1170件中 71 - 80件表示
  • 京都府中丹広域振興局

    京都府中丹広域振興局から見た税金租税

    本庁舎は舞鶴市に設置され、それぞれ旧振興局には支所がおかれ、主に府政に関する案内・相談、消防防災、パスポートの発給や府の税金の課税、収納、納税相談、企業誘致など幅広い業務を行っている。京都府中丹広域振興局 フレッシュアイペディアより)

  • 雇用保険事業

    雇用保険事業から見た税金租税

    雇用保険料は、労働者と事業主が双方で負担している。失業等給付においては、労働者と事業主の双方が負担する雇用保険料が使用されるが、失業等給付のうちの求職者給付においては、これに加えて国庫負担金(税金)も使われる(雇用保険法第66条第1項)。雇用保険事業 フレッシュアイペディアより)

  • 郷長

    郷長から見た租税

    里長は郡司の管轄下にあり、の取り立て・出挙の管理などを主な職務としており、当地の有力農民から選ばれ、庸・雑徭を免除された。郷長 フレッシュアイペディアより)

  • 荘務

    荘務から見た徴税租税

    荘務(しょうむ)とは、荘園内部の勧農・検断・徴税など、在地における実際の支配・管理を行うこと、またはその権限を持つ者。荘務に関する権限(すなわち荘園内部における行政・司法権)を荘務権(しょうむけん)と呼ぶ。荘務 フレッシュアイペディアより)

  • 内田保秀

    内田保秀から見た納税租税

    大正5年(1916年)刊の『陰陽八郡一覧』によって、国税二十円以上の納税者をみると、内田保秀 フレッシュアイペディアより)

  • 分散 (破産)

    分散 (破産)から見た租税租税

    その後、債務者の財産は入札・売却などによって換金されて分配されることになるが、質権者などが持つ担保付債権や奉公人の給与、未納の租税や家賃、御用為替は分配に先だって優先的に全額の弁済を受けられた。これを抜取(ぬきとり)と言う。その後、残った代金を債権者間で未回収の債権の比率に応じて分割することになる。その後、債権者は分散の対象になった財産とその処分内容を記した分散割帳(ぶんさんわりちょう)を作成して債務者および地域代表の印を受けた。分散 (破産) フレッシュアイペディアより)

  • 公売

    公売から見た税金租税

    公売(こうばい)とは、滞納税庁が、国税徴収法に基づき、滞納税金の回収のために差し押さえた財産(不動産または動産)を換価するための手続きのこと。公売 フレッシュアイペディアより)

  • 所得再分配調査

    所得再分配調査から見た租税

    所得再分配調査(しょとくさいぶんぱいちょうさ)は、厚生労働省がや社会保障制度による所得再分配の状況を調べるために実施している調査である。1962年度から3年に一度実施されており、2007年11月時点で最新の調査は、2005年7月に実施された2004年中の所得と税、社会保険料負担等に関するものである。所得再分配調査 フレッシュアイペディアより)

  • 国税庁所定分析法

    国税庁所定分析法から見た課税租税

    昭和36年に、国税局や税関、税務署における間接国税課税物件の分析に適用するものとして制定された。国税庁所定分析法 フレッシュアイペディアより)

  • 国税庁所定分析法

    国税庁所定分析法から見た間接税租税

    昭和36年に、国税局や税関、税務署における間接国税課税物件の分析に適用するものとして制定された。国税庁所定分析法 フレッシュアイペディアより)

1170件中 71 - 80件表示