118件中 31 - 40件表示
  • 稲葉ジャンプ

    稲葉ジャンプから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉ジャンプ フレッシュアイペディアより)

  • ぞっこん!スポーツ

    ぞっこん!スポーツから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    栗山英樹監督や稲葉篤紀選手、小谷野栄一選手にコーナー名を読んでもらい、その音声をジングル化してコーナー開始に流している。ぞっこん!スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦享

    杉浦享から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ヤクルトの選手別応援歌(応援曲)において、職人肌の選手に充てられる「必殺仕事人」のテーマ曲が若松と共に杉浦に充てられた(応援歌の前奏として使用。若松には「必殺仕事人IV」、杉浦には「必殺仕事人V」のテーマ)。最初のイントロ(トランペットのソロ)が流れると、神宮の観客は一瞬静寂になり、イントロ終了と共により一層の大歓声に変わる(杉浦引退後は稲葉篤紀に引き継がれた)。杉浦享 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹健太

    佐竹健太から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    初奪三振:同上、9回裏に稲葉篤紀から佐竹健太 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄劇場

    新庄劇場から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2005年9月19日・西武戦(敗戦・札幌ドーム):森本稀哲、稲葉篤紀、小谷野栄一、石本努との5人で同じデザインのかぶりもの(新庄の顔を模ったもので「5人のツヨシくん」と命名)を被ってシートノックを受けた。新庄劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック野球日本代表

    北京オリンピック野球日本代表から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    選出を明言していた上原と直接電話会談するなど、最終的にアジア予選メンバーから19人を選出し、里崎智也、森野将彦ら故障上がりのメンバーも選出した。また、メンバー招集までに新井貴浩が腰痛、稲葉篤紀が右臀部痛、田中将大が右肩痛を発症。代表合宿中には村田修一が風邪で緊急入院し、北京入りしてからは川崎宗則が左足甲痛を、西岡剛が右脇腹痛をそれぞれ悪化させた。北京オリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 松本市野球場

    松本市野球場から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2003年7月1日に開催された横浜ベイスターズ対ヤクルトスワローズ15回戦でヤクルト・稲葉篤紀が史上56人目のサイクルヒットを達成した。5回まででの達成(4打席)は史上最速で、降雨コールドゲームでの達成も史上初。稲葉は「信じられない。狙って打てるもんじゃないから」と笑顔を見せ、打撃コーチの八重樫幸雄は「リーチ一発ツモ、それも四暗刻単騎待ちだな」と麻雀になぞらえて喜んだ。また同日、大阪ドームで開催された大阪近鉄バファローズ対福岡ダイエーホークス16回戦でも福岡ダイエー・村松有人がサイクル安打を達成した(史上57人目)。同日に2選手がサイクル安打を達成したのも史上初めてのことだった。松本市野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    先発は星野伸之と吉井理人。ヤクルトは初回にオマリーのタイムリーで先制。オリックスは5回表、この試合3番に入ったイチローの犠飛で追い付くが、すかさずその裏、代打稲葉篤紀の犠飛でヤクルトが再びリード。7回表、オリックスは山部を攻め、この試合1番の田口壮と4番D・Jのタイムリーで3点を挙げ逆転。しかし8回裏、ヤクルトは2死満塁のチャンスをつかむと、古田の放った当たりはセカンドへのボテボテのゴロであったが、2塁ベースカバーが一瞬遅れてセーフの判定となる内野安打で1点差。この判定に激昂した仰木監督が、退場覚悟の猛抗議で10分間中断。平井投入で逃げ切りを計るオリックスだったが、9回裏にミューレンが起死回生の同点ホームランを放ち、第2戦に続いて延長戦へ突入した。1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤真一

    佐藤真一から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2002年はキャンプ・オープン戦も二軍で過ごしたが、前年3番をつとめた稲葉篤紀が安定感に乏しく、5月に一軍に登録されると、6月には一時的に3番としてスタメンに返り咲いた。際立った成績は残せなかったものの、以降もセンターが手薄だったことから、強肩を期待されてたびたび起用されている。佐藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智

    高橋智から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    オリックスのヘッドコーチ時代に高橋を評価していた中西太がヤクルトで打撃アドバイザーを務めており、その助言を受けて打撃が復調。移籍初年のはオープン戦で結果を残して開幕スタメン入りし、開幕から26試合で10本塁打を放つ好スタートを切り、最終的に16本塁打を記録した。翌も13本塁打で飯田哲也や稲葉篤紀の故障をカバーする働きをし、打撃コーチの八重樫幸雄は「高橋がいなければ両年とも最下位の可能性があった」と後に語っている。高橋智 フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード