145件中 21 - 30件表示
  • メイド・イン・ヘヴン

    メイド・イン・ヘヴンから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀の登場曲 ※クイーン版/?2008年・2009年からはチャンス時のみメイド・イン・ヘヴン フレッシュアイペディアより)

  • スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜

    スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2006年、番組を通して森本稀哲プロデュースの弁当『グルメひちょり厨房』をローソンとの協力で発売。2009年は3年ぶりに田中賢介、鶴岡慎也、稲葉篤紀プロデュースの弁当を発売した。(ただし田中は2008年にFFFFFを通してローソンからプロデュース弁当を発売た経験があり、稲葉プロデュース弁当は2007年以来札幌ドームで発売されている。)更に、2010年は前年に引き続き田中、鶴岡、稲葉の3人に加え、小谷野栄一、糸井嘉男プロデュースの弁当も発売される。なお、スタジオで試食する場合、平川弘がとにかく真剣に食べる姿が名物となっている。スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜 フレッシュアイペディアより)

  • レラカムイLIVE!

    レラカムイLIVE!から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2008-09シーズンは2008年12月21日の三菱電機戦、2009年1月18日の東芝戦、2月1日のリンク栃木戦の3試合で実施。12月21日は始球式を務めた北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀がゲストに加わった。レラカムイLIVE! フレッシュアイペディアより)

  • ぞっこん!スポーツ

    ぞっこん!スポーツから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    栗山英樹監督や稲葉篤紀選手、小谷野栄一選手にコーナー名を読んでもらい、その音声をジングル化してコーナー開始に流している。ぞっこん!スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    外野手:糸井嘉男、稲葉篤紀、森本稀哲、紺田敏正2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    優秀選手 豊田清(西武ライオンズ)、鈴木健(西武ライオンズ)、堀幸一(千葉ロッテマリーンズ)、ロベルト・ラミレズ(阪神タイガース)、石井琢朗(横浜ベイスターズ)、稲葉篤紀(ヤクルトスワローズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のヤクルトスワローズ

    2001年のヤクルトスワローズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉篤紀(外野手、初受賞)2001年のヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 志田宗大

    志田宗大から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2004年には、毎年若手リードオフマンの台頭を課題としてあげていた若松勉監督に抜擢され、一軍に定着。自己最多の91試合に出場し、打率.251、3本塁打、4盗塁とまずまずの結果を残した。稲葉篤紀が不調の際には1番も打った。ただしシーズン当初は右投手に滅法弱く、主に真中満選手との併用となり、左投手の時に先発出場した。志田宗大 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・チャン

    レイ・チャンから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2009年WBCでは初戦の日本戦でミスこそあったものの、日本戦では3回裏1死3塁の場面で稲葉篤紀のショートゴロを一塁に投げる体勢のまま本塁に投げるトリックプレーを見せ、本塁に突っ込んだ青木宣親がタッチアウトとなった。またチャイニーズタイペイ戦ではセンター前に抜けそうな当たりを好捕し、難しい体勢から一回転して一塁に送球してアウトにするなど3戦通じて好守を披露した。さらに同試合では左翼席にダメ押しとなる本塁打も放ち、中国のWBC初勝利に大きく貢献した。レイ・チャン フレッシュアイペディアより)

  • 紺田敏正

    紺田敏正から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    それ以降2年間はケガなどで伸び悩み一軍出場はなかったが、に開幕一軍入り。すぐに二軍落ちしたが、同じ外野手の稲葉篤紀と坪井智哉が8月5日・6日に相次いで故障したことから再昇格のチャンスを得る。主に代走としての起用だったが、この年初先発出場の8月13日の千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)で先発の渡辺俊介からプロ初打点を挙げた。以後も渡辺との対戦時に高打率を誇り、小田智之と共に「俊介キラー」と呼ばれるようになった(この年21試合出場、うち4試合のスタメンのうち3試合が対渡辺戦。渡辺との通算対戦成績は23打数10安打、打率.435と相性が良く、また一軍での通算本塁打2本のうち1本は渡辺から打ったものである)。同年秋のアジアシリーズでは、出場を辞退した現役を引退する予定のSHINJOに代わり、3試合に左翼手として先発出場した(その年に主に左翼手を務めていた森本稀哲が、SHINJOが務めた中堅手に回る)。紺田敏正 フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード