94件中 71 - 80件表示
  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た戒名

    1986年には京セラ会長に就任。1994年5月から1995年5月まで関西経済連合会副会長を務めた。1994年にはDDIポケット企画(現・ウィルコム)を設立。1997年には、京セラ・DDIの会長を退き、臨済宗妙心寺派円福寺で得度し僧籍を得た。戒名は『大和(だいわ)』。得度後はテレビ出演などの際に僧衣を纏っていた時期がある。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た国土交通大臣

    2010年1月に日本航空 (JAL) の代表取締役会長として日航再建に取り組むよう、鳩山由紀夫首相(当時)から要請された。国土交通大臣の前原が鳩山に進言したことが就任の一つの理由とされるが、2月1日からJALの会長を無給で務め、2012年に会社更生法の適用から2年で営業利益2000億円というV字回復を果し、建て直すことに成功した。同年2月末、鳩山からは、非常勤の内閣特別顧問に任命された。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た鹿児島市立西田小学校

    1932年(昭和7年)、鹿児島県鹿児島市薬師町に7人兄弟の二男として生まれる。父畩市は「稲盛調進堂」という名で印刷工場を経営していた。西田尋常高等小学校(現在の鹿児島市立西田小学校)、鹿児島中学(現在の鹿児島高等学校)を卒業する。銀行就職を考えたが、周囲の勧めで鹿児島高等学校第三部(旧・県立高等女学校、現・鹿児島県立鶴丸高等学校)へ進学、その後鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校に転校し同校の第一期生として、卒業する。大阪大学医学部の受験に失敗し、当時新設大学であった鹿児島県立大学(現鹿児島大学)の工学部応用化学科で、有機化学を専攻。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た政権交代

    小沢一郎とは新進党時代からの仲であり、のちの民主党を支持して、前原誠司の後援者ともなった。しかし、2011年2月8日、日本記者クラブで会見し、政権交代後の民主党の体たらくに落胆した、政権交代も民主主義の結果であるが、色んなことが起きて新たな政治体制もできあがるだろう、歳もとったので今後は党への支援には距離を置き静観すると述べた。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た中国人

    その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれる。稲盛は全国に支部を持つ盛和塾と、PHP研究所や致知出版社をはじめとする出版社から出版した多数の経営指南書・自己啓発書をとおして、アメーバ経営や自らの経営哲学・理念の啓蒙・普及に努めている。また、稲盛哲学を中国に広め、中国人経営者の心を高めるために「稲盛和夫管理顧問有限公司」を北京に設立しており、中国でベストセラーになった稲盛の著書もある。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た鹿児島県立大学

    1932年(昭和7年)、鹿児島県鹿児島市薬師町に7人兄弟の二男として生まれる。父畩市は「稲盛調進堂」という名で印刷工場を経営していた。西田尋常高等小学校(現在の鹿児島市立西田小学校)、鹿児島中学(現在の鹿児島高等学校)を卒業する。銀行就職を考えたが、周囲の勧めで鹿児島高等学校第三部(旧・県立高等女学校、現・鹿児島県立鶴丸高等学校)へ進学、その後鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校に転校し同校の第一期生として、卒業する。大阪大学医学部の受験に失敗し、当時新設大学であった鹿児島県立大学(現鹿児島大学)の工学部応用化学科で、有機化学を専攻。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た臨済宗

    1986年には京セラ会長に就任。1994年5月から1995年5月まで関西経済連合会副会長を務めた。1994年にはDDIポケット企画(現・ウィルコム)を設立。1997年には、京セラ・DDIの会長を退き、臨済宗妙心寺派円福寺で得度し僧籍を得た。戒名は『大和(だいわ)』。得度後はテレビ出演などの際に僧衣を纏っていた時期がある。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た京都工芸繊維大学

    京都工芸繊維大学経営協議会委員稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た生命の実相

    少年期に肺浸潤という結核の初期の病に侵されたことがあり、その時隣家の女性に勧められて読んだ谷口雅春の『生命の実相』に衝撃を受け、心のあり方が現象として現れるという考え方(ニューソート)の基盤になったとのこと。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 稲盛和夫

    稲盛和夫から見た鹿児島県立鶴丸高等学校

    1932年(昭和7年)、鹿児島県鹿児島市薬師町に7人兄弟の二男として生まれる。父畩市は「稲盛調進堂」という名で印刷工場を経営していた。西田尋常高等小学校(現在の鹿児島市立西田小学校)、鹿児島中学(現在の鹿児島高等学校)を卒業する。銀行就職を考えたが、周囲の勧めで鹿児島高等学校第三部(旧・県立高等女学校、現・鹿児島県立鶴丸高等学校)へ進学、その後鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校に転校し同校の第一期生として、卒業する。大阪大学医学部の受験に失敗し、当時新設大学であった鹿児島県立大学(現鹿児島大学)の工学部応用化学科で、有機化学を専攻。稲盛和夫 フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「稲盛和夫」のニューストピックワード