前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
893件中 1 - 10件表示
  • 競り下げ方式

    競り下げ方式から見た増税租税

    財政赤字は各国で同じだが、英国は歳出削減と増税の比率を「歳出削減8:増税2」の比率とした。米国は、民主党と共和党の激しい論争の末、「歳出削減10:増税0」の比率となった。その一方、日本は、競り下げの導入が遅れていることもあり、ほとんどが増税という方向になりつつある。競り下げ方式 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼塚眞子

    鬼塚眞子から見た増税租税

    増税時代の錬金術?こんなに差がつく 保険の見直し」鬼塚眞子 フレッシュアイペディアより)

  • 民部省

    民部省から見た租税租税

    律令制下の八省の一つ。財政・租税一般を管轄し諸国の戸口、田畑、山川、道路、租税のことを司る。財政官庁として他に大蔵省があったが租税や租税関係の戸籍はこちらが取り扱ったため大蔵省よりも重視された。ちなみに戸籍のうち姓氏などは治部省の管轄である。民部省 フレッシュアイペディアより)

  • 減税日本

    減税日本から見た減税租税

    各種減税。特に地方税(県民税・市町村民税)10%減税、消費税減税(5→4%)減税日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵省

    大蔵省から見た租税租税

    1885年(明治18年)末に内閣制度が発足した時、初代大蔵大臣は松方正義であった。その後官制が整備され、歳入歳出、租税、国債、造幣、銀行を扱う官庁とされた。大蔵省 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た減税租税

    加えて、この頃から金融機関の含み損が再び表面化して、多額の不良債権を抱えた企業の経営破綻が相次いだ。この反省から1998年(平成10年)に発足した小渕内閣では積極財政・景気対策路線がとられて、1999年(平成11年)には、ゼロ金利政策の導入と地域振興券と言う名称の商品券が配られた。公共事業や減税によるケインズ政策によって財政赤字が増大したが、経済は本格的な回復路線に乗ることはなかった。(参考文献は、日本経済史。1600年代 - 2000年代。歴史に読む現代。慶應義塾大学出版会)。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 公益法人

    公益法人から見た税制租税

    公益法人制度改革で一般社団・財団法人法が施行されたことにより、公益目的でなくても、非営利目的(構成員に対し利益の分配を行わない)であれば、簡易に準則主義に従い一般社団法人や一般財団法人を設立できるようになった。さらに、一般社団法人や一般財団法人が公益目的の法人として税制上の優遇等を受けるには、公益法人認定法に従い、公益性の認定を受け、公益社団法人や公益財団法人となることができる。公益法人 フレッシュアイペディアより)

  • 担税力

    担税力から見た租税租税

    担税力(たんぜいりょく、tax-bearing capacity)または担税能力(たんぜいのうりょく)は、課税対象となる個人や法人などが、実際に税負担を受け持つことができる能力の事を言う。租税についての能力説(応能説)の基本部分である。担税力 フレッシュアイペディアより)

  • 外郭団体

    外郭団体から見た税金租税

    なお、時代及び特定の業種並びに業態に限らず、「公務員退職」という口実を最大の武器にした、遍く官公庁(特に中央省庁)における不祥事の当事者に対するいわゆる隠れ蓑としても外郭団体が利用されている事実もある。社会保険庁が、その不祥事を行った当事者の多くは、その外郭団体に既に天下りしているか、完全に退職しているので、今更処罰の課しようがないことを認めている。後述の「主な外郭団体の例と関連する省庁・自治体」に列挙したほとんどの団体がこれに該当する。一部の者が(「経営者」ではなくあくまでも「理事」として)安定していながら高給を受け取り、役員でありながら賞与並びに労働基準法上での使用者ならぬ労働者扱いという待遇を受け続け、場合によってはそのまた更に、「職員の身分と待遇」にある再天下りによる退職金で、税金を随伴する非営利団体の財源から利益を得ている。外郭団体 フレッシュアイペディアより)

  • 不輸の権 (日本)

    不輸の権 (日本)から見た租税租税

    不輸の権(ふゆのけん)とは、荘園が国家への租税の一部またはすべてが免除される権利。日本においては、10世紀ころ、摂関政治のもとで官省符荘をもって成立した。不輸の権 (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
893件中 1 - 10件表示