前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示
  • 租税

    租税から見た所得税

    税負担の尺度となる課税ベースに着目した分類として、所得課税、消費課税、資産課税等がある。OECD諸国における各国平均の課税割合を右に記す。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た消費税

    税負担の尺度となる課税ベースに着目した分類として、所得課税、消費課税、資産課税等がある。OECD諸国における各国平均の課税割合を右に記す。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た通貨

    租税(そぜい、税(ぜい)、)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用しており、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たジョン・メイナード・ケインズ

    経済への阻害効果 - 投資意欲の妨害、生産活動・労働意欲の阻害、消費意欲の低下など、経済が本来あるべき姿を歪め、経済全体に悪影響を与える効果。ジョン・メイナード・ケインズも述べるように、政府が忘れてはならない事として、重い徴税はビジネスなど経済活動を完全に止めてしまうのであり、極端に高い税率ではなく中等の税率こそが政府にとっての最大の税収になる。特に、国富が著しく喪失して景気が悪化している状況での増税による緊縮財政は極めて有害な政策である。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たカール・マルクス

    カール・マルクスは共産主義の到来の後に課税は不必要になることを推量し、そして「」を期待する。中国におけることのような社会主義経済では、大部分の政府の歳入は企業の所有権からの運用だったので、課税は重要でない役割を果たした。そして或る人々によってそれは金銭による課税は必要でなかったことを議論された。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たリチャード・マスグレイブ

    租税制度に関する一般的な基本原則として、アダム・スミスの4原則やワグナーの4大原則・9原則、マスグレイブの7条件などの租税原則が知られており、それらの理念は「公平・中立・簡素」の3点に集約できる。それらはトレードオフの関係に立つ場合もあり同時に満たされるものではなく、公正で偏りのない税体系を実現することは必ずしも容易ではない。種々の税目を適切に組み合わせて制度設計を行う必要がある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たアドルフ・ワーグナー (経済学者)

    租税制度に関する一般的な基本原則として、アダム・スミスの4原則やワグナーの4大原則・9原則、マスグレイブの7条件などの租税原則が知られており、それらの理念は「公平・中立・簡素」の3点に集約できる。それらはトレードオフの関係に立つ場合もあり同時に満たされるものではなく、公正で偏りのない税体系を実現することは必ずしも容易ではない。種々の税目を適切に組み合わせて制度設計を行う必要がある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た竹下登

    政府が「お金」の価値を保証することと租税の制度を存続させることとは表裏一体で、日本においては、明治時代の紙幣・債権経済への移行期に地租改正を行い通貨による納税制度を取り入れている。政府が「お金」の価値を保証することは、近世社会以降において治安と並んで国家的機能の重要な働きの1つで、国内的なあらゆる取引における一定の価値および安全性を保証するものである。なお、何よりもまず念頭におかなければならないのは、「税制改革」が法改正であるという事実であり、日本では、昭和63(1988)年、竹下登内閣の元、賛否両論を抱えたまま消費税を3%とする「税制改革法」が採決・施行され、同法に基づき平成元(1989)年に消費税法が施行された。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た公立学校

    租税選択は納税者が、彼らの各々の租税を割り当てる方法をもって、よりコントロールするであろうことの理論である。もし納税者らが彼らの租税を受け取る政府の仕組みを選択できるならば、機会費用の決定は彼らのを寄せ集める。例えば、彼の租税を公立学校においてより割り当てる納税者は公費負担医療においてより少なく割り当てるかもしれない。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た公共事業

    原始には、神に奉じた物を再分配する、という形を取っていたとされている。社会的分業によって私的耕作や家内工業の発展とともに集団の中で支配者と被支配者が生じ、支配者は被支配者から財産の一部を得るようになった。これには、被支配者が支配者に差し出す犠牲的貢納と支配者が被支配者から徴収する命令的賦課があった。古代の税としては、物納と賦役が主に用いられた。物納は農村においては穀物を主とする収穫が主であり、それに古代においては貴重品であった布や、その地方の特産品を特別に納付させることも行われた。賦役は税として被支配者に課せられる労役のことであり、土木工事などの公共事業や、領主支配地における耕作など様々な形態を取った。租税 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示

「税金」のニューストピックワード