893件中 51 - 60件表示
  • 振替価格操作

    振替価格操作から見た税金租税

    振替価格操作(ふりかえかかくそうさ、Transfer Pricing)とは、多国籍企業が行う帳簿上の操作のこと。法律・税金の違う国々に支店、子会社などを持つ多国籍企業は企業内で商品を移動させることにより税金の節約ができるというもの。振替価格操作 フレッシュアイペディアより)

  • 預り金

    預り金から見た税金租税

    営業上預った金銭、給料・賃金・報酬などから天引きした税金(源泉徴収所得税・特別徴収住民税など)や社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料など)が含まれ、原則として1年以内に返却、国・地方公共団体・健康保険組合などに納付することから流動負債として処理される。預り金は、現金として保管されることもあるが通常は当座預金などに預金して保管されることが多い。預り金 フレッシュアイペディアより)

  • 角谷正彦

    角谷正彦から見た租税租税

    備考として、主計局全盛時代の話として、主税局マターである税制策定過程においても、主計局が「財政至上主義」の基本ポリシーを掲げて主導した一例として、当時も主計局が政界工作とコンセプト作りを仕切り、角谷が大型間接税(売上税)導入法案構想に関する中曽根康弘首相の答弁草稿をまとめたとされている。角谷正彦 フレッシュアイペディアより)

  • 久米島紬

    久米島紬から見た税金租税

    沖縄県の三山時代つまり14世紀末頃、久米島の「堂の比屋(堂集落の長)」が明に渡り、養蚕の技術などを学んだ事が始まりと伝わる。1511年、久米島が琉球王国の侵攻を受け服属、税金の7割を紬を貢納布として納めるようになった。1609年、今度は琉球王国が薩摩よりの侵攻を受け服属し、久米島にも1611年頃から新たな税金がかせられ、以前よりさらに重くなった。久米島紬 フレッシュアイペディアより)

  • グトゥカー

    グトゥカーから見た租税

    インドではパーン(キンマの葉に様々な物を包んだもの)と同じように非常に多く消費されており、常用者の身体に口腔癌など深刻な悪影響を及ぼす原因と見られている。高い依存性があり発癌性も指摘されている事から、インドではグトゥカーをめぐって議論が高まっている。そのため、多くの地域では州政府が重い販売を課したり禁止令を出すなどグトゥカーの使用者を減らそうという試みが行われている。グトゥカー フレッシュアイペディアより)

  • アンネリ・ヤーテンマキ

    アンネリ・ヤーテンマキから見た減税租税

    8年間にわたる野党暮らしを経て、2003年の議会選挙で中央党は、かつての最大政党である社会民主党との接戦を制した。このため選挙後、社会民主党及びスウェーデン人民党との組閣交渉が首尾よく捗ると、ヤーテンマキを首班とする内閣が誕生した。ヤーテンマキ内閣は前任の第2次リッポネン内閣の政策を概ね継承した以外に、減税などを盛り込んだ新たな景気刺激策を講じた。アンネリ・ヤーテンマキ フレッシュアイペディアより)

  • セント・マロ

    セント・マロから見た税制租税

    税制、警察は無く、独自のルールを持っていた。セント・マロ フレッシュアイペディアより)

  • 懐古の客

    懐古の客から見た税金租税

    太見の友人。かつて首狩り族だった民族の村に1週間滞在したことで、受験戦争や税金などと関わりのない彼らこそが人間らしい生活をしているのだと感じる。懐古の客 フレッシュアイペディアより)

  • 道府県たばこ税

    道府県たばこ税から見た税金租税

    道府県たばこ税(どうふけんたばこぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、次のとおり課される税金道府県たばこ税 フレッシュアイペディアより)

  • 特別とん税

    特別とん税から見た税金租税

    特別とん税(とくべつとんぜい)は、特別とん税法(昭和32年3月31日法律第38号)に基づいて、地方公共団体に財源を譲与するため、外国貿易船の開港への入港に対して課される日本の税金(間接税)である。目的税の一つで、かつ、港湾施設などの行政サービスを受けること対する応益負担的な税である。特別とん税 フレッシュアイペディアより)

893件中 51 - 60件表示