1170件中 61 - 70件表示
  • 下行

    下行から見た租税租税

    下行の支給には上位者の恩恵としての性格が強調される一方、租税などの徴収(下位者→上位者)に使われる収納桝とは別に下行に用いるための下行枡が製作され、下行枡の方が容積が小さいという場合も珍しくはなかった。下行 フレッシュアイペディアより)

  • 下行枡

    下行枡から見た租税租税

    支払側の利益的関心から租税などの収納に使われる枡よりも小さいことが多く、そのことによって生じる換算上の増加を延と称し、それによって発生する見かけ上の増量分を交分と呼んだ(異説あり)。下行枡 フレッシュアイペディアより)

  • 通達行政

    通達行政から見た課税租税

    しかし、本来的には法令ではない通達が、命令として下部組織や職員の業務内容を拘束するため、法治行政の原則を否定する危険もあるとして批判されている。また、行政府が実質的な立法機能をはたすことについても議会政治の本来的あり方に反するとして委任立法とともに問題視されている。さらに、通達によって国民生活が何らかの拘束や影響を受けるケース、なかでも実質的に新たな課税をおこなったケースのあったこと(パチンコ球遊器課税事件)は、租税法律主義に反しないかが問題になった。通達行政 フレッシュアイペディアより)

  • 金魚酒

    金魚酒から見た税金租税

    1937年に日中戦争が開戦されると、米不足のため酒の生産量が減少し、酒造所に対しても原料の米配給制度が実施される。さらに1943年の清酒製造業整備要項により全国の半数の酒造所が戦時下の国策として強制的に廃業させられた。これ以前より酒造所は国税庁の厳しい管轄下にあり、造石税は出来上がった酒に加水すればするほど税金が安くなる仕組みであった。原料となる米不足、酒造所の廃業による清酒の生産量低下、そのため酒造所>問屋>小売店>消費者と流通過程で次々と加水された結果、金魚酒と呼ばれるほど薄い酒が出回ってしまった。金魚酒 フレッシュアイペディアより)

  • 侵害行政

    侵害行政から見た租税租税

    行政活動には、給付行政と侵害行政がある。前者の主なものは、許可や認可、侵害行為の取消しおよび撤回であり、後者の主なものとしては禁止や受益的行為の取消しおよび撤回などがある。その例として、課税処分が挙げられ、この場合は市民の財産権が侵害される。侵害行政 フレッシュアイペディアより)

  • 小物成

    小物成から見た租税租税

    小物成(こものなり)とは、江戸時代の日本で高外地に賦課された租税の総称である。いわゆる雑税であり、地域により多様な内容を持つ。また、「年貢諸役」の諸役に該当する。一方、検地を受けて検地帳に登録された高請地に賦課された租税を本途物成(ほんとものなり、本年貢・年貢ともいう)という。小物成 フレッシュアイペディアより)

  • 逃散

    逃散から見た課税租税

    逃散(ちょうさん)とは、日本の中世から近世にかけて行われた農民抵抗の手段、闘争形態である。兆散とも言う。古代の律令時代に本貫から逃れて流浪する逃亡及び律令制解体後に課税に堪えずに単独もしくは数名単位で他の土地に逃れる逃亡・欠落とは区別される。逃散 フレッシュアイペディアより)

  • 破産財団

    破産財団から見た租税租税

    破産手続開始前の原因に基づいて生じた租税等の請求権(第97条第5号に掲げる請求権(劣後的破産債権)を除く。)であって、破産手続開始当時、まだ納期限の到来していないもの又は納期限から一年(その期間中に包括的禁止命令が発せられたことにより国税滞納処分をすることができない期間がある場合には、当該期間を除く。)を経過していないもの(破産法第148条第1項第3号)。破産財団 フレッシュアイペディアより)

  • 特定調停

    特定調停から見た税務租税

    裁判所は、特定調停を行う調停委員会を組織する民事調停委員として、事件の性質に応じて必要な法律、税務、金融、企業の財務、資産の評価等に関する専門的な知識経験を有する者を指定するものとされている(特定調停法8条)。地方裁判所ごとに管内の各種団体から有識者の推薦を受けて民事調停委員が選任されており、事件ごとに調停委員名簿の中から適宜調停委員会を組織する民事調停委員を指定しているようである。特定調停 フレッシュアイペディアより)

  • 財団債権

    財団債権から見た租税租税

    破産手続開始前に生じていた租税のうち、法定の一定限度財団債権 フレッシュアイペディアより)

1170件中 61 - 70件表示

「税金」のニューストピックワード