1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • フルルビプロフェン

    フルルビプロフェンから見た科研製薬科研製薬

    プロスタグランジン生合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ阻害作用により、消炎・解熱・鎮痛作用を均等に持つ。フルルビプロフェンを含む貼付薬が、アドフィード(リードケミカル、科研製薬)、ステイバン(トクホン、吉富製薬)、ゼポラス(三笠製薬)の商品名で、内服薬がフロベン(科研製薬)の商品名で販売されている。内服薬は胃腸症状などの副作用が生じることがある。プロドラッグとしてのフルルビプロフェンアキセチルは1992年に、がんの鎮痛などを効能として承認され、ロピオン注(科研製薬)などの商品名で静脈注射用脂肪懸濁液が販売されている。フルルビプロフェン フレッシュアイペディアより)

  • 理化学研究所

    理化学研究所から見た科研製薬科研製薬

    1952年(昭和27年)、株式会社科学研究所(新社)設立。旧社は科研化学株式会社に改称し、純民間企業となる(現在の科研製薬株式会社)理化学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • サノフィ

    サノフィから見た科研製薬科研製薬

    クレキサン®(エノキサパリン)- 日本では科研製薬が販売。サノフィ フレッシュアイペディアより)

  • 理研グループ

    理研グループから見た科研製薬科研製薬

    科研製薬(芙蓉懇談会から離脱も、東レと親密関係継続中)理研グループ フレッシュアイペディアより)

  • 仁科芳雄

    仁科芳雄から見た科研製薬科研製薬

    1946年11月に理研の所長となり、同年文化勲章を授与された。1948年2月には理研が解散し、3月に株式会社科学研究所(現在の科研製薬)が発足すると初代の社長となった。後に学士院会員、日本学術会議第1期副会長を務める。だが、戦後になると体調を崩す事が多くなり、病院での検査の結果肝臓癌と判明した。この癌の原因については、当時は未知の部分が多かった放射線などの研究を戦前から長年行っていた事や、原爆投下直後の広島・長崎に入市し被曝した事を要因と考える説など諸説がある。そして1951年1月10日、60歳で逝去。仁科芳雄 フレッシュアイペディアより)

  • トクホン

    トクホンから見た科研製薬科研製薬

    ヤクバンテープ 20mg/40mg/60mg(田辺三菱製薬が販売元のものと、科研製薬が販売元のものがある)トクホン フレッシュアイペディアより)

  • 芙蓉グループ

    芙蓉グループから見た科研製薬科研製薬

    科研製薬 - 筆頭株主の東レ(東邦生命から持株譲受を受け)と事業提携。芙蓉グループ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「科研製薬」のニューストピックワード