前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た稲垣吾郎

    「不祥事により謹慎していた稲垣吾郎が、ついに番組に帰って来る」というドラマ仕立てコント(実際の復帰はその後)が放送され、ラストに登場したのが稲垣吾郎ではなく、「クリスマスキャロルの頃には」を歌いながら稲垣潤一が登場するというオチであった。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た関西テレビ放送

    SMAP×SMAP(2001年12月、関西テレビ・フジテレビ)稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見たWOWOW

    ※1991年11月19日、コンサートツアー「WILL」(in 日本武道館)が衛星放送(WOWOW)で生放送された。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見たクラシエホールディングス

    「思い出のビーチクラブ」(1987年のカナダドライ・ジンジャーエールCMソング)、「セブンティ・カラーズ・ガール」(1989年初春のカネボウ化粧品CMソング)、「APRIL」(1986年三洋電機)などのCMソングも多数。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た三洋電機

    「思い出のビーチクラブ」(1987年のカナダドライ・ジンジャーエールCMソング)、「セブンティ・カラーズ・ガール」(1989年初春のカネボウ化粧品CMソング)、「APRIL」(1986年三洋電機)などのCMソングも多数。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た仙台市

    宮城県仙台市宮城野区出身。仙台市立東華中学校を経て宮城県工業高等学校卒業。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た2009年

    既婚だが、最初の妻とは死別している。2009年(平成21年)一般女性と再婚。同年3月14日内輪のみパーティーを済ませ、挙式も済ませている。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た長谷川杏里

    2006年(平成18年)には声優・長谷川杏里のデビューシングル「フラグメンツ・ブルー」の作曲を担当した。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見たフジパシフィック音楽出版

    デビュー当初は、東芝EMIとの契約だったが、後にファンハウス(現:アリオラジャパン)に移籍し、ファンハウスを傘下にする前のBMGビクター・BMGジャパンを、さらにテイチク傘下のコンチネンタル・レーベルを経て、やはりテイチクエンタテインメント傘下のインペリアルレコードに所属。2007年より、ユニバーサルミュージック・USM Japan(現:ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン)レーベルに移籍。なお、BMG(air Records)時代のものを除き、Imperial Records時代までの楽曲の原盤権はフジパシフィック音楽出版が管理しており、2008年(平成20年)にUSM JAPANレーベルからファンハウス以前のアルバムが再発された際には、フジパシフィック音楽出版のライセンシーによりリリースされている。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣潤一

    稲垣潤一から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    稲垣の地元、仙台市を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスのファンクラブ名誉会員(会員No.11)であり、2007年(平成19年)3月31日フルキャストスタジアム開幕戦(日本ハム戦)で国歌独唱を行った。稲垣潤一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「稲垣潤一」のニューストピックワード