1170件中 81 - 90件表示
  • 租税競争

    租税競争から見た租税租税

    租税競争(そぜいきょうそう)とは、世界の一部の国や地域に見られる租税政策の一つで、自国への投資を促進するため税率をダンピングしたり、ある特定の所得などに対する優遇措置をとること。租税競争 フレッシュアイペディアより)

  • 汚染者負担原則

    汚染者負担原則から見た税金租税

    なお、従来から国や地方自治体が対応してきた下水道処理やゴミ処理などは、国民や地域住民の税金で費用が賄われる、いわゆる「共同負担原則」に基づいて行われてきた。ゴミ有料化を求める根拠として「汚染者負担原則」を唱える場合の「汚染者」には、「生産者」だけではなくゴミを発生する一般市民も含まれることに注意すべきである。汚染者負担原則 フレッシュアイペディアより)

  • データサーブ

    データサーブから見た税金租税

    最初の民生用モデルのD21(1962年)は数カ国に販売され30基余りが生産された。その後D22(1966年)、D220、D23、D5、D15、D16といった名称の数種類の派生モデルが開発された。1960年代にスウェーデン政府が税金の計算をするために20基のコンピュータが必要になったときにサーブ社製とIBM社製のコンピュータを比較評価したところサーブ社製の優位が実証された。後にD5を使用して北欧諸国の銀行向けの最初で最大の端末システムが構築された。このシステムの一部は1980年代遅くまで使用された。データサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 地方税規則

    地方税規則から見た税金租税

    地方税規則(ちほうぜいきそく、明治11年7月22日太政官布告第19号)とは、日本の明治及び大正時代において、府県が徴収できる税金の種目(税目)とその税収によって支払われるべき費目を定めた規則のこと。地方税規則 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田庄作 (実業家)

    岡田庄作 (実業家)から見た納税租税

    岡田 庄作(おかだ しょうさく、明治13年(1880年)10月 ? 没年不明)は、日本の実業家、政治家。元境商工会会頭、岡田汽船・岡田物産・境港合同運送各(株)社長。元ネオセメント・合同汽船各(株)取締。元境町会議員、西伯郡会議員。鳥取県平民。鳥取県多額納税者。海運業。幼名泰助。岡田庄作 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • グリーン・ニューディール

    グリーン・ニューディールから見た租税租税

    『グリーン・ニューディール』(A Green New Deal)は、2008年7月21日にグリーン・ニューディール・グループが発表し、新経済財団(NEF、New Economics Foundation)により出版されている報告書、もしくはその内容に沿った政策の名称である。地球温暖化、世界金融危機、石油資源枯渇に対する一連の政策提言の概要が記されている。報告書は、金融と租税の再構築、および再生可能エネルギー資源に対する積極的な財政出動を提言している。正式名称は『グリーン・ニューディール:信用危機・気候変動・原油価格高騰の3大危機を解決するための政策集』(A Green New Deal: Joined-up policies to solve the triple crunch of the credit crisis, climate change and high oil prices)。グリーン・ニューディール フレッシュアイペディアより)

  • ダーンディー

    ダーンディーから見た税金租税

    かつてマハトマ・ガンディーが塩の行進の目的地に選んだことで、1930年に世界的に有名になった。ガンディーは、塩に掛ける税金に対して抗議するため、いくらかの支持者とともにアフマダーバードからダーンディーに向け行進した。この村がイギリスによるインド支配崩壊が始まった場所ともいえる。ダーンディー フレッシュアイペディアより)

  • 滇紅

    滇紅から見た租税租税

    近代には雲南省からプーアル茶とともに王朝に租税として献納された。滇紅 フレッシュアイペディアより)

  • 名島弘三

    名島弘三から見た納税租税

    大正5年(1916年)刊の『陰陽八郡一覧』によって、国税二十円以上の納税者をみると、名島弘三 フレッシュアイペディアより)

  • 登録コサック

    登録コサックから見た税金租税

    1578年にポーランド・リトアニア共和国の王ステファン・バートリは、長引くリヴォニア戦争の折に、登録コサックを600人まで増加させた。構成員の8割は正教徒のルーシ人の小貴族であった。登録コサックは、一生の軍役と引き換えに、自由権・自治権・土地所有権・行政権・裁判権などが賜れ、すべて税金が免除された。さらに、国からの給料が与えられ、平時における職業と貿易の自由が認められた。登録コサック軍には、トラフテムィーリウ町が下賜され、その町では工廠と病院が置かれた。登録コサックは自らの長官と軍長を全軍の会議で選ぶことが許された。また、軍の宝物として、大砲・標章(戦棍、軍印、軍旗)・ティンパニなどを有していた。登録コサック フレッシュアイペディアより)

1170件中 81 - 90件表示