107件中 21 - 30件表示
  • 租税

    租税から見たマグナ・カルタ

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た強制労働

    古代インドのマウリヤ朝では、農民に対し収穫高の四分の一程度を賦課し、強制労働も行われていた。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た源泉徴収

    また、納税義務者の実感は上述の説明と往々にして異なる。所得税は直接税であるはずなのだが、給与所得者(サラリーマン)の場合、勤務先企業が源泉徴収して国へ納入する仕組みが取られているため、給与所得者自らが納税義務者であるという感覚は薄い。逆に消費税は間接税なのだが、日々の買い物で消費税額を常に意識せざるを得ず、自らが納税義務者であるかのように感じられる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た租税法律主義

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た地方公共団体

    租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、公共部門(国や地方公共団体など)が人間及び商売、財産、所得、商品、取引等から徴収する金銭その他の財貨・サービスである。現代社会においては、ほとんどの国の政府が「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれることが多い。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た国税

    租税は課税権者に応じて2つの種類に分けることが出来る。一つは、国税であり、もう一つは地方税である。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たイギリス

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た地方税

    租税は課税権者に応じて2つの種類に分けることが出来る。一つは、国税であり、もう一つは地方税である。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た

    租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、公共部門(や地方公共団体など)が人間及び商売、財産、所得、商品、取引等から徴収する金銭その他の財貨・サービスである。現代社会においては、ほとんどの国の政府が「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれることが多い。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た金銭

    租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、公共部門(国や地方公共団体など)が人間及び商売、財産、所得、商品、取引等から徴収する金銭その他の財貨・サービスである。現代社会においては、ほとんどの国の政府が「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれることが多い。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 21 - 30件表示

「税金」のニューストピックワード