107件中 61 - 70件表示
  • 租税

    租税から見た君主

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たドイツ

    ドイツでは1524年に、賦役や貢納の義務の軽減などを求めて農民の反乱が起こった。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たインド

    古代インドのマウリヤ朝では、農民に対し収穫高の四分の一程度を賦課し、強制労働も行われていた。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た荘園

    唐では当初均田制に基づく租・庸・調の税制を採用したが、農民の逃亡が相次いだため、荘園に課税する両税法が導入された。また、塩の市場価格の10倍もの間接税を課した。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た議会

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た節税

    節税、脱税のコスト:租税回避地への資金の移動、資金洗浄などにかかる手間や費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た均田制

    唐では当初均田制に基づく租・庸・調の税制を採用したが、農民の逃亡が相次いだため、荘園に課税する両税法が導入された。また、塩の市場価格の10倍もの間接税を課した。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た附帯税

    国税については、所得税、法人税などの本税と、これらの本税が、期限内に納付されなかったり、申告が偽りに基づいていた場合などに課される附帯税とに区分できる。なお、印紙税の不納付については、附帯税ではなく、過怠税が課される。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た植民地

    イギリスが植民地戦争の戦費調達のため1765年の印紙法により植民地に重税を課したことが1776年のアメリカ独立宣言の一因となった。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た普通徴収

    賦課された租税を徴収(納税)する方法として、普通徴収、特別徴収、源泉徴収などの方法がある。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「税金」のニューストピックワード