92件中 61 - 70件表示
  • 財界 (雑誌)

    財界 (雑誌)から見た稲盛和夫稲盛和夫

    コラムは安西祐一郎(慶應義塾大学)、久水宏之(トータルライフ経営 )が長く務めている。稲盛和夫を取り上げる頻度が多い。財界 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 大久保秀夫

    大久保秀夫から見た稲盛和夫稲盛和夫

    ソニーの創業者盛田昭夫とKDDI名誉会長の稲盛和夫の1番弟子である。大久保秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼塚忠

    鬼塚忠から見た稲盛和夫稲盛和夫

    『何のために生きるのか』 五木寛之・稲盛和夫 /共著 致知出版社 15万部鬼塚忠 フレッシュアイペディアより)

  • 小田全宏

    小田全宏から見た稲盛和夫稲盛和夫

    東京大学法学部卒業。東大卒業後、松下政経塾に入塾し、松下幸之助の下で人間教育、人材育成を研究。1991年、株式会社ルネッサンス・ユニバーシティを設立し、その後多くの企業で「陽転思考」を題材にした講演や人材教育を行う。またリンカーン・フォーラムやNPO法人日本政策フロンティア(最高顧問は稲盛和夫)の設立者でもある。小田全宏 フレッシュアイペディアより)

  • 1932年

    1932年から見た稲盛和夫稲盛和夫

    1月30日 - 稲盛和夫、実業家、京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者1932年 フレッシュアイペディアより)

  • 本山博

    本山博から見た稲盛和夫稲盛和夫

    安永祖堂、本山一博、本山博、影山教俊、船井幸雄、稲盛和夫、小田晋、桐島洋子『私が生きて・掴んで・実践したもの―講演集・宗教とは何か』宗教心理出版、1999年本山博 フレッシュアイペディアより)

  • 国立京都国際会館

    国立京都国際会館から見た稲盛和夫稲盛和夫

    4代:稲盛和夫(2010年-現在)国立京都国際会館 フレッシュアイペディアより)

  • 京都スタジアム

    京都スタジアムから見た稲盛和夫稲盛和夫

    2003年1月1日、京都新聞朝刊一面記事にて「伏見に『サンガ』スタジアム」と報道がなされた。記事において、京都市が横大路運動公園の一部を提供し、サンガ側が建設をする官民協力のパートナーシップ方式で2万人規模のスタジアムを整備すると報じられている。当時は前年8月頃からサッカースタジアム建設要望の署名活動がなされていた。また、京都サンガF.C.(当時の名称は京都パープルサンガ)が第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会(2003年1月)にて優勝し、更に前述の署名が35万人集まったことも受けて、京都府と京都市は京都市内での建設を検討したが費用面で折り合いがつかず中止された。2004年には京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が「来季にJ1昇格できなくともスタジアムは着工したい」と私財を提供して3万人の専用スタジアムを作る事を公言した。その後は地元経済界一体で建設費の一部65億円を提供し、京都市横大路運動公園にスタジアムを建設することが自治体と経済界の間で合意されたが、費用負担をめぐり京都市議会の同意が得られず、また稲盛も「本来行政が整備すべきもので、私が資金を出すことに誤解や反発もあるようだ」とし、私財提供を撤回した。計画は中止された。京都スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 京都賞

    京都賞から見た稲盛和夫稲盛和夫

    京都賞(きょうとしょう)は、1984年に稲盛和夫(京セラ株式会社名誉会長)設立による公益財団法人稲盛財団の創設した日本発の国際賞である。1984年に創設され、翌85年に顕彰が始まった。毎年、「先端技術部門」「基礎科学部門」「思想・芸術部門」の3部門4授賞対象分野の専門領域において優れて顕著な功績を残した人物を讃え、京都賞メダル、ディプロマ(妙心寺管長が揮毫した賞状)、副賞5,000万円が贈られる。京都賞 フレッシュアイペディアより)

  • 白石洋一

    白石洋一から見た稲盛和夫稲盛和夫

    愛媛県今治市生まれ。愛媛県立今治西高等学校、東京大学法学部卒業。大学卒業後、日本長期信用銀行に入行。1993年、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院でMBAを取得した。1997年、長銀ニューヨーク支店に赴任。長銀の経営破綻により、2000年に監査法人KPMGニューヨーク事務所に入所。2004年、稲盛財団イナモリフェローに入塾した(第2期生)。白石洋一 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「稲盛和夫」のニューストピックワード