107件中 31 - 40件表示
  • 租税

    租税から見たコサック

    ロシアのロマノフ朝の重税に苦しむ農民は逃亡後、コサックという集団を形成し反乱を起こした。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た福祉国家

    所得の再分配機能:自由(私的財産権の保護)と平等(生存権の保障)は、究極的には矛盾する考え方であるが、今日の多くの国では、いわゆる福祉国家の理念のもと、国家が一定程度私的財産に干渉することもやむを得ないことと考えられている。このような考え方に基づいて持てる者から持たざる者に富を再分配する機能租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た日本国憲法第84条

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た水利地益税

    目的税としては、国税では地方道路税や電源開発促進税がこれに該当し、地方税では水利地益税や国民健康保険税などがこれに該当する。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た政府

    租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、公共部門(国や地方公共団体など)が人間及び商売、財産、所得、商品、取引等から徴収する金銭その他の財貨・サービスである。現代社会においては、ほとんどの国の政府が「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれることが多い。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た民主国家

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た投資

    経済への阻害効果:投資意欲の妨害、生産活動・労働意欲の阻害、消費意欲の低下など、経済が本来あるべき姿を歪め、経済全体に悪影響を与える効果租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た特別徴収

    賦課された租税を徴収(納税)する方法として、普通徴収、特別徴収、源泉徴収などの方法がある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た物納

    現代では、相続税における物納などの例外を除き、金銭による納付が原則とされている。金銭による納付のメリットは、納税者を租税としての強制的な労働や収穫物の調達といった煩わしさから解放することにある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た

    古代中国のの主要財源は、算賦(人頭税及び財産税)、田租、徭役(労働の提供)であった。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「税金」のニューストピックワード