145件中 101 - 110件表示
  • 京田陽太

    京田陽太から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    軽快な動きとグラブ捌きに対する評価が高く、遠投100メートルの強肩も併せ持つ。京田自身は「理想の選手」に立浪と鳥谷敬を挙げるとともに、両者のメインポジションであった遊撃を大学日本代表や中日でも守っている。その一方で、第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ(2017年)の日本代表チームでは、実戦経験が皆無に近い二塁の守備を主に任された。自身と同じ新人遊撃手・源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)との同時起用を稲葉篤紀監督が代表選手選考の時点から構想していたことや、源田が西武のレギュラーシーズン2位を経てパシフィック・リーグのクライマックスシリーズまで出場したのに対して、京田がいち早くレギュラーシーズンを終えていたことによる。当の京田は、中日球団を通じて前述の構想を伝えられると、球団の秋季キャンプから二塁守備における複雑な動きを短期間で体得。その結果、チャンピオンシップの予選と決勝(いずれも対韓国戦)では、「1番・二塁手・京田」「2番(または9番)・遊撃手・源田」という起用法がスタメンで実現した。京田陽太 フレッシュアイペディアより)

  • 大山悠輔

    大山悠輔から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2017年から野球日本代表トップチームの監督を務める稲葉篤紀からも、守備力の高さ、複数のポジションを守れる器用さ、打席で初球から振りに行くほどの積極性、打席で不利なカウントへ追い込まれても簡単に三振しないほどの粘り強さなどを高く評価。2018年のレギュラーシーズン開幕前には、オーストラリア代表との強化試合に向けて、チームメイトの石崎剛と共に日本代表のトップチームへ選ばれた。大山のトップチーム選出は初めてで、阪神の野手が日本代表のトップチームへ選出された事例は、の第3回ワールド・ベースボール・クラシックに鳥谷が出場して以来5年振りである。大山悠輔 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎剛

    石崎剛から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    には、レギュラーシーズンの前半戦を二軍で過ごした後に、8月9日に一軍へ昇格。シーズン初の一軍マウンドであった8月11日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)から9月5日の対広島戦(マツダスタジアム)まで、12登板試合続けて無失点で凌ぐなど、ビハインドの局面からのロングリリーフを中心に救援で好投を続けた。一軍のレギュラーシーズン最終戦であった10月10日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)で、一軍公式戦での初勝利を記録。レギュラーシーズン全体では、26試合の登板で、1勝1敗4ホールドながら防御率を1.17にとどめた。チームのレギュラーシーズン2位で迎えたDeNAとのクライマックス・シリーズ ファーストステージでは、3試合中2試合に登板したが、チームは3位のDeNAによる日本シリーズ進出を許した。その一方で、日本シリーズの終了後に東京ドームで開かれた第1回アジア プロ野球チャンピオンシップには、阪神の選手から唯一日本代表へ選出。稲葉篤紀監督からの高評価を背景に、又吉克樹・山崎康晃と並んで「勝利の方程式」を担った。大会では2試合に登板、2回2/3を投げて1被安打無失点2奪三振という好成績を残し、チームの優勝に貢献した。大会終了後の契約交渉では、推定年俸1,800万円(前年から500万円増)で契約を更改している。石崎剛 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2006年は前半戦に極度の不振に陥り、一時は稲葉篤紀に4番の座を譲ることもあった。本塁打・打点は前年より少なく物足りなかったが、優勝争いを繰り広げていた9月に4割・8本塁打と驚異的に盛り返し優勝に貢献した。日本シリーズで日本一になった際には歓喜の輪に入りながら人目をはばからず号泣していた(輪の中で同じく泣いていた新庄剛志と慰め合っていた)。アジアシリーズは下述の通り出場していない。オフには日本ハム球団が2006年シーズンの契約に契約終了後の優先交渉権を盛り込んでおらず、また、セギノールの代理人とは契約終了前の11月中には一切連絡が取れない状態だったため、同年12月1日に日本ハムの支配下を一旦離れフリーエージェント(自由契約)となった。日本ハム側はそれ以後も残留に向けた交渉を行い、他球団からのオファーも無く、に入ってから金銭及び契約年数で双方の歩み寄りがあり、再契約を結んだ。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • 新庄劇場

    新庄劇場から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2005年9月19日・西武戦(敗戦・札幌ドーム):森本稀哲、稲葉篤紀、小谷野栄一、石本努との5名で同じデザインのかぶりもの(新庄の顔を模ったもので「SHINJO5」と命名)を被り、ユニフォームも全員で「背番号:1、背ネーム:SHINJO」のものを着用してシートノックを受けた。新庄劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 熱闘甲子園

    熱闘甲子園から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    栗山・工藤と違って『報道ステーション』のスポーツキャスターを兼務していないため、2015年以降の大会期間中には、スポーツキャスターの稲葉篤紀(元・ヤクルトスワローズ → 北海道日本ハムファイターズ外野手)・寺川綾(元・競泳選手)・寺川俊平(テレビ朝日アナウンサーで当番組の元・ナレーター)が、同番組向けの取材を担当。その関係で、当番組のスタジオから『報道ステーション』のスポーツコーナーに出演している。2017年以降は、スポーツコーナーのプロ野球シーズン限定企画「きょうの熱盛」(放送当日のプロ野球公式戦から名シーン・好プレーの映像をダイジェスト形式で紹介する企画)の高校野球版「熱盛甲子園」(あつもりこうしえん)を、選手権全国大会期間限定でスポーツコーナーのエンディングに放送している。熱闘甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 小山良男

    小山良男から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    WBC優勝後のシャンパンファイトでは、イチロー、松坂、稲葉篤紀、城島健司、岩隈久志に続いて、周りの「ヨシオ」コールの中で小山も胴上げされた。この事について松坂は、「大会中自分の他、ピッチャーの球を受け続けた彼が胴上げに値すると、投手陣が当然の感覚として湧き上がった気持ちだと思う。」という旨をテレビの取材で告白している。小山良男 フレッシュアイペディアより)

  • 高木浩之

    高木浩之から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    1972年に愛知県で生まれる。享栄高等学校のエースとして1990年の第62回選抜高等学校野球大会に出場、1回戦(対福井県立福井商業高等学校戦)で1試合2本塁打を記録するなど活躍した。チームは2回戦で敗退したものの2回戦でも本塁打を放ち、選抜大会記録となる1大会3本塁打を放った。同年夏は愛知大会2回戦で中京高等学校と対戦し、稲葉篤紀に本塁打を浴びるなど打ち込まれて5-7で敗戦。高木浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    実況:村山喜彦 解説:中畑清、池谷公二郎 ゲスト解説:稲葉篤紀(日本ハム)2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2013年シーズンより、用具でナイキ社と契約。稲葉篤紀モデルのバットを高山久から借り、重量バランスを気に入り、同様のモデルを、当時契約していたSSK社が受注していたが、2013年からは、ナイキ社から同モデルを供給されることとなった。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

145件中 101 - 110件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード