1170件中 41 - 50件表示
  • 在日韓国・朝鮮人

    在日韓国・朝鮮人から見た納税租税

    韓国においては、兵役、納税義務などが免除される在外国民に住民登録要件不備を理由に参政権を与えないことの違憲性についての議論が行われてきた。本国参政権のみの獲得を目指す在日以外の在外韓国人社会と違い、在日韓国社会は日本での地方参政権の獲得も目指している。日本国内においては地方参政権獲得の議論が盛んであることに対して、本国参政権についての議論はあまり活発ではなく、欧米の在外韓国人の一部は、本国参政権獲得議論に消極的な在日社会を指して「在日韓国人はどうしてアクションを起こさないのか。民団の消極的姿勢は、参政権付与反対と言っているに等しい」と、非難する声も見られた。在日韓国・朝鮮人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た増税租税

    2010年7月16日 - 同年10月1日から始まるたばこ税の増税により、財務省からたばこ事業法第33条第2項に基づき、たばこ小売定価変更の認可を受ける。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 流通税

    流通税から見た租税租税

    流通税(りゅうつうぜい)とは、資産(財産)の権利移転(所得)に課税される租税のことで、「国税⇒内国税⇒流通税」となる。日本の税制度では、自動車重量税、登録免許税、不動産取得税、印紙税等が流通税に当たる。流通税 フレッシュアイペディアより)

  • 加徴米

    加徴米から見た租税租税

    加徴米(かちょうまい)とは、公領・荘園において、正規の租税である正税官物や年貢のほかに徴収された付加米。平安時代後期にも存在を確認することができ、例えば988年(永延2年)「尾張国郡司百姓等解文 」にも加徴米に関する訴えが含まれている。その内容は多様で一律に論じることは出来ないが、平安時代末期には下司などの荘官得分として反別3升もしくは5升の徴収が認められ、鎌倉時代の地頭得分に継承された。鎌倉幕府は地頭設置時に反別5升の兵粮米徴収を別途認めたが、加徴米の存在が地頭と荘園領主の争いとなるのを避けるために1186年(文治2年)に従来の「加徴加役」を禁じた。だが、実際にはこうしたトラブルは続くことになり、承久の乱後に設置された新補地頭における新補率法導入時に地頭に保証された11町あたり1町の地頭給田を除いた耕地から一律反別5升の徴収が認められる事になった(鎌倉幕府追加法23条)。ただし、従来の加徴課役禁止の観点から1231年(寛喜3年)の追加法において、加徴米は正税官物として徴収された分から抽出されることが定められ、また、これに乗じて本補地頭でも加徴米を徴収する両様兼帯などの例もみられ、幕府は本補地頭に対する加徴米を禁じる命令をたびたび出した。室町時代に入ると、年貢米などの輸送中に予想される損失に対して予め余分に徴収することで損失を農民側に転嫁するための増徴分も加徴米と呼んだ。更に江戸時代には小作料を加徴米とよぶ地域があった。加徴米 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便税切手

    郵便税切手から見た課税租税

    郵便税切手(ゆうびんぜいきって)とは、一定期間に差し出される郵便物を対象に正規の郵便料金とは別に、郵便物自体に課税する際に、その税を徴収するために貼り付けさせる切手である。日本では発行された事はない。郵便税切手 フレッシュアイペディアより)

  • 税務

    税務から見た租税租税

    税務 フレッシュアイペディアより)

  • スミスフィールド・キャトル・ドッグ

    スミスフィールド・キャトル・ドッグから見た租税租税

    スタンピーテイル・スミスフィールド・キャトル・ドッグ(英:Stampy-tail Smithfield Cattle Dog)とは、イギリスのイングランド原産の牧牛犬種である。通常のスミスフィールドの亜種で、それとの違いは尾の長さである。牧牛犬は牧羊犬と違ってあまり走るスピードを必要としないため、かつては長い尾を持たなくてもよいと考えられていた。租税を逃れて牧牛犬であることを証明する必要があったため、尾を短く断尾することが推薦されていた。オールド・イングリッシュ・シープドッグがボブテイルというニックネームを持つのは、このことが関係している。しかし、生後まもなく尾を切ることは残酷であると考えた人物がスミスフィールドの尾が短い個体を集めて選択繁殖し、牧牛犬だが断尾をする必要が無いスタンピーテイル種が作出された。これは尾の長さが非常に短い犬種で、尾の長さは4cm以下と非常に短いが、ふさふさした飾り毛が生えている。中には無尾の個体もいる。本種は断尾された犬に比べて脊髄等の変形症にかかるリスクがある程度軽減されていて、通常のスミスフィールドに負け劣らない牧牛能力を持っていたといわれている。スミスフィールド・キャトル・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 調布

    調布から見た租税租税

    調布(ちょうふ)は、律令制下の租税である租庸調のうち、その土地の特産物を納める「調」として布を納めていたことからついた名。調布 フレッシュアイペディアより)

  • 物納

    物納から見た租税租税

    物納(ぶつのう)とは、租税を貨幣などの金銭ではなく、穀物や布などをもって納入する方法。物納 フレッシュアイペディアより)

  • 前分

    前分から見た租税租税

    前分の性格については大きく2つの考え方があり、徴収に来た役人に対する一種の賄賂とする見方と慣習として本来の租税に付加して徴収が認められていた役人得分であったがその額が重くなったことで社会問題化したとする見方がある。日本の律令法では、唐の律令法が禁じている土毛や供給など形で役人に対する金品贈与や接待が認められていたため、賄賂と合法的な慣習との線引きは曖昧なものであった。前分 フレッシュアイペディアより)

1170件中 41 - 50件表示