893件中 41 - 50件表示
  • 租税国家

    租税国家から見た租税租税

    租税国家(そぜいこっか)とは、財政の運営資金を専ら国民あるいは法人からの租税収入に求めて、その運用によって統治機構を維持している国家のこと。国家そのものには、自立して財政運営するために十分な国有財産を保有しない(国有財産を全く持たない訳ではない)ため、無産国家(むさんこっか)とも呼ばれている。租税国家 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国自由総連盟

    韓国自由総連盟から見た租税租税

    韓国自由総連盟の主要な活動としては、反共活動に対する指導と反共資料の調査・研究、及びに反共思想の宣伝が挙げられる。その関連で、連盟では月刊誌「自由公論」と「自由新聞」を発刊し、反共思想の普及に努めている。なお、連盟は韓国政府から恩恵として、国共有財産の無償貸付、施設支援、経費補助や財産上の援助、租税減免措置を受けている。韓国自由総連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 調淡海

    調淡海から見た租税租税

    調氏(調首)は百済系渡来氏族で、応神朝に帰化した百済人の努理使主の後裔とする。努理使主の祖先は周人ともされ、孟献子蔑(春秋時代の魯の三桓氏の一つ孟孫氏の一族)に始まる系図もある。租税の一つである調の管理・徴収に従事したことが由来とされる。調淡海 フレッシュアイペディアより)

  • 調布

    調布から見た租税租税

    調布(ちょうふ)は、律令制下の租税である租庸調のうち、その土地の特産物を納める「調」として布を納めていたことからついた名。調布 フレッシュアイペディアより)

  • 加地子

    加地子から見た租税租税

    加地子(かじし)は、日本の中世において、荘園領主・国衙(国司)へ納入する年貢・地子の他に、名主などの在地領主に対して納入した米(作得米)を指す租税の一形態。本年貢・本地子の加徴分として賦課されたことから加地子と呼ばれるようになった。加持子(かじし)、加徳(かとく)、片子(かたこ)ともいう。加地子 フレッシュアイペディアより)

  • 物納

    物納から見た租税租税

    物納(ぶつのう)とは、租税を貨幣などの金銭ではなく、穀物や布などをもって納入する方法。物納 フレッシュアイペディアより)

  • 前分

    前分から見た租税租税

    前分の性格については大きく2つの考え方があり、徴収に来た役人に対する一種の賄賂とする見方と慣習として本来の租税に付加して徴収が認められていた役人得分であったがその額が重くなったことで社会問題化したとする見方がある。日本の律令法では、唐の律令法が禁じている土毛や供給など形で役人に対する金品贈与や接待が認められていたため、賄賂と合法的な慣習との線引きは曖昧なものであった。前分 フレッシュアイペディアより)

  • 筵付

    筵付から見た租税

    筵米は荘園制の下で年貢徴収の際に年貢米の計量を行う際の経費・手数料として荘官・沙汰人に与えられた得分であり、筵払と違って初期の頃より定量化されていた。通常は斗別賦課であったが、荘園によっては段別や人別に徴収されていた例もある。鎌倉時代には口米・員米とともに本来の年貢に付加されたとして徴税された。この時期の大田文には、筵付と筵払が別の付加税として扱われていたことを示すものがあるが、中世後期に入ると両者の区別が曖昧になり、筵払のことを指して筵付とも呼ぶようになった(後世における混同の背景にはこのことが影響している)。また、この時期になると、米などの商業取引の際に手数料として代官などに納める米のことも筵付と呼ばれるようになった。筵付 フレッシュアイペディアより)

  • 租税公課

    租税公課から見た租税租税

    租税公課(そぜいこうか)は、租税及び、公的な負担金である「公課」を総称したものである。類似した概念に「公租公課」があるが、こちらは、租税のうち、法人税等を含まない。租税公課 フレッシュアイペディアより)

  • 日本世直し党

    日本世直し党から見た税制租税

    汚職・政治腐敗打破、行政改革、不公平税制の是正、消費税反対、総理大臣の直接選挙、議員定数削減・医療の無料化、女性の地位向上、グローバリズム、反戦・反核、軍事大国化反対、元慰安婦や樺太残留朝鮮人への国家補償など日本世直し党 フレッシュアイペディアより)

893件中 41 - 50件表示

「税金」のニューストピックワード