145件中 11 - 20件表示
  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    6月12日 - ヤクルトの稲葉篤紀が対巨人戦(東京ドーム)で桑田真澄からNPB通算100本塁打、史上128人目2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた。また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた。日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった。また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたり、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いでいる。同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったと語る。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    正月返上の猛特訓で三塁守備をものにし、、内野でもレギュラーとして定着。内野手にコンバートされた1年目にも関わらず、ダイヤモンドグラブ賞を外野手に続いて獲得した。外野手・内野手両方での受賞経験は史上初だった。後にロッテの西村徳文も内野手→外野手で受賞するが、外野手→内野手の順での受賞は2012年に稲葉篤紀が一塁手として受賞するまで唯一の存在であった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 又吉克樹

    又吉克樹から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    には、春季キャンプから先発要員としての調整に入ると、2月25日に広島とのオープン戦で開幕投手に起用された。チーム事情などとの兼ね合いで一軍公式戦の開幕をロングリリーフ要員として迎えた後に、4月13日の対ヤクルト戦(明治神宮野球場)で一軍公式戦への初先発を果たすと、勝敗は付かなかったものの8回2失点と好投。4月27日にナゴヤドームで催された同カードでは、プロ入り後初めて中5日で先発登板に臨むと、7回無失点という内容でシーズン初勝利を挙げた。この勝利は、一軍公式戦登板189試合目での先発初勝利であった。さらに、セ・パ交流戦期間中の6月6日には、対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)でプロ初完封を達成。しかし、「先発での経験を救援で生かす」という転向当初からの既定路線に沿って、同月下旬のリーグ戦再開後からセットアッパーに復帰した。オールスターゲームにセ・リーグの監督推薦選手として初めて選ばれると、中日の本拠地・ナゴヤドームで催された7月14日の第1戦で、7回表に初登板を果たした。日本の独立リーグでのプレーと、NPBドラフト会議での指名を経てNPBの球団に入った投手が、NPBのオールスターゲームに出場した事例は又吉が初めてである。一軍公式戦全体では、50試合の登板で、8勝3敗21ホールドをマーク。レギュラーシーズンを5位で終えたチームにあって、26ホールドポイント(5救援勝利21ホールド)や自己最高の通算防御率2.13を記録するなど、先発・救援の両方で安定した投球を続けた。なお、シーズンの終了後には、第1回アジア プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出。基本として24歳以下(または入団3年目まで)の選手を招集していた代表チームにあって、(招集時点で)26歳・入団4年目ながら、各チームに3人ずつ割り当てられた「オーバーエイジ枠」の1人として選ばれた。代表チームでは、稲葉篤紀監督の方針でセットアッパーに起用。山崎康晃・石崎剛と並んで「勝利の方程式」を担いながら、代表チームの優勝に貢献した。又吉克樹 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    投手陣は川崎がFAで中日に移籍、伊藤智、新外国人アラン・ニューマン、ジョナサン・ハーストらの故障離脱で先発投手が不足する中、石井一久以外、新しい投手陣に様変わり。2年目の藤井秀悟が14勝を挙げ最多勝、巨人を解雇されテスト入団の入来智とオリックスを解雇されテスト入団2年目の前田浩継の「リストラ組」もそれぞれ10勝、7勝とローテーションを支え、横浜を解雇された島田直也がチーム2位の52試合に登板。打線も、本塁打と打点の2冠のロベルト・ペタジーニ、打率2位の古田を筆頭にレギュラー8人(他は真中満、宮本慎也、稲葉篤紀、岩村明憲、アレックス・ラミレス、土橋勝征)が全て規定打席到達という安定ぶりで、この年のみ採用の「勝利数優先」の順位決定方式を逆手に取り、巨人を振り切り4年ぶりのリーグ優勝。若松は球団生え抜きとして初の優勝監督となった。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズと対戦。近鉄自慢の「いてまえ打線」を封じ込めて4勝1敗で4年ぶりの日本一を達成。オフに石井一久が大リーグのロサンゼルス・ドジャースに移籍した。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    多くの中継で、解説者として岩本勉が出演している。2015年からはテレビ朝日野球解説者に就任した稲葉篤紀も出演する。時折岩本または稲葉とのダブル解説として他の日本ハムOBの解説者も出演する。岩本が現役だった2005年までは主に現監督の栗山英樹が解説者として出演していた。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 報道ステーション

    報道ステーションから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉篤紀(元ヤクルト・日本ハム選手、2015年1月30日 - ) - 野球担当。報道ステーション フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    、打順は稲葉篤紀に代わる3番にまで昇格。相手投手の攻めも厳しさを増し、リーグトップタイの19の死球を受け、8月には右手小指に死球を受けて骨折しながらも痛みを押して出場を続けた。それでも打率はシーズン中盤までリーグ首位に立ち、最終的に自己最高でリーグ2位の.319を記録、本塁打も11本放ち3年連続の打率3割・2ケタ本塁打を記録した。出塁率は12球団全選手の中で唯一4割を超え、自身初タイトルとなる最高出塁率を獲得し、「出塁は毎年意識しており、(タイトルを)獲得できて光栄」と喜びを語った。31盗塁も自己最多でチームトップ。守備でも3年連続でゴールデングラブ賞を受賞。2年ぶり2度目のベストナインはリーグ外野手部門の1位で獲得した。12月13日、9,000万円増の年俸1億9,000万円(推定)でサインし、野手転向者としては石井琢朗が横浜時代の2005年の年俸2億5,000万円に次ぐ高額年俸となった。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 稻葉篤紀

    稻葉篤紀から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稻葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉ジャンプ

    稲葉ジャンプから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉ジャンプ フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード