893件中 31 - 40件表示
  • 共同施設税

    共同施設税から見た租税租税

    共同施設税(きょうどうしせつぜい)は、地方税である市町村税のひとつで、共同施設の維持管理費用に当てるために課すことのできる税金(目的税)。直接税であり、共同施設の利用者など、共同施設から直接に利益を得る者に直接課税する。地方税法5条6項3号および703条の2に定めがある。課税標準及び税率は、市町村が条例で定めることができる。なお現在、課税している市町村は見当たらない。共同施設税 フレッシュアイペディアより)

  • 軽油引取税

    軽油引取税から見た税金租税

    軽油引取税 (けいゆひきとりぜい)は、日本の地方税法に定められた地方税・目的税のひとつ。軽油引取税 フレッシュアイペディアより)

  • 流通税

    流通税から見た租税租税

    流通税(りゅうつうぜい)とは、資産(財産)の権利移転(所得)に課税される租税のことで、「国税⇒内国税⇒流通税」となる。日本の税制度では、自動車重量税、登録免許税、不動産取得税、印紙税等が流通税に当たる。流通税 フレッシュアイペディアより)

  • 加徴米

    加徴米から見た租税租税

    加徴米(かちょうまい)とは、公領・荘園において、正規の租税である正税官物や年貢のほかに徴収された付加米。平安時代後期にも存在を確認することができ、例えば988年(永延2年)「尾張国郡司百姓等解文 」にも加徴米に関する訴えが含まれている。その内容は多様で一律に論じることは出来ないが、平安時代末期には下司などの荘官得分として反別3升もしくは5升の徴収が認められ、鎌倉時代の地頭得分に継承された。鎌倉幕府は地頭設置時に反別5升の兵粮米徴収を別途認めたが、加徴米の存在が地頭と荘園領主の争いとなるのを避けるために1186年(文治2年)に従来の「加徴加役」を禁じた。だが、実際にはこうしたトラブルは続くことになり、承久の乱後に設置された新補地頭における新補率法導入時に地頭に保証された11町あたり1町の地頭給田を除いた耕地から一律反別5升の徴収が認められる事になった(鎌倉幕府追加法23条)。ただし、従来の加徴課役禁止の観点から1231年(寛喜3年)の追加法において、加徴米は正税官物として徴収された分から抽出されることが定められ、また、これに乗じて本補地頭でも加徴米を徴収する両様兼帯などの例もみられ、幕府は本補地頭に対する加徴米を禁じる命令をたびたび出した。室町時代に入ると、年貢米などの輸送中に予想される損失に対して予め余分に徴収することで損失を農民側に転嫁するための増徴分も加徴米と呼んだ。更に江戸時代には小作料を加徴米とよぶ地域があった。加徴米 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便税切手

    郵便税切手から見た課税租税

    郵便税切手(ゆうびんぜいきって)とは、一定期間に差し出される郵便物を対象に正規の郵便料金とは別に、郵便物自体に課税する際に、その税を徴収するために貼り付けさせる切手である。日本では発行された事はない。郵便税切手 フレッシュアイペディアより)

  • 御膳海苔

    御膳海苔から見た租税

    御膳海苔(ごぜんのり)とは徳川家(江戸城)及び上野寛永寺へ御菜魚と同様に海苔運上()の意味で上納した新海苔を指す。御膳海苔 フレッシュアイペディアより)

  • 税務

    税務から見た租税租税

    税務 フレッシュアイペディアより)

  • スミスフィールド・キャトル・ドッグ

    スミスフィールド・キャトル・ドッグから見た租税租税

    スタンピーテイル・スミスフィールド・キャトル・ドッグ(英:Stampy-tail Smithfield Cattle Dog)とは、イギリスのイングランド原産の牧牛犬種である。通常のスミスフィールドの亜種で、それとの違いは尾の長さである。牧牛犬は牧羊犬と違ってあまり走るスピードを必要としないため、かつては長い尾を持たなくてもよいと考えられていた。租税を逃れて牧牛犬であることを証明する必要があったため、尾を短く断尾することが推薦されていた。オールド・イングリッシュ・シープドッグがボブテイルというニックネームを持つのは、このことが関係している。しかし、生後まもなく尾を切ることは残酷であると考えた人物がスミスフィールドの尾が短い個体を集めて選択繁殖し、牧牛犬だが断尾をする必要が無いスタンピーテイル種が作出された。これは尾の長さが非常に短い犬種で、尾の長さは4cm以下と非常に短いが、ふさふさした飾り毛が生えている。中には無尾の個体もいる。本種は断尾された犬に比べて脊髄等の変形症にかかるリスクがある程度軽減されていて、通常のスミスフィールドに負け劣らない牧牛能力を持っていたといわれている。スミスフィールド・キャトル・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 銭 (漫画)

    銭 (漫画)から見た租税租税

    2004年7月発売 / ISBN 4757719477 - ゲームセンター、同人誌と税金など銭 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 河朔三鎮

    河朔三鎮から見た租税租税

    安史の乱後、代宗は安禄山の旧臣であった李懐仙を幽州に、田承嗣を魏博に、張忠志(後に李宝臣)を成徳に封じた。その後河朔三鎮は次第に地方勢力として独立し、唐王朝の勢力が及ばなくなった。三鎮は「河朔の旧事」と称してその主帥は代々唐王朝の任命によらずに世襲や部下による擁立によって就任し、勝手に領内の文武百官を任命して租税の上供を拒んだ。これによって藩鎮の弊害の嚆矢ともいえる存在になるとともに北方地区の政情不安の原因となった。これに対して徳宗は制圧策を用いるが、三鎮側は黄河以南の河南二鎮(平盧・淮西両節度使)と結んで反乱を起こして徳宗を長安から追放する程であった。河朔三鎮 フレッシュアイペディアより)

893件中 31 - 40件表示

「税金」のニューストピックワード