145件中 111 - 120件表示
  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    プロ野球では、肩や守備力の衰えた外野手が打撃力を活かす目的で一塁手へコンバートされる事がよくある。主な例としては山?武司(中日→オリックス→楽天→中日)や、稲葉篤紀(ヤクルト→日本ハム)などが挙げられる(ただし、その場合は過去に豊富な打撃成績を残していることが求められるケースが多い)。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ''、開幕マスクで勝利したが、同年も大野と併用起用となった。4月は好ブロックで完封試合を作るなど順調だったが、5月5日からの先発マスクで6連敗した(チームは9連敗)。6月1日の対中日戦で出た2年ぶりの本塁打が新人・大谷翔平の初勝利を援護する逆転弾となった。6月16日の対ソフトバンク戦では8回同点二死一二塁の場面で代打起用されるとプロ初のヘッドスライディングでブライアン・ファルケンボーグから内野安打をもぎ取り、稲葉篤紀の勝ち越し打を呼んだ。6月26日の同カードでは10回無死二塁の場面でバントした所、一塁手の中村晃が悪送球し、チームは同年初のサヨナラ勝利で最下位を脱出した。7月1日に監督推薦でオールスターへ選出された。オールスターでは7月19日第1戦で4回守備から途中出場して澤村拓一から安打したが2盗塁・同点打を許した。第2戦は6回の守備のみ出場して1盗塁・1失点を許した。8月10日の対千葉ロッテ戦11回同点一死三塁の場面で代打起用され、藤岡貴裕からプロ11年目にして初のサヨナラタイムリー打を放った。8月23日の対オリックス戦では初めて指名打者で先発出場して2打点を挙げた。9月14日から先発マスクで6連敗し、チームは前年優勝からの最下位に終わった。最終的に76試合に先発出場して(指名打者1試合)、フル出場した41試合で24勝17敗、3完封勝利だった。移籍してきた木佐貫洋とのコンビで初勝利・完封勝利を含む9勝を挙げたものの、他の主力投手では負け越してチームの借金の大半を背負った。盗塁阻止率もリーグワーストの.188だった。打撃では規定未到達ながら自己最高の打率.295で終えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦享

    杉浦享から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ヤクルトの選手別応援歌(応援曲)において、職人肌の選手に充てられる「必殺シリーズ」のテーマ曲が若松と共に杉浦に充てられた(応援歌の前奏として使用。若松には「必殺仕掛人」、杉浦には「必殺仕事人V」のテーマ)。最初のイントロ(トランペットのソロ)が流れると、神宮の観客は一瞬静寂になり、イントロ終了と共により一層の大歓声に変わる(杉浦引退後は稲葉篤紀に引き継がれた)。杉浦享 フレッシュアイペディアより)

  • 石本努

    石本努から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2004年に起こったプロ野球再編問題から発展した日本初のプロ野球ストライキ明けの初戦となった9月20日の対福岡ダイエーホークス戦(札幌ドーム)試合前に「一昨日、昨日と試合できなくてゴメンJoy」と称し、5名の同僚外野手で『秘密戦隊ゴレンジャー』のかぶりもの(仮面)を被ってシートノックを受けるというパフォーマンスを披露した(アカレンジャー:森本稀哲、アオレンジャー:島田一輝、キレンジャー:新庄剛志、モモレンジャー:石本、ミドレンジャー:坪井智哉)。翌2005年9月19日の対西武ライオンズ戦(札幌ドーム)でも新庄、森本、稲葉篤紀、小谷野栄一との5名で同じデザインのかぶりもの(新庄の顔を模った仮面で「SHINJO5」と命名)を被り、ユニフォームも全員で「背番号:1、背ネーム:SHINJO」のものを着用して試合前シートノックを受けている。2005年は若手の台頭などで出番が減少していき、オフに戦力外通告を受けてそのまま現役を引退。その後はチームのスカウトとして働いている。石本努 フレッシュアイペディアより)

  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    は開幕当初こそ外野の守備固めでの出場が多かったが、一塁手の高橋信二の故障離脱に伴い右翼手の稲葉篤紀が一塁手を務めることが増えたため後半戦からは右翼手のレギュラーに定着し、過去最高の109試合に出場した。陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本ハムで同僚だった稲葉篤紀のファン。サインボールをもらうほどである。ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 亀梨和也

    亀梨和也から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    『Going!Sports&News』のベースボールスペシャルサポーターを務める。2012年までの「始球式プロジェクト」では、投手としては2010年に楽天の山崎武司、ロッテの西岡剛(2回目)、横浜の内川聖一、オリックスのT-岡田、ソフトバンクの多村仁志、楽天の田中将大・山崎武司(2回目)・嶋基宏、2011年に日本ハムの稲葉篤紀、阪神の新井貴浩、ソフトバンクの松中信彦、西武の中村剛也、楽天の田中将大(2回目)・嶋基宏(2回目)・松井稼頭央、2012年にソフトバンクの松田宣浩、巨人の坂本勇人と、打者としては2012年に西武の牧田和久と対戦している。亀梨和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

    2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    選出を明言していた上原と直接電話会談するなど、最終的にアジア予選メンバーから19人を選出し、里崎智也、森野将彦ら故障上がりのメンバーも選出した。また、メンバー招集までに新井貴浩が腰痛、稲葉篤紀が右臀部痛、田中将大が右肩痛を発症。代表合宿中には村田修一が風邪で緊急入院し、北京入りしてからは川崎宗則が左足甲痛を、西岡剛が右脇腹痛をそれぞれ悪化させた。2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 美奈代

    渡辺美奈代から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    同郷の元プロ野球選手の稲葉篤紀を応援している。渡辺美奈代 フレッシュアイペディアより)

  • 日清食品

    日清食品から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉篤紀(北海道日本ハムファイターズ)- 北の焼そば ※北海道地区のみ日清食品 フレッシュアイペディアより)

145件中 111 - 120件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード