1170件中 31 - 40件表示
  • 貨幣

    貨幣から見た租税租税

    政府は、租税の算定に通貨を用いる。法定通貨が額面通りの価値を持つためには、その貨幣を発行する政府に対して国民の信用が存在することが必要条件である。貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た税金租税

    所得税(しょとくぜい)とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合に、個人の所得に対して課される税金のこと。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 専売制

    専売制から見た租税租税

    また、専売の対象が域内であるか域外であるかも、重要な要素となる。域内の人民に対して租税の代わりとして専売を行う方法と域外の市場に対して独占的に販売する専売が考えられる。生産に対する姿勢は両者の場合で異なり、前者においては生産も統制される場合があるが、後者においてはやや緩やかで生産奨励策が合わせて行われる場合もある。専売制 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口安吾

    坂口安吾から見た税金租税

    しかし安吾は流行作家としての収入があっても全て使い切ってしまい、5月に税金滞納により家財や蔵書、原稿料も差し押さえとなる。国税庁に腹を立てた安吾は6月に、「差押エラレ日記」、「負ケラレマセン勝ツマデハ」を『中央公論』に書き、税金不払い闘争を行なった。夏から飛騨・高山地方を旅行し、日本古代への新たな興味を抱くが、この頃から、競輪場に通い出し、伊東競輪のあるレースの着順に不正があったのではないかと調査し、当時の運営団体である静岡県自転車振興会を検察庁に告訴するという伊東競輪不正告訴事件を9月に起こす。11月にはこれについて書いた「光を覆うものなし」を『新潮』に発表し、その中で安吾は判定写真のすり替えによる不正を主張していたが、12月に嫌疑不十分で不起訴となった。この時代の競輪は、チンピラヤクザの巣窟だったという。坂口安吾 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の歴史

    鉄道の歴史から見た租税租税

    日本も明治維新後は殖産興業政策を推し進めていった。日本の鉄道建設は伊藤博文・大隈重信の熱心な主張で始まった。1869年、従来の民部官が改組されるかたちで民部省が太政官に設置され、民部省はその後大蔵省との合併と分離をくりかえすが、大隈・伊藤らは両省の役職を兼務して租税徴収から産業育成におよぶ強大な権限を掌握して、鉄道・電信・郵便・灯台など近代化のためのインフラストラクチャー整備を強力に進めた。鉄道に関しては政府は財政不足のため、建設費にあてるため100万ポンドの外国債をイギリスで募集した。新たに設立された工部省によって京浜間の測量が始まったのは1870年3月のことである。日本の鉄道開業は1872年(明治5年)、新橋・横浜(現、桜木町駅)間においてであった。鉄道開業式は横浜駅でおこなわれたが、明治天皇は新橋駅から乗車して1時間後の開業式に臨み、みずから「鉄道の便利さ」をアピールした。鉄道の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 外郭団体

    外郭団体から見た税金租税

    なお、時代及び特定の業種並びに業態に限らず、「公務員退職」という口実を最大の武器にした、遍く官公庁(特に中央省庁)における不祥事の当事者に対するいわゆる隠れ蓑としても外郭団体が利用されている事実もある。社会保険庁が、その不祥事を行った当事者の多くは、その外郭団体に既に天下りしているか、完全に退職しているので、今更処罰の課しようがないことを認めている。後述の「主な外郭団体の例と関連する省庁・自治体」に列挙したほとんどの団体がこれに該当する。一部の者が(「経営者」ではなくあくまでも「理事」として)安定していながら高給を受け取り、役員でありながら賞与並びに労働基準法上での使用者ならぬ労働者扱いという待遇を受け続け、場合によってはそのまた更に、「職員の身分と待遇」にある再天下りによる退職金で、税金を随伴する非営利団体の財源から利益を得ている。外郭団体 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人

    池田勇人から見た租税租税

    復職後は病気での遅れもあり、出世コースを外れ税制関係の地味なポストを歩み続けたが、やがて税の専門家として知られるようになり、税務を通じた産業界との縁は後の政界入り後に大きな力となった。池田の徴税ぶりは有名で「税金さえとれば、国のためになる」と、野間清治や根津嘉一郎の遺産相続時の取り立ては凄まじかったといわれる。池田勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 市川市

    市川市から見た納税租税

    個人市民税納税者等が納める税のうち、その1%の相当額を自ら任意に希望指名して地域づくりの主体であるボランティア団体やNPOなど、市民の自主的な活動に対してその団体の事業費(運営費を除く)に当てるよう要請することができるという、全国初の1%支援制度(市民活動団体支援制)がある。2005年(平成17年)度に開始され、2007年(平成19年)から3団体まで支援できる団体数を拡大し、納税者以外が地域ポイントも振り当てられるよう条例改正をした。NHKでテレビ放送されたEUハンガリー国のパーセント法がヒントとなっている。市川市 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た租税

    や社会保障に関連する共通番号制度(通称「マイナンバー」)が運用開始。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマト王権

    ヤマト王権から見た租税租税

    『魏志』倭人伝は、3世紀前半に邪馬台国に卑弥呼が現れ、国々(ここでいう国とは、中国語の国邑、すなわち土塁などで囲われた都市国家的な自治共同体のことであろう)は卑弥呼を「共立」して倭の女王とし、それによって争乱は収まって30国ほどの小国連合が生まれた、とし、「親魏倭王」印を授与したことを記している。邪馬台国には、大人と下戸の身分差や刑罰、租税の制もあり、九州北部にあったと考えられる伊都国には「一大率」という監察官的な役人が置かれるなど、統治組織もある程度整っていたことが分かる。ヤマト王権 フレッシュアイペディアより)

1170件中 31 - 40件表示