118件中 21 - 30件表示
  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    外野手:糸井嘉男、稲葉篤紀、森本稀哲、紺田敏正2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニコースキー

    クリストファー・ニコースキーから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    左のサイドスローから140km/h台後半(最速151km/h)のストレートを投げ込むリリーフピッチャー。長身の為、腕が長く横の角度がある。変化球はスライダー・カットボール・チェンジアップ・シュートを投げ分ける。変化球の中でもシュートは稲葉篤紀が「左打者に打てる球じゃない」と評しており、2007年成績で防御率3点台ながら対左打者の被打率が1割台といういわゆる「左殺し」である。クリストファー・ニコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    試合経過: 日本ハムは1回裏に高橋信二の犠牲フライで1点を先取するも、先発の武田勝が楽天打線に捕まり7回途中に5失点で降板。8回裏に反撃して3点を挙げるが9回表に楽天・鉄平に本塁打を浴び、8-4と4点ビハインドのまま9回裏へ。しかし日本ハムは一死から稲葉篤紀の適時打で1点を取り返すと、ターメル・スレッジがクライマックスシリーズ史上初となる起死回生の逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝利を飾った。楽天は救援陣の乱調が響いた。ポストシーズンでのサヨナラ満塁本塁打は1992年の日本シリーズのヤクルト対西武の第1戦で鹿取義隆からサヨナラ満塁本塁打を打った杉浦亨(代打)以来17年ぶり。2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2006年のパシフィック・リーグプレーオフから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本ハムの先発は新人の八木智哉。後がなくなったソフトバンクは第1ステージ第1戦に先発した斉藤和を中4日で送り込み、お互いに一歩も譲らぬ白熱した投手戦となった。幕切れは9回裏、二死一・二塁の場面で稲葉篤紀のセンターへ抜けそうな痛烈なゴロを二塁手・仲澤が好捕し、一塁走者小笠原道大を二塁フォースアウトにしようと遊撃手・川崎へ送球したが、好捕によって体勢が崩された状態だったため送球は僅かに逸れ、川崎も懸命に捕球したものの小笠原の激走もあり判定はセーフ。稲葉のバットに当たった瞬間にスタートを切っていた二塁走者の森本稀哲は、この時点で既に三塁ベースを通過しており、躊躇う事なく一気に本塁を狙っていた。これが功を奏して本塁生還に成功しサヨナラ勝ち(稲葉の記録はタイムリー内野安打)。3勝先取となった日本ハムのリーグ優勝が決定した。2006年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    最高殊勲選手賞:稲葉篤紀(日本ハム) ※2HRを含むシリーズ最多の7打点2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 石本努

    石本努から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2004年に起こったプロ野球再編問題から発展した日本初のプロ野球ストライキ明けの初戦となった9月20日の対ダイエー戦(札幌ドーム)試合前に「一昨日、昨日と試合できなくてゴメンJoy」と称し、5人の同僚外野手で『秘密戦隊ゴレンジャー』のかぶりもの(仮面)を被ってシートノックを受けた(アカレンジャー:森本稀哲、アオレンジャー:島田一輝、キレンジャー:新庄剛志、モモレンジャー:石本、ミドレンジャー:坪井智哉)。翌年9月19日の対西武戦(札幌ドーム)でも新庄、森本、稲葉篤紀、小谷野栄一との5人で同じかぶりもの(新庄の顔を模った仮面で「5人のツヨシくん」と命名)を被って試合前シートノックを受けた。石本努 フレッシュアイペディアより)

  • 秦真司

    秦真司から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    しかし、打力と俊足を生かして外野手に転向し、右翼手のレギュラーとして活躍。にはオールスターゲームに出場。10月25日の西武との日本シリーズ第6戦では高校の後輩・潮崎哲也からサヨナラ本塁打。稲葉篤紀、真中満らの台頭で控えに回った後も、貴重な左の代打として計3度の日本一に貢献した。秦真司 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    優秀選手 豊田清(西武ライオンズ)、鈴木健(西武ライオンズ)、堀幸一(千葉ロッテマリーンズ)、ロベルト・ラミレズ(阪神タイガース)、石井琢朗(横浜ベイスターズ)、稲葉篤紀(ヤクルトスワローズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    8月3日 - 稲葉篤紀(愛知県、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 諸積兼司

    諸積兼司から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    引退試合である2006年9月24日の北海道日本ハムファイターズ戦(千葉マリンスタジアム)で「1番・センター」でスタメン出場。初回、投手・金村曉からカウント2-0からしぶとくセンター前ヒット(金村は、3球全て中央へのストレート勝負という粋な計らいを見せた)を放ち、大歓声の中そのまま代走・竹原直隆と交代した。1回裏終了後に法大の後輩である日ハムの稲葉篤紀から花束が贈呈され、同じくこの年引退する新庄剛志も拍手を送った。ちなみに新庄もこの試合はレギュラーシーズンとしては現役生活最後の関東地方でのゲーム(同じく千葉マリン最後の試合)だった。諸積兼司 フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード