92件中 41 - 50件表示
  • 名誉フェロー

    名誉フェローから見た稲盛和夫稲盛和夫

    イギリスのロンドン大学、日本の京都大学、同志社大学に名誉フェローの称号が定められている。特に京都大学では2013年4月15日、かつて客員研究員として同大学東南アジア研究センターに在籍していたことのあるミャンマーの国会議員アウンサンスーチーの来日時に、当初名誉博士号の授与が検討されたが、スーチーの京都大学の教育や研究への貢献が少ないとして、代わりに名誉フェローの称号を新設し、同大学第1号となる名誉フェローの称号を贈呈しているほか、同年8月28日には京セラ創業者の稲盛和夫と任天堂相談役の山内溥に同称号を贈っている。名誉フェロー フレッシュアイペディアより)

  • 京セラドキュメントソリューションズ

    京セラドキュメントソリューションズから見た稲盛和夫稲盛和夫

    1999年1月16日、三田出版会の版権を京セラ会長稲盛和夫氏と関係の深かった出版文化社へ譲渡した。京セラドキュメントソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 超越瞑想

    超越瞑想から見た稲盛和夫稲盛和夫

    日本には1970年代に伝えられ、アメリカのニューソート の影響を受けた稲盛和夫率いる京セラで、効率アップやメンタルヘルス対策に管理職中心に導入され、京セラで実績を積んだ後、トヨタ自動車、住友重機械工業、NECと法人顧客を拡大した。超越瞑想実践者の藤井義彦によれば、これまでに日本でも100以上の企業がメンタルヘルスの一環として超越瞑想を導入しているという。日本では、バブル崩壊や、超越瞑想と同じく瞑想、ヨガ、空中浮揚を行ったオウム真理教による一連の事件の影響で、企業の瞑想研修は下火になった。超越瞑想 フレッシュアイペディアより)

  • 木下唯志

    木下唯志から見た稲盛和夫稲盛和夫

    木下 唯志(きのした ただし、1950年2月25日 - )は、木下大サーカス4代目社長。岡山県出身。明治大学卒業。好物は、おくら、こんぶ、山芋、カレー。尊敬する人物は稲盛和夫木下唯志 フレッシュアイペディアより)

  • 梅原猛

    梅原猛から見た稲盛和夫稲盛和夫

    稲盛和夫)『「哲学」への回帰』(PHP研究所)梅原猛 フレッシュアイペディアより)

  • 二之湯武史

    二之湯武史から見た稲盛和夫稲盛和夫

    2003年 - 稲盛和夫が設立した、稲盛財団のイナモリ・フェロー第1期生に選出。アメリカのシンクタンク、「戦略国際問題研究所(CSIS)」で研修。二之湯武史 フレッシュアイペディアより)

  • 千本倖生

    千本倖生から見た稲盛和夫稲盛和夫

    電電公社近畿電気通信局部長(当時42歳)時代に自社・電電公社の通信独占状態に異議を唱え同社を退社。大阪のコーヒーバーで電電公社に対抗する新しい通信事業会社の構想を京セラ社長(当時)の稲盛和夫に説き、1984年に稲盛と共同で第二電電株式会社(DDI、現在のKDDI)を創業し専務に就任した。DDIでは通信自由化により専用線事業、市外電話事業を興し、続いて携帯電話事業(DDIセルラー、現在のau)、PHS事業(DDIポケット、ウィルコム→イー・アクセスへの吸収を経てワイモバイルへ。現在はソフトバンクに吸収)を立ち上げ軌道に乗せ、1994年にDDI副社長 兼 DDI東京ポケット電話社長に昇格した。しかしDDIが成長するに従い、周囲に「壁のようなもの」ができたように感じるようになり同社を自主退社した(解任されたとの報道もある)。千本倖生 フレッシュアイペディアより)

  • サンデープロジェクト

    サンデープロジェクトから見た稲盛和夫稲盛和夫

    レギュラー・コメンテーターを含む経済分野の評論家は、フジテレビの『報道2001』やテレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』の出演者と重複することが多く、島田晴雄・竹中平蔵・森永卓郎などのいわゆるタレント・エコノミスト、牛尾治朗や稲盛和夫などのタレント財界人を輩出し、牛尾や竹中が政府中枢に食い込む踏み台のひとつとなった。サンデープロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 禹長春

    禹長春から見た稲盛和夫稲盛和夫

    。禹には6人の子供がおり、うち四女・朝子は京セラ創業者・稲盛和夫に嫁いでいる。禹長春 フレッシュアイペディアより)

  • PHP新書

    PHP新書から見た稲盛和夫稲盛和夫

    日本の社会戦略(稲盛和夫、堺屋太一)PHP新書 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「稲盛和夫」のニューストピックワード