107件中 71 - 80件表示
  • 租税

    租税から見た経済

    経済への阻害効果:投資意欲の妨害、生産活動・労働意欲の阻害、消費意欲の低下など、経済が本来あるべき姿を歪め、経済全体に悪影響を与える効果租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たフランス

    フランスのアンシャン・レジームの下では、3つの身分のうち、第1身分の聖職者と第2身分の貴族は免税の特権を持っていた。この特権を巡る抗争が1789年のフランス革命に繋がっていく。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た帳簿

    税金を払うためのコスト:領収書などの必要な書類の保管、税制や納税の方法の学習、確定申告・源泉徴収・帳簿の作成・提出等にかかる手間や時間、人件費などの費用。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た兵役

    歴史的には、労働、兵役やその地方の特産物等による納税が行われた時代があった。例えば万里の長城など歴史的な建造物の多くは、強制的な労働力の徴発より作られたものと考えられる。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た属州総督

    古代ローマ帝国のブルートゥスは属州の長官に赴任したとき、住民に10年分の税の前払いを要求した。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た

    唐では当初均田制に基づく租・庸・調の税制を採用したが、農民の逃亡が相次いだため、荘園に課税する両税法が導入された。また、の市場価格の10倍もの間接税を課した。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たロマノフ朝

    ロシアのロマノフ朝の重税に苦しむ農民は逃亡後、コサックという集団を形成し反乱を起こした。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た義務

    日本国憲法第30条では、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う。」と納税の義務について規定している。同条は国民に納税の義務を課したものとして国家による徴税の根拠となっている。もっとも、この憲法は国家の義務を定めたものであり、国民の義務を定めたと解釈するのは誤りであるとする向きもある。同条は国民が法律に基づかなければ課税されないという権利を定めたとみることも出来る。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見たマウリヤ朝

    古代インドのマウリヤ朝では、農民に対し収穫高の四分の一程度を賦課し、強制労働も行われていた。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た国家

    租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタである。近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長し、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていた。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていた。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれた。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされており、日本国憲法では第84条がこれを定めている。租税 フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「税金」のニューストピックワード