前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 文京グリーンコート

    文京グリーンコートから見た科研製薬科研製薬

    文京グリーンコート(ぶんきょうグリーンコート)とは、東京都文京区にある、1棟の高層オフィスビル、2棟の高層住宅、商業ビル、フィットネス施設などからなる複合施設である。旧理化学研究所→科研製薬工場の跡地に建てられており、センターオフィス棟には現在も科研製薬の本社、関連会社、労働組合が入居している。文京グリーンコート フレッシュアイペディアより)

  • イブプロフェン

    イブプロフェンから見た科研製薬科研製薬

    低用量のイブプロフェン(200mgから400mg)は日本を含む世界中ほぼ各国で市販薬として入手可能である(医師から処方される医薬品としては、科研製薬の「ブルフェン」となる(100mg錠と200mg錠が存在)。これに相当する後発医薬品については、後述するを参照)。イブプロフェンは4 - 8時間効果が持続しこれは用量依存であるが、半減期から推定される持続時間よりは長い。推奨される投与量は体重や適応による。通常、経口投与量は4時間から6時間ごとに200mgから400mg(子供の場合には5 - 10mg/kg)であり、1日最大投与量は800 - 1200mgである。3200mgの最大投与量も時として用いられる(※いずれも外国におけるデータ)。イブプロフェン フレッシュアイペディアより)

  • 明和薬品 (大阪府)

    明和薬品 (大阪府)から見た科研製薬科研製薬

    科研薬化(現・科研製薬明和薬品 (大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • レインボー薬品

    レインボー薬品から見た科研製薬科研製薬

    ポリオキシンZドライフロアブル - 芝生に生えるキノコ(フェアリーリング病)専用殺菌剤(製造販売元:科研製薬レインボー薬品 フレッシュアイペディアより)

  • フルオロメトロン

    フルオロメトロンから見た科研製薬科研製薬

    フルオロメトロン (fluorometholone) は、合成副腎皮質ホルモン製剤の一つ。レーザー屈折矯正手術や白内障手術後にもっともよく使われる点眼薬である。フルメトロン®(参天製薬、科研製薬、キョーリンリメディオ、日東メディック)、オドメール®(千寿製薬)、FML®(アラガン)またはFlarex®(アルコン)の商品名で市販されている。フルオロメトロン フレッシュアイペディアより)

  • スコルバ

    スコルバから見た科研製薬科研製薬

    スコルバダッシュクリーム(製造販売元:科研製薬スコルバ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する義援金寄付

    東日本大震災に対する義援金寄付から見た科研製薬科研製薬

    科研製薬:義援金1億円の寄付。東日本大震災に対する義援金寄付 フレッシュアイペディアより)

  • フルルビプロフェン

    フルルビプロフェンから見た科研製薬科研製薬

    プロスタグランジン生合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ阻害作用により、消炎・解熱・鎮痛作用を均等に持つ。フルルビプロフェンを含む貼付薬が、アドフィード(リードケミカル、科研製薬)、ステイバン(トクホン、吉富製薬)、ゼポラス(三笠製薬)の商品名で、内服薬がフロベン(科研製薬)の商品名で販売されている。内服薬は胃腸症状などの副作用が生じることがある。プロドラッグとしてのフルルビプロフェンアキセチルは1992年に、がんの鎮痛などを効能として承認され、ロピオン注(科研製薬)などの商品名で静脈注射用脂肪懸濁液が販売されている。フルルビプロフェン フレッシュアイペディアより)

  • エフィナコナゾール

    エフィナコナゾールから見た科研製薬科研製薬

    トリアゾール系抗真菌剤には内服薬や注射剤があったが、エフィナコナゾールは世界初のトリアゾール系の外用剤として科研製薬株式会社で開発された。ケラチンとの親和性が高く爪甲内・爪床での高い抗真菌活性を示す。2013年にカナダで爪白癬治療剤として認可され、2014年に日本とアメリカでも認可された。カナダとアメリカでは爪真菌症が適応疾患となっているが、日本では爪白癬でしか認可されていない。10%溶液が使用される。エフィナコナゾール フレッシュアイペディアより)

  • 東邦生命保険

    東邦生命保険から見た科研製薬科研製薬

    科研製薬 - 経営破綻直前まで筆頭株主となっていた(のちに東レへ株式譲渡)東邦生命保険 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示