107件中 41 - 50件表示
  • 租税

    租税から見たサラリーマン

    また、納税義務者の実感は上述の説明と往々にして異なる。所得税は直接税であるはずなのだが、給与所得者(サラリーマン)の場合、勤務先企業が源泉徴収して国へ納入する仕組みが取られているため、給与所得者自らが納税義務者であるという感覚は薄い。逆に消費税は間接税なのだが、日々の買い物で消費税額を常に意識せざるを得ず、自らが納税義務者であるかのように感じられる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た資金洗浄

    節税、脱税のコスト:租税回避地への資金の移動、資金洗浄などにかかる手間や費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た富の再分配

    所得の再分配機能:自由(私的財産権の保護)と平等(生存権の保障)は、究極的には矛盾する考え方であるが、今日の多くの国では、いわゆる福祉国家の理念のもと、国家が一定程度私的財産に干渉することもやむを得ないことと考えられている。このような考え方に基づいて持てる者から持たざる者に富を再分配する機能租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た公権力

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た古代エジプト

    古代エジプトのパピルス文書に当時の農民に対する厳しい搾取と免税特権をもつ神官・書記に関する記述がある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たビルト・イン・スタビライザー

    景気の調整機能:自由主義経済体制における特殊な調整機能。景気の循環は不可避のものとされるが、景気の加熱期には増税を行うことにより余剰資金を減らし投資の抑制を図る。逆に後退期には減税を行うことにより余剰資金を増やし投資の活性化を行う。これにより、ある程度景気を調節することが可能であるとされる。現代の租税制度は累進課税を採用している租税が国等の主要な財源を占めているため、所得の変動に応じた税率の変動により、景気が自動的に調整されるという効果を有する。この効果は「自動景気調整機能(ビルト・イン・スタビライザー)」と称される。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た領収書

    税金を払うためのコスト:領収書などの必要な書類の保管、税制や納税の方法の学習、確定申告・源泉徴収・帳簿の作成・提出等にかかる手間や時間、人件費などの費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た古代ローマ帝国

    古代ローマ帝国のブルートゥスは属州の長官に赴任したとき、住民に10年分の税の前払いを要求した。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たアンシャン・レジーム

    フランスのアンシャン・レジームの下では、3つの身分のうち、第1身分の聖職者と第2身分の貴族は免税の特権を持っていた。この特権を巡る抗争が1789年のフランス革命に繋がっていく。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た

    では当初均田制に基づく租・庸・調の税制を採用したが、農民の逃亡が相次いだため、荘園に課税する両税法が導入された。また、塩の市場価格の10倍もの間接税を課した。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 41 - 50件表示

「税金」のニューストピックワード

  • ドラゴンキャバリア −最後の騎士団−

  • HIT 〜Heroes of Incredible Tales〜

  • ディバインゲート