893件中 11 - 20件表示
  • 租税法律主義

    租税法律主義から見た納税租税

    課税要件法定主義または納税要件法定主義とは、租税を課税するための要件(課税要件)または租税を納税するための要件(納税要件)のすべてと租税の賦課・徴収の手続きは法律によって規定されなければならないとする原則。刑法における罪刑法定主義に類似する。租税法律主義 フレッシュアイペディアより)

  • 租税法律主義

    租税法律主義から見た租税租税

    租税法律主義(そぜいほうりつしゅぎ)とは、何人(なんぴと)も法律の根拠がなければ、租税を賦課されたり、徴収されたりすることがないとする考え方。租税法律主義 フレッシュアイペディアより)

  • 租税法律主義

    租税法律主義から見た課税租税

    課税要件法定主義または納税要件法定主義とは、租税を課税するための要件(課税要件)または租税を納税するための要件(納税要件)のすべてと租税の賦課・徴収の手続きは法律によって規定されなければならないとする原則。刑法における罪刑法定主義に類似する。租税法律主義 フレッシュアイペディアより)

  • たばこ税

    たばこ税から見た税金租税

    たばこ税法(昭和59年8月10日法律第72号)に基づき、「製造たばこ」に対して課される税金(いわゆる「国たばこ税」)。たばこ税 フレッシュアイペディアより)

  • 給与所得

    給与所得から見た課税租税

    給与の源泉徴収税額から従業員や個人事業者の家族に支払った給与支払金額(給与収入)を算出することは現在の税制では不可能である。給与収入に対して課税される訳ではなく、各種控除を差し引いた課税所得に対して段階的に累進課税で課税される。給与収入が同程度であっても、扶養状況や社会保険料控除等が大きく異なれば、源泉徴収税額は異なる場合がある。給与所得 フレッシュアイペディアより)

  • 裁判所調査官

    裁判所調査官から見た租税租税

    地方裁判所における裁判所調査官は、専門性の高い知的財産および租税に関する事件に限って取り扱うために置かれる(裁判所法57条1項)。地方裁判所における裁判所調査官は当初置かれておらず、昭和41年(1966年)の裁判所法改正によって追加された。裁判所調査官 フレッシュアイペディアより)

  • ハラージュ

    ハラージュから見た課税租税

    ハラージュ( kharāj)は、イスラーム法における土地に対する課税のことであり、人頭税ジズヤ( jizya)に対して、土地や家畜に課する租税である。「地租」と翻訳されることも多い。歴史上、伝統的にイスラーム諸国家・イスラーム諸王朝の主要財源の一つとされてきた。ハラージュ フレッシュアイペディアより)

  • 政府税制調査会

    政府税制調査会から見た租税租税

    税制調査会(ぜいせいちょうさかい)は、内閣府の審議会等の一つ。内閣総理大臣の諮問に応じて、租税制度に関する基本的事項を調査審議する(内閣府本府組織令31条、33条。税制調査会令)。税調(ぜいちょう)ともいう。なお、自由民主党内の審議機関の一つである税制調査会(自民党税制調査会、自民税調)や、民主党政策調査会におかれている税制調査会などと区別するため、政府税制調査会(政府税調)と呼ばれることも多い。政府税制調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 立法議会

    立法議会から見た租税租税

    議会の職務:歳出の策定、歳入の監視、租税の設定、貨幣の鋳造、軍隊の編成ほか立法議会 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見た租税租税

    上記の複数のマニフェストによると、維持・管理および債務返済の財源としては、「道路予算の一部振り替えと渋滞・環境対策の観点から例外的に徴収する大都市部の通行料でまかなう」としている。なお、2003年6月に菅直人民主党代表(当時)は、無料化の財源の私案として「車1台につき年5万円の課税」を一例として挙げたが、マニフェストに明記されたことは一度もない。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

893件中 11 - 20件表示

「税金」のニューストピックワード