893件中 61 - 70件表示
  • 特別とん税

    特別とん税から見た間接税租税

    特別とん税(とくべつとんぜい)は、特別とん税法(昭和32年3月31日法律第38号)に基づいて、地方公共団体に財源を譲与するため、外国貿易船の開港への入港に対して課される日本の税金(間接税)である。目的税の一つで、かつ、港湾施設などの行政サービスを受けること対する応益負担的な税である。特別とん税 フレッシュアイペディアより)

  • 営業税

    営業税から見た租税租税

    広義においては、商工業者などの営業に対してかけられた租税を指す。営業税 フレッシュアイペディアより)

  • 冥加

    冥加から見た租税租税

    冥加(みょうが)とは、江戸時代に山野河海などを利用したり、営業などの免許の代償として幕府や藩に対して支払った租税の一種。金銭で支払われることが多かったために、冥加金(みょうがきん)・冥加永(みょうがえい、「永」=永楽通宝)とも呼ばれている。冥加 フレッシュアイペディアより)

  • 税を考える週間

    税を考える週間から見た租税

    税を考える週間(ぜいをかんがえるしゅうかん)とは、日本の国税庁が、毎年11月11日から17日までの期間、国民各層により能動的にの仕組みや目的等を考えてもらい、国の基本となる税に対する理解を一層深めてもらうとともに、税務行政に対する理解及び納税道義の高揚を図ることを目的として行っている広報・広聴週間である。税を考える週間 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和三大馬鹿査定

    昭和三大馬鹿査定から見た減税租税

    民営会社のはずのJRに新幹線の路線延長をさせるためには、運輸族議員と運輸官僚が策定したさまざまな策があった(ひも付き補助金・使途を特定した特別減税措置)。しかしその原資は税金であり、すでに赤字財政に転じていた日本国の財政をさらに悪化させる。田谷主計官はそのような悪循環を今度こそストップさせようと考えていた。族議員たちが田谷に直接面会したとき、田谷主計官は、鼻息荒く予算を迫る政治家に対して、「これではオンブ(=補助金)にダッコ(=特別減税措置)にオシッコ(=赤字)たれ流しだ」と言い放っている。昭和三大馬鹿査定 フレッシュアイペディアより)

  • 地租

    地租から見た租税租税

    地租(ちそ)とは、明治6年(1873年)の地租改正法及び地租改正条例によって制定された土地を対象に賦課された租税のこと。近代日本の国税の中軸を占める存在であったが、昭和22年(1947年)に地方税とされ、昭和25年(1950年)に廃止されて新設の固定資産税に継承された。地租 フレッシュアイペディアより)

  • 朱印地・黒印地

    朱印地・黒印地から見た租税租税

    朱印地・黒印地は寺社の私有地ではなく公領という扱いであるが、領内の租税は免除されており、収益は全て寺社のものとなった。しかし、その土地は最も広い日光東照宮でも1万石、最も狭いものではわずか1石で、朱印地・黒印地からの収益だけで寺社の経営が成り立った例はほとんどなく、多くは自ら開墾した土地、あるいは大名などから寄進された米や金銭で経営を維持していた。朱印地・黒印地 フレッシュアイペディアより)

  • 本途物成

    本途物成から見た租税租税

    本途物成(ほんとものなり)とは近世日本において、土地に賦課された租税のうち、検地によって石高が示された田畑および屋敷地に課税されたもの。江戸幕府や諸藩が賦課した年貢の中でも中心的な地位を占め、本年貢(ほんねんぐ)・取箇(とりか)とも称された。また、単に「本途」「物成」とも呼ばれた。本途物成 フレッシュアイペディアより)

  • ピグー税

    ピグー税から見た税金租税

    ピグー税(ピグーぜい、Pigovian tax)とは、イギリスの経済学者、アーサー・セシル・ピグーが考案した。ピグー的課税などとも呼ばれる。ピグー税 フレッシュアイペディアより)

  • ボーモル・オーツ税

    ボーモル・オーツ税から見た税金租税

    環境税のうちピグー税は、CO2や環境汚染物質などから生じる経済損失(温暖化や公害など)を考慮しないで生産消費活動をしている時、排出者は対策コストを払っていない状態である。外部費用や外部不経済と呼ばれるこのコストを、税金という形で排出者に支払わせることで、このコストを考慮した生産消費活動をさせる(外部不経済の内部化)ことを提案した。ボーモル・オーツ税 フレッシュアイペディアより)

893件中 61 - 70件表示

「税金」のニューストピックワード