92件中 51 - 60件表示
  • 名誉博士

    名誉博士から見た稲盛和夫稲盛和夫

    京都大学では主に外国人研究者に名誉博士号を贈呈している一方、私立大学では国内外の政財界はじめ著名な人物に贈ることが多く、慶應義塾大学ではフランス大統領のジャック・シラクやブータン国王のジグミ・ケサル・ナムギャル・ワンチュクなど国家元首や政治家、研究者などに広く贈呈しており、早稲田大学などでも日本の内閣総理大臣石橋湛山(卒業生でもある)や米国副大統領のアル・ゴア、画家の平山郁夫、ソニー名誉会長で同大学校友の井深大やトヨタの豊田章一郎らに贈っている。また国公立大学でも鹿児島大学、九州大学、京都工芸繊維大学では、実業家の稲盛和夫に名誉博士号を授与している。2013年11月7日にはフランス料理人の三國清三が、フランスのトゥール大学より、「美食学」の名誉博士号を、2015年7月にはハイヒールのハイヒール・リンゴが大阪学院大学から経済学の名誉博士号を、それぞれ受けている。名誉博士 フレッシュアイペディアより)

  • 大原達朗

    大原達朗から見た稲盛和夫稲盛和夫

    経営者として尊敬する人物は、大前研一、稲盛和夫、千本倖生。大前研一に出会ったのは2001年、大原が27歳のとき。「私は当時監査法人に勤めていて、お客さまの八王子支店で仕事をした帰りでした。駅の本屋で大前さんの『新・資本論』を買った」のがきっかけ。公認会計士の業界が大きく変わっていく中での危機感からBBT一期生になる。大原達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た稲盛和夫稲盛和夫

    『21世紀 日米共生の時代 グローバル時代の国家と経済の役割』(PHP研究所、1998年)稲盛和夫と1、日米21世紀委員会2堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 小山鹿梨子

    小山鹿梨子から見た稲盛和夫稲盛和夫

    まんがでわかる稲盛和夫フィロソフィ(宝島社、稲盛和夫 監修、全1巻)小山鹿梨子 フレッシュアイペディアより)

  • マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー

    マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから見た稲盛和夫稲盛和夫

    日本では、超越瞑想は自己啓発のはしりのような意味を持ち、1980年代中頃にはサラリーマンを中心としたストレス解消法として広められ、企業の福利厚生としても取り上げられた。労働省産業医学総合研究所の研究(衛生学学会1987原谷隆史/古川千勝)などがきっかけになり、ソニー、京セラなどが企業導入したが、その背景には、井深大、稲盛和夫などのトップの影響があった。日本の企業による瞑想研修は海外にも影響し、IBM、ゼネラルモーターズなどの大企業も研修として採用したが、バブル崩壊や、超越瞑想と同じく瞑想、ヨガ、空中浮揚を行ったオウム真理教による一連の事件の影響で、その後、瞑想研修は下火になっていった。マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー フレッシュアイペディアより)

  • PwC京都監査法人

    PwC京都監査法人から見た稲盛和夫稲盛和夫

    みすず監査法人解散の際、東京事務所は大部分が新日本監査法人へ、大阪・広島・福岡事務所は監査法人トーマツへ、名古屋事務所はあずさ監査法人へそれぞれ移管された。一方、京都事務所は当初こそあらた監査法人へ幹部が移る見通しであったものの、メインクライアントの一つである京セラの稲盛和夫名誉会長の意向により独立した監査法人を設立することとなった。このように地方事務所が独立した監査法人となった他の例としては、くまもと監査法人を設立した熊本事務所がある。PwC京都監査法人 フレッシュアイペディアより)

  • 孔子文化賞

    孔子文化賞から見た稲盛和夫稲盛和夫

    稲盛和夫(財団法人稲盛財団理事長)孔子文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 中村修二

    中村修二から見た稲盛和夫稲盛和夫

    大学院修了を控えて松下電器産業の採用試験を受ける。成績は学部・修士とトップで徳大大学院の推薦枠もあり、面接もきちんと受け答えできたが、不採用となる。これについて、指導教授の多田からは卒業研究の論述で理論的なことを書きすぎたためと指摘され、中村自身は材料以外はやりたくないと答えたことも一因と分析している。その後、中村は京セラを受験。この時の面接官は創業者の稲盛和夫で、中村は合格した。しかし、家族の養育の関係から、地元就職を希望。指導教授の多田の斡旋により日亜化学工業を受ける。採用時期を過ぎていて断られかけたものの、英語の成績が良かったことが幸いして採用された。中村修二 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子の王将

    餃子の王将から見た稲盛和夫稲盛和夫

    1978年(昭和53年)7月に、当時餃子の王将に勤務していた稲盛実の義弟が独立を希望していた。それを聞いた兄の稲盛和夫(京セラ社長)が餃子の王将の社長に掛け合い、快諾を得たため、義姉の弟とともに鹿児島王将株式会社を設立。同年9月に「餃子の王将」中町店をオープンさせた。現在は、中町店・騎射場店・中央駅店・国分店・伊敷店・笹貫店・吉野店と宮崎県の大塚店計8ヶ所に店舗を構えている。メニューも一部を除き酷似しており、一時期は熊本市などにも進出していたが、現在は撤退している。なお、現在熊本市内で展開する餃子の王将は、王将フードサービスの直営またはFCである。餃子の王将 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た稲盛和夫稲盛和夫

    『何のために生きるのか』(稲盛和夫) 致知出版社 2005五木寛之 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「稲盛和夫」のニューストピックワード