沖で捕獲されたものである。種記載前には、フロリダの漁師にKnopp's sharkと呼ばれていた。ハビレ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見た科学誌科学雑誌

    ブッシュ政権は地球温暖化問題への取り組み(温室効果ガスの排出削減対策)に消極的だと言われる。科学誌ネイチャーによると、ハリケーン被害が増大している一因は温暖化であるとする内容の報告書を米国海洋大気局が発表しようとした際、ブッシュ政権からの圧力によって阻止されてしまったという。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「科学誌」のニューストピックワード