287件中 11 - 20件表示
  • 男と女2

    男と女2から見た稲垣潤一稲垣潤一

    『男と女2 -TWO HEARTS TWO VOICES-』(おとことおんな ツー)は、2009年10月28日リリースの稲垣潤一のアルバムである(CD: UICZ-4214)。男と女2 フレッシュアイペディアより)

  • 悲しみがとまらない

    悲しみがとまらないから見た稲垣潤一稲垣潤一

    奇しくも、リリースからちょうど25年に当たる2008年11月5日には、稲垣潤一&小柳ゆきのデュエットによるカヴァーシングルがリリースされた(後述)。悲しみがとまらない フレッシュアイペディアより)

  • 植田博之

    植田博之から見た稲垣潤一稲垣潤一

    大阪府東大阪市で生まれ、八尾市で育つ。 1990年に本間昭光らと共に上京。同年、パイオニアLDCと契約。E-ZEE BANDのメンバーとして活動する。1991年、ハーフトーンミュージックに移籍。スタジオミュージシャンとしてキャリアをスタート。1998年、フリーランスとなる。以降、Do As Infinity、Skoop On Somebody、平井堅、CHAKA、馬場俊英、稲垣潤一、DA PUMP、福山雅治、D-51、フィリップ・ベイリー、原田知世、他多数の有名アーティストのレコーディングやライブにサポートミュージシャンとして参加している。植田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐未森

    遊佐未森から見た稲垣潤一稲垣潤一

    2005年より、さとう宗幸、稲垣潤一、中村雅俊、かの香織、山寺宏一、小川もこら、宮城県出身のアーティストと共に「みやぎびっきの会」を結成し、年1回ほど宮城県で合同のコンサートを行っている。遊佐未森 フレッシュアイペディアより)

  • 安部恭弘

    安部恭弘から見た稲垣潤一稲垣潤一

    大学卒業後、大手ゼネコンに就職するが、音楽が忘れられず意を決して退職。しばらくの間はディレクターやスタジオミュージシャンとして、スタジオレコーディングを手掛けたり、他アーティストのライブにコーラスとして参加しつつ、クリスタルキング、大橋純子、竹内まりや、稲垣潤一等への作曲提供をしていた。安部恭弘 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本美貴

    藤本美貴から見た稲垣潤一稲垣潤一

    歌手としては、稲垣潤一のカバーアルバム「男と女3」(2010年9月28日リリース)で、「また君に恋してる」を稲垣とデュエット。2011年4月からは、ドリームモーニング娘。のメンバーとして、『ドリーム モーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞〜卒業生 DE 再結成〜』 やイベント・音楽番組で歌手活動を本格的に再開。同年9月に第1子の妊娠(前述)が判明してからは、音楽番組やコンサートへの出演を控えていたが、ドリーム モーニング娘。初のオリジナル曲「シャイニング バタフライ」(2012年2月15日発売)のCD・DVD・ミュージックビデオに登場。2013年3月24日には、結婚後初めて「藤本美貴」名義でのソロコンサートを開催した(前述)。藤本美貴 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元康

    秋元康から見た稲垣潤一稲垣潤一

    その後、放送作家業に物足りなさを感じていたこと、放送作家という職業の将来性に不安を感じていたところ、亀渕からPMP(後のフジパシフィックミュージック)の朝妻一郎を紹介され、それを機に作詞を手掛けるようになる。その経緯より、作詞家としてはフジパシフィックと契約している。1981年、フジテレビ系で放送されたアニメ『とんでも戦士ムテキング』の挿入歌「タコローダンシング」(歌・大杉久美子、1981年1月25日発売のLP『とんでも戦士ムテキング ムテキングとんでもジョッキー』収録)で初めて作詞家としてクレジットされる。アーティストに初めて提供した作品は、Alfeeのシングルレコード「通り雨」(1981年10月21日発売)のB面「言葉にしたくない天気」である。これ以降、作詞家としても活動開始。1982年の稲垣潤一「ドラマティック・レイン」、1983年には長渕剛「GOOD-BYE青春」で作詞家としての知名度を得る。秋元康 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野目 洋子

    荻野目洋子から見た稲垣潤一稲垣潤一

    男と女3(稲垣潤一、2010年9月29日)…「異邦人(duet with 荻野目洋子) 」荻野目洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 井上鑑

    井上鑑から見た稲垣潤一稲垣潤一

    1982年にデビューアルバム『予言者の夢(PROPHETIC DREAM)』を発表し、以降、13枚のオリジナルアルバムを発表。1980年代、在籍していた東芝EMIの「ニューウェーブ4人衆」(稲垣潤一、安部恭弘、鈴木雄大、井上鑑)の一角として注目を浴びた。井上鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 崎谷健次郎

    崎谷健次郎から見た稲垣潤一稲垣潤一

    5月、作曲家としてデビュー。最初の提供曲は稲垣潤一 「the Rule Of Love」である。提供する際のデモテープは、多重録音を施したほぼ完パケ(完全パッケージ)に仕上げており、早い時期からシンクラヴィアを導入してファンク・ロックシーンに衝撃を与えていることと共に、当初から音楽関係者にその制作才能を注目された。その後、高橋真梨子、永井龍雲などのメジャーレコード・シンガーへの楽曲提供が続く。崎谷健次郎 フレッシュアイペディアより)

287件中 11 - 20件表示

「稲垣潤一」のニューストピックワード