1170件中 91 - 100件表示
  • 大日本帝国憲法第35条

    大日本帝国憲法第35条から見た直接税租税

    江戸時代まで、国の代表者を民衆から選ぶというシステムはほぼなかった。明治時代初期も、そのようなシステムはなかったが、板垣退助を中心とした自由民権運動に押され、国会が開設され、そこでは国民による衆議院議員の選択が行われた。しかし、選挙権を持ったのは直接国税を15円以上納める25歳以上の男子にしか認められておらず、これが後の大日本帝国憲法第35条 フレッシュアイペディアより)

  • 永手町

    永手町から見た租税租税

    『神戸の町名』によればナガテとは長い道のことであり、「繩手」と同じ意味で使われているという。江戸時代、開墾を奨励するため、田畑を拓いてから何年間か租税を免除するという特別措置があり、その年季の終わりに受ける検注を「縄をうける」と言った。柳田國男は「今日、繩手という普通名詞なども測地のための幹線というのがもとで、長く通った道路を意味するように転じたかと思う」と書いている事からナガテも同様であるとして以上の説が唱えられている。永手町 フレッシュアイペディアより)

  • 特定滞納者特別措置条例

    特定滞納者特別措置条例から見た租税

    や保険料を滞納し、納税について誠実性を欠く者に対し行政サービス等を制限することを規定している。特定滞納者特別措置条例 フレッシュアイペディアより)

  • 山本亮 (政治家)

    山本亮 (政治家)から見た納税租税

    明治32年(1899年)の『帝國實業名鑑』に「境町 醤油醸造業 山本安九郎 所得納税 開業三代」とある。山本亮 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 京戸

    京戸から見た租税租税

    なお、国家による正当な京貫以外の京戸の増加、例えば外部からの浮浪・逃亡が隠首・括出によって編附する(戸籍などに登録して租税などを納めさせる)ことを認めていなかったが、反対に京戸が浮浪・逃亡した場合に戸籍・計帳から除帳(戸籍などから除く)するのも国家の権限とされていた。だが、除帳がほとんど行われなかったことや更に度重なる遷都によって京戸の中には新しい土地へ移るのを嫌って旧京(平城京など)に引き続き留まるものもおり、戸籍・計帳と実態の違いが大きくなっていった。また、絶戸や無身戸の放置は京以外から入ってきた浮浪人が他人の名を冒して京戸となる可能性、更に貴族階層が属する氏(藤原氏など)に入り込んで不法に官位を獲得する危険性もあった。そのため、貞観18年(876年)には除帳の権限を実際に戸籍・計帳を管理する京職に委ねられ、これによって是正が実施された。貴族・官人を中心とした京貫と浮浪・逃亡(主に庶民層)の除帳によって、京戸の中に貴族・官人が占める割合が増加していくことになった。京戸 フレッシュアイペディアより)

  • 法定外普通税

    法定外普通税から見た税金租税

    法定外普通税(ほうていがいふつうぜい)は、地方税の一つ。地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に定めのある以外の税目の地方税で、普通税であるものを言う。道府県に係るものと市町村に係るものとがある。法定外普通税 フレッシュアイペディアより)

  • 俺のムスコ

    俺のムスコから見た税金租税

    それから月日が経った2012年。ろくに働かず酒場に入り浸っているドニーのもとに、滞納し続けている税金の支払いを迫る報せが届く。支払えない場合は3年間収容所に入れられてしまうと知った彼は焦るが、あまりに高額な滞納額のためにどうすることも出来ずにいた。ある日、偶然新聞を目にした彼は驚く。なんとあのハン・ソロが名前をトッドと変えてビジネスで大成功を収めていたのだ。しかも、トッドは間もなく結婚するのだという。これは幸いと、早速トッドのもとへ親友を装い訪れたドニーだったが、当然トッドは彼を強く拒絶するのだった。ドニーはなんとか息子から大金を手に入れようと奮闘する。俺のムスコ フレッシュアイペディアより)

  • 振替価格操作

    振替価格操作から見た税金租税

    振替価格操作(ふりかえかかくそうさ、Transfer Pricing)とは、多国籍企業が行う帳簿上の操作のこと。法律・税金の違う国々に支店、子会社などを持つ多国籍企業は企業内で商品を移動させることにより税金の節約ができるというもの。振替価格操作 フレッシュアイペディアより)

  • 太政官札

    太政官札から見た租税租税

    当初、国民は紙幣に不慣れであったこと、また政府の信用が強固では無かった為、流通は困難をきわめ、太政官札100両を以て金貨40両に交換するほどであった。このため政府は、太政官札を額面以下で正貨と交換することを禁止したり、租税および諸上納に太政官札を使うように命じたり、諸藩に石高貸付を命じるなどの方法を講じた。これらの政策や二分金の贋物が多かった事などから、信用が増加したために流通するようになったが、今度は太政官札の偽札が流通し始め、真贋の区別が難しくなったため、流通は再び滞るようになった。太政官札 フレッシュアイペディアより)

  • 直接

    直接から見た納税租税

    直接(ちょくせつ)とは、ある二つ以上の物の中間に何も介在しておらず、直に接すること、間接(かんせつ)は中間に何らかのものが介在しておりそれを通して対象に接することである。この時介在している物が対象に接することを媒介という。この媒介するものの中には政治における代表者(議員)や犯罪の間接正犯、納税の間接税のような個人あるいは裁判の間接主義のような組織も含まれる。なお、間接においては負担や責任の一部が転嫁されるのが普通である。直接 フレッシュアイペディアより)

1170件中 91 - 100件表示