364件中 31 - 40件表示
  • オリオンビール

    オリオンビールから見た名護市名護市

    2005年(平成17年)度の売上構成はビール・発泡酒類99%、清涼飲料水1%となっている。沖縄本島北部の名護市に唯一の生産工場を持ち、そのため「名護ぬ水小(なごぬみじぐぁー)=名護の水」とよばれている。沖縄県では大手の企業であるため、文化事業(各種イベント)等の協賛にも寄与している。沖縄県のイベントのほとんどに協賛しており、オリオンなくしてイベントは成り立たないといわれている。また、これらのイベントがアーティストの発掘や育成につながっており、文化創造に大きな役割を果たしている。最大のイベントはオリオン・ビアフェスト(ビアフェスト)である。オリオンビール フレッシュアイペディアより)

  • 枚方市

    枚方市から見た名護市名護市

    1997年(平成9年) 名護市(沖縄県)友好都市提携。エフエムひらかた開局。枚方市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の離島架橋

    日本の離島架橋から見た名護市名護市

    沖縄本島の北西部と本部町に属する瀬底島は瀬底大橋で結ばれている。同じ北西部にある名護市に属する屋我地島東部と奥武島 (沖縄県名護市)が屋我地大橋で結ばれており、奥武島と名護市真喜屋の沖縄本島が奥武橋で結ばれている。また、2010年12月に屋我地島西部と今帰仁村運天側との間はワルミ大橋で結ばれている。さらに屋我地島北部にある今帰仁村に属する古宇利島が古宇利大橋(2005年開通)で結ばれている。つまり、古宇利島の今帰仁村民は、村内を移動するために名護市を経由しなければならないため不便があった(詳しくは古宇利大橋の記事を参考にされたい)。伊江村に属する伊江島と本島を架橋する構想があるが着工は未定である。そのほかにも北部地区には宮城島と沖縄島を結ぶ宮城橋と塩屋大橋がある。日本の離島架橋 フレッシュアイペディアより)

  • 国道58号

    国道58号から見た名護市名護市

    主な経由地:西之表市、奄美市、名護市、嘉手納町、宜野湾市、浦添市国道58号 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球新報

    琉球新報から見た名護市名護市

    1984年3月1日 - 名護市に北部本社を開設。これにより今まで不可能だった伊江島、宮古諸島、八重山、久米島など離島での夕刊の即日配達を可能にした。琉球新報 フレッシュアイペディアより)

  • 国頭村

    国頭村から見た名護市名護市

    沖縄本島最北端の自治体でもあり、名護市から北に30km程離れた位置にある。また、村域の95%が森林で、貴重なヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなどの動物が生息している。しかし人為的に移入されたノネコやジャワマングースによってヤンバルクイナなどが捕食および生息数の減少が問題となっている。国頭村 フレッシュアイペディアより)

  • 名護市営市場

    名護市営市場から見た名護市名護市

    名護市営市場(なごしえいいちば)は、沖縄県名護市にある市営市場。地元で取れた青果物や名護港で水揚げされた魚介類などが販売されている。名護市営市場 フレッシュアイペディアより)

  • 我部祖河食堂

    我部祖河食堂から見た名護市名護市

    我部祖河食堂(がぶそかしょくどう)は沖縄そばを提供する飲食店。「本家ソーキそば」を名乗っている。本店は名護市我部祖河にあり、現在はチェーン展開で沖縄県内各地に支店がある。(2010年現在で10店舗)我部祖河食堂 フレッシュアイペディアより)

  • ブセナ海中公園

    ブセナ海中公園から見た名護市名護市

    ブセナ海中公園(ブセナかいちゅうこうえん)は沖縄県名護市の部瀬名岬にある海中公園。沖縄観光開発事業団(現・沖縄観光コンベンションビューロー)により建設され、本土復帰以前の1970年にオープンした。海中公園がある岬の先端と西岸はブセナリゾートとして整備されている。ブセナ海中公園 フレッシュアイペディアより)

  • 琉米親善

    琉米親善から見た名護市名護市

    米国民政府の文化施設で、名護市・石川市(現うるま市)・那覇市・平良市(現宮古島市)・石垣市・名瀬市(現鹿児島県奄美市)に設置された。アメリカ型の文化施設で、図書室・ホール・集会室が完備されていた。復帰時に日本政府に買い上げられて、各自治体に無償譲渡された。琉米親善 フレッシュアイペディアより)

364件中 31 - 40件表示

「稲嶺進」のニューストピックワード