前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    プレーオフ第1ステージでは2位の西武に1勝2敗で敗退した。フェルナンド・セギノールが44本塁打で本塁打王。建山が最優秀中継ぎ投手。横浜から移籍の横山道哉が28セーブで最多セーブ。オフにメジャー移籍を目指していたヤクルトの稲葉篤紀をFAで獲得。球団初のFA選手獲得となる。ドラフト会議では1位指名した東北高校のダルビッシュ有の交渉権を獲得した。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    、この年にヤクルトスワローズからFA宣言をして海外移籍を目指していた稲葉篤紀が海外移籍を断念して日本ハムに入団した為、坪井も含め外野手争いが更に熾烈になった。坪井は相手チームの先発が左投手の時はスタメンを外されることが多くなり始めるが、結果として対左投手には3割以上を記録している。交流戦で調子を落としてしまうが、79月に復調する。特に9月は41打数18安打で打率.439を記録。規定打席には届かなかったがチームで唯一の打率3割をマークする。また、守備でもパ・リーグ2位となる11補殺を記録するなど攻守での活躍も光った。株式会社スーパーエージェントとマネジメント契約。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    、前年限りで引退した新庄の意向で同選手が着用していた背番号1を継承し、主に新庄が就いていた中堅手に定着。シーズン終盤まで片岡易之(西武ライオンズ)と盗塁王のタイトルを争うなど(結果は片岡が獲得)、不動の1番打者として全イニング出場を果たし、2年連続のリーグ最多得点と初の打率3割を記録。24試合連続安打はリーグ歴代6位タイ、球団では大下弘と並び最多タイ記録。右打者であるが、内野安打の数も稲葉篤紀に次ぐリーグ2位を記録。最多得票でゴールデングラブ賞と、初のベストナインを受賞。補殺数は両リーグ1位の15個を記録した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • GAORAプロ野球中継

    GAORAプロ野球中継から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    『なまら!』時代から引き続き、チームがリーグ優勝した日には表彰式から優勝記者会見、祝勝会(ビールかけ)までノーカットで放送する。また、北海道放送(HBC)で放送された特別番組を時差放送する他、優勝時以外の大記録達成時などにもHBCの特番を時差放送する(稲葉篤紀の2000本安打達成記念など。内容によっては、番組がDVD化されることもある)。HBCとはオフシーズンの特番も共同制作するなど関係が深い(ただし、中継技術は北海道テレビ放送(HTB)の子会社である『HTB映像』(愛称:miruca(ミルカ))が担当している)。GAORAプロ野球中継 フレッシュアイペディアより)

  • ホッカイラジャーズ野球少年団

    ホッカイラジャーズ野球少年団から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    Aiさん(エーアイさん)ホッカイラジャーズ野球少年団 フレッシュアイペディアより)

  • 清水章夫

    清水章夫から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    もワンポイントリリーフとして一軍に定着し、共に自己最多となる58試合登板、11ホールドを記録した。8月25日の日本ハム戦では、2点リードされた10回表に登板し、稲葉篤紀を初球でレフトフライに仕留めると、その裏に味方打線が奮起して逆転サヨナラ勝利を収め、史上28人目の1球勝利投手を記録した。これに伴い、1球勝利投手と1球敗戦投手を両方記録した史上3人目の投手となった(落合英二・林昌樹が過去に記録)。清水章夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の北海道日本ハムファイターズ

    2013年の北海道日本ハムファイターズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    6月15日 - 稲葉篤紀が対広島戦(札幌ドーム)でNPB通算1000得点、史上39人目2013年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • リック・ショート

    リック・ショートから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    にはフェルナンデスと同様、開幕直後に妻の出産で一時帰国した。シーズン当初は三塁手と左翼手の両方で起用されたが、草野大輔が三塁手に定着すると左翼手がほぼ定位置となった。月間打率はすべて3割を上回り、好不調の波の少ない堅実な打棒を発揮し、一時は打率首位に立つ。後半には稲葉篤紀との首位打者争いを繰り広げたが、左足内転筋を痛め、終盤にチームを離脱した。最終的には打率.330で、稲葉の打率.334に次いで惜しくも2位に終わった。一方、本塁打はわずか4本、長打率は.433でリーグ11位と、外国人選手としては意外に低い。二塁打をリーグ2位の31本打つなど、中距離打者タイプの助っ人である。リック自身も「自分に本塁打を期待してもらうのは難しいが、確実にヒットを打ちたい」と話している。リック・ショート フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2回、松井稼頭央のタイムリーで西武が先制したが、その裏ヤクルトは投手の川崎憲次郎のヒット、1番真中の二塁打で無死2、3塁のチャンス。西武先発の新谷博は2死までこぎつけたが、4番古田にライトに運ばれ逆転を許す。さらに稲葉篤紀にもタイムリーを許し、1-3とリードを広げられた。ヤクルトはさらに7回ホージーの2点タイムリー、8回には佐藤真一の2ラン本塁打で加点。終わってみれば7-1の一方的な結果で日本一に王手をかけた。1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード