1170件中 21 - 30件表示
  • 軽油引取税

    軽油引取税から見た税金租税

    軽油引取税(けいゆひきとりぜい)は、日本の地方税法に定められた地方税・普通税のひとつ(地方税法第144条)。特約業者又は元売業者からの軽油の引取りのうち軽油の現実の納入を伴うものに対し課税する。なお、創設時は目的税であった。軽油引取税 フレッシュアイペディアより)

  • たばこ税

    たばこ税から見た税金租税

    たばこ税法(昭和59年8月10日法律第72号)に基づき、「製造たばこ」に対して課される税金(いわゆる「国たばこ税」)。たばこ税 フレッシュアイペディアより)

  • 脱税

    脱税から見た納税租税

    脱税(だつぜい)とは、納税義務がある、と見なされている人が、その義務の履行を怠り、納税額の一部あるいは全部をのがれることである。脱税 フレッシュアイペディアより)

  • 立法議会

    立法議会から見た租税租税

    議会の職務:歳出の策定、歳入の監視、租税の設定、貨幣の鋳造、軍隊の編成ほか立法議会 フレッシュアイペディアより)

  • 交通経済学

    交通経済学から見た課税租税

    財源は、輸送力を増強するのに必要な費用の調達に関して問題となる。課税や利用料金の徴収は、資金調達のための主要な方法である。課税は国税(所得税など)、地方税(地方消費税や固定資産税など)により、利用料金は通行料、運賃、混雑料金等による。こうした財源をめぐっては、しばしば政治的・社会的な議論が引き起こされる。交通経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 地租改正

    地租改正から見た租税租税

    地租改正(ちそかいせい)は、1873年(明治6年)に明治政府が行った租税制度改革である。また、この改革により日本にはじめて土地に対する私的所有権が確立したことから、地租改正は土地制度改革としての側面を有している。地租改正 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た租税租税

    政府は租税の算定にあたって通貨を利用する(法定通貨⇔仮想通貨、地域通貨)。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 公益法人

    公益法人から見た税制租税

    一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(一般社団・財団法人法)が施行されたことにより、公益目的でなくても、非営利目的(構成員に対し利益の分配を行わない)であれば、簡易に準則主義に従い一般社団法人や一般財団法人を設立できるようになった。さらに一般社団・財団法人法により設立された一般社団法人または一般財団法人のうち、公益法人認定法による公益性の認定を受けたものは、それぞれ公益社団法人または公益財団法人として税制上の優遇措置を受けることができる。公益法人は公益社団法人と公益財団法人をまとめて言う場合の呼称である。公益法人 フレッシュアイペディアより)

  • 富の再分配

    富の再分配から見た租税租税

    富の再分配(とみのさいぶんぱい、)または所得再分配(しょとくさいぶんぱい、)とは、所得を公平に配分するため、租税制度や社会保障制度、公共事業などを通じて一経済主体から別の経済主体へ所得を移転させることをいう。富の再分配 フレッシュアイペディアより)

  • 河村たかし

    河村たかしから見た税金租税

    「議員活動のためには経費は当然必要だ。ただ、それを税金からいただくのではなく自分で寄付金で集めるべきだ」としている。河村たかし フレッシュアイペディアより)

1170件中 21 - 30件表示