107件中 51 - 60件表示
  • 租税

    租税から見た法律

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た増税問題

    税金を賦課することを課税(かぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、それらについての事務などを税務(ぜいむ)という。税制(ぜいせい)は租税制度を指す用語であり、租税徴収を減額することを減税(げんぜい)、増額することを増税(ぞうぜい)という。(昨今の消費税増税問題にあたっては「増税問題」を参照。)租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た社会契約

    利益説:ロック、ルソー、アダム・スミスが唱えた。国家契約説の視点から、租税は個人が受ける公共サービスに応じて支払う公共サービスの対価であるとする考え方。後述する応益税の理論的根拠といえる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た清教徒革命

    イングランドでは王に議会の同意がなければ課税を行わないことを求めたが無視されたため、1642年にピューリタン(清教徒)革命が起こった。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たパピルス

    古代エジプトのパピルス文書に当時の農民に対する厳しい搾取と免税特権をもつ神官・書記に関する記述がある。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た差し押さえ

    施行や裁判のコスト:税金滞納の通知や監査、裁判、税金滞納に対する差し押さえなどにかかる手間や費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た市場の失敗

    公共サービスの費用調達機能:「市場の失敗」という言葉に象徴される市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達するための機能租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たアメリカ独立宣言

    イギリスが植民地戦争の戦費調達のため1765年の印紙法により植民地に重税を課したことが1776年のアメリカ独立宣言の一因となった。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た租税公平主義

    租税公平主義というのは、租税は各人の担税力(租税負担能力)に応じて公平に配分されるべきであり、租税に関して全ての国民は平等に扱われるべきだという原則である。この原則は、日本国憲法第14条第1項が定める平等原則が、租税の分野に適用されたものである。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た万里の長城

    歴史的には、労働、兵役やその地方の特産物等による納税が行われた時代があった。例えば万里の長城など歴史的な建造物の多くは、強制的な労働力の徴発より作られたものと考えられる。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 51 - 60件表示

「税金」のニューストピックワード

  • 人手不足の中、労働力が広がるのはプラスだ