前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 租税

    租税から見た消費税

    オランダでは16世紀に支配者であるスペインのアルバ総督からすべての商品の販売に対し10%の売上税を課された。この売上税は、今日の消費税のように仕入税額控除が認められていないため税が累積することとなり市場取引を麻痺させた。この圧政が1581年のオランダ独立宣言の一因となった。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た所得税

    一つは、納税者と納税義務者が一致することを想定している直接税である。納税者が、国や地方公共団体に直接納めるもので、所得税、法人税、道府県民税、事業税等がこれに該当する。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たアドルフ・ワーグナー (経済学者)

    能力説:ジョン・スチュアート・ミル、ワグナーが唱えた。租税は国家公共の利益を維持するための義務であり、人々は各人の能力に応じて租税を負担し、それによってその義務を果たすとする。「義務説」とも称される。後述する応能税の理論的根拠といえる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た租税回避地

    節税、脱税のコスト:租税回避地への資金の移動、資金洗浄などにかかる手間や費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た脱税

    節税、脱税のコスト:租税回避地への資金の移動、資金洗浄などにかかる手間や費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たジャン=ジャック・ルソー

    利益説:ロック、ルソー、アダム・スミスが唱えた。国家契約説の視点から、租税は個人が受ける公共サービスに応じて支払う公共サービスの対価であるとする考え方。後述する応益税の理論的根拠といえる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たアダム・スミス

    利益説:ロック、ルソー、アダム・スミスが唱えた。国家契約説の視点から、租税は個人が受ける公共サービスに応じて支払う公共サービスの対価であるとする考え方。後述する応益税の理論的根拠といえる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た消費

    経済への阻害効果:投資意欲の妨害、生産活動・労働意欲の阻害、消費意欲の低下など、経済が本来あるべき姿を歪め、経済全体に悪影響を与える効果租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た相続税

    現代では、相続税における物納などの例外を除き、金銭による納付が原則とされている。金銭による納付のメリットは、納税者を租税としての強制的な労働や収穫物の調達といった煩わしさから解放することにある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た滞納処分

    賦課された租税が滞納された場合、徴収権者は一定の要件により、滞納者の財産を差し押さえ換価するなどの方法により、滞納された租税を強制的に取り立てることができる。詳細は滞納処分を参照のこと。租税 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「税金」のニューストピックワード