145件中 41 - 50件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    6月15日 - 日本ハムの稲葉篤紀が対広島戦(札幌ドーム)でNPB通算1000得点、史上39人目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    7月8日 - 日本ハムの稲葉篤紀が対西武戦でNPB史上143人目の通算150本塁打2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 淡口憲治

    淡口憲治から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    引退後は巨人に復帰し、一軍打撃コーチ( - , )・二軍打撃コーチ( - )・二軍打撃兼外野守備コーチ()・二軍監督( - )・二軍ヘッド兼打撃コーチ()を務めた。巨人コーチ時代は新人時代の松井秀喜、清水隆行などに「ウォーキング打法」を教え、主力打者に育て上げた。二軍監督時代の2002年1月12日、「サタデー・ウェイティング・バー」(エフエム東京)の「家族特集・成人式」に広告代理店勤務の長男と出演し、子供から見た野球選手の父親とはどういう姿なのかというテーマで、対談形式で語った。1からまでは巨人時代の同僚・高田繁がゼネラルマネージャーを務めていた日本ハムで一軍打撃コーチを務めた。日本ハムでは、それまで数年に1回3割台を打つ程度だった稲葉篤紀を覚醒させるなど、短中距離打者(特に左打者)の指導に実績を残した。反面、自分とタイプの異なる打者(右の長距離打者など)の指導は苦手なようで、左の長距離打者が不在だった2007年の日本ハム打線は得点と本塁打数がリーグ最少、チーム打率は同5位と低迷した。巨人コーチ時代も同様の状況で、チームが貧打に陥ったときがあった(巨人は対策として複数コーチ制を導入し解決を図った、1993年は中畑清と共に一軍打撃コーチを務めたが12球団最下位の打率を記録し低迷した)。からは東京ヤクルトスワローズ監督に転身した高田の縁で、ヤクルトの二軍打撃コーチに就任。からは一軍打撃コーチに転任となった。5月26日にはチームの打撃不振の責任をとって進退伺を球団に出したが、高田前監督と球団の説得で残留した。淡口憲治 フレッシュアイペディアより)

  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    は左翼手に中田翔、一塁手に稲葉篤紀が定着しているためDHでの出場、DH制のない交流戦のセ・リーグ主催試合では代打での出場となった。主に7番打者を務め、5月22日の横浜DeNA戦にて、史上23人目となる全球団から本塁打を達成するなど、前半戦のチームの首位争いにも貢献していたが、6月19日に左膝の検査を受けるため帰国した。その後、6月30日に左大腿骨滑車溝に4度(重度)の軟骨損傷と遊離軟骨があると診断され、リハビリが進まず、結果的に復帰できないままシーズンを終えた。11月5日、球団より退団が決定したことが発表された。ターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ボーン・トゥ・ラヴ・ユー

    ボーン・トゥ・ラヴ・ユーから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    稲葉篤紀 - 日本ハム選手時代に得点のチャンス時のテーマ曲として使用された。ボーン・トゥ・ラヴ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本ハムは1回裏に高橋信二の犠牲フライで1点を先取するも、先発の武田勝が楽天打線に捕まり7回途中に5失点で降板。8回裏に反撃して3点を挙げるが9回表に楽天・鉄平に本塁打を浴び、8-4と4点ビハインドのまま9回裏へ。しかし日本ハムは一死から稲葉篤紀の適時打で1点を取り返すと、ターメル・スレッジがクライマックスシリーズ史上初となる起死回生の逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝利を飾った。楽天は救援陣の乱調が響いた。ポストシーズンでのサヨナラ満塁本塁打は1992年の日本シリーズのヤクルト対西武の第1戦で鹿取義隆からサヨナラ満塁本塁打を打った杉浦亨(代打)以来17年ぶり。2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ウルフ

    ブライアン・ウルフから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本ハム時代には、ヒーローインタビューで一時、同僚の稲葉篤紀の背番号41が描かれた帽子を被っていた。ブライアン・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ヤクルトは初回から真中がヒットで出塁。宮本慎也が送った後、稲葉篤紀のタイムリーヒットで先制。ペタジーニ、古田の連続四球で満塁とした後、岩村の2点タイムリーで3点を先制しペースを掴んだ。近鉄は5回、ローズの2点タイムリーで反撃するが、これ以後はチャンスらしいチャンスも作れなかった。9回、高津が最終打者の藤井彰人を捕手へのファウルフライに打ち取り、ヤクルトが4勝1敗で4年ぶりの日本一に輝いた。高津はペナントレースに続き、自己4度目の日本シリーズ胴上げ投手となった。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 諸積兼司

    諸積兼司から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    引退試合である2006年9月24日の北海道日本ハムファイターズ戦(千葉マリンスタジアム)で「1番・センター」でスタメン出場。初回、投手・金村曉からしぶとくセンター前ヒットを放ち(金村は奪三振を狙わず3球全て中央へのストレート勝負という粋な計らいを見せた。カウントは2-0)、大歓声の中そのまま代走・竹原直隆と交代した。1回裏終了後に法大の後輩である日ハムの稲葉篤紀から花束が贈呈され、同じくこの年引退する新庄剛志も拍手を送った。ちなみに新庄もこの試合はレギュラーシーズンとしては現役生活最後の関東地方でのゲーム(同じく千葉マリン最後の試合)だった。諸積兼司 フレッシュアイペディアより)

  • 巽真悟

    巽真悟から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    はオープン戦で先発争いに敗れるも、プロ入り後殆ど経験がなかったというリリーフでの登板もこなし、開幕一軍を勝ち取った。ところがシーズン序盤、4月11日の対日本ハム戦で先発ノックアウトされたレニエル・ピントの後を受けていわゆる敗戦処理として登板したものの、3回2/3を投げるのに打者26人で102球を費やし、被安打11、4与四球、稲葉篤紀には満塁と3ランの2本の本塁打を浴び計8失点で降板し、即座に一軍登録を抹消される。1ヶ月後の5月4日に再昇格し今度は先発で登板するが、4回を投げ5安打3四球、自らの暴投とエラーも絡み5失点で降板し負け投手となる。その後はシーズン終盤になるまでファームでの登板が続き、9月に1試合だけリリーフで一軍登板があったものの、結局この年は一軍での成績は4試合の登板で0勝1敗、防御率8.74と散々な結果に終わる。二軍ではウエスタン・リーグの規定投球回数に達したものの、こちらも5勝2敗1セーブで防御率は3.00と前年から比べると物足りない結果となる。巽真悟 フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード